私には守りたい犬がいます

私には今、守りたい犬がいます。

 

 

私が家族になることはできません。ですが譲渡はできます。

 

 

本日会いに行ってきました。大きな犬舎の中で委縮している左の彼です。

IMG_2196

 

 

 

悲しげな顔をしています。保健所で殺処分を免れ子犬の頃にきょうだい二頭でemi-goの病院に保護されたマメ(仮名)。妹犬は別のお宅で不自由なく暮らしていますが、マメだけが非常に理不尽な扱いを受け、出戻ってきました。

IMG_2207

 

 

 

マメが「私服姿の人間を怖がる」とemi-goから聞いたとき、私はマメにとって、emi-goの病院で無邪気に過ごした束の間の時間こそが彼の安息だったのだと知り、いてもたってもいられなくなったのです。胸が苦しかった。幸せにしたい。

 

 

けれど私は実生活や体調面でさまざまな問題に直面している最中。片づけなければならないことが山積しています。おそらく、皆さまの想像をはるかに超えるレベルで。

 

 

気持ちと行動が乖離し、先日とうとう私は口に出すのもためらうほどの悪夢に苛まれました。それからはますます不眠症に拍車がかかっています。寝るのが恐ろしい。

 

 

でも私は、何度考えても私のこの手でマメの運命の赤い糸を結びたいのです。

 

 

マメは去勢手術を済ませてもらう約束だったにも関わらず、未去勢で戻されました。

 

 

帰ってきた当初は院内のあちこちで「かけション」をしていたそうです。

 

 

そこで疑問がうまれますね?

 

 

かけションをする犬を室内で飼うのは不自然です。

 

 

なぜならば家の中のあちこちでおしっこをされてしまうと人間側は始末に負えないから。よっておそらくマメは、室内犬ではなく番犬のように室外にいたと推測できます。

 

 

まちがってないですよね?

 

 

マメは散歩すらビビるそうで、まともに外を歩けません。

IMG_2208

 

 

 

そばへ寄ると決まって唸り声から聞くはめになります。しかし社交家の私はマメのか細い威嚇はスルー。スキンシップが取りたいので、ガンガン近づいていきます。

IMG_2206

 

 

 

emi-goと話し合い、マメを私の保護犬として位置づけることに決めました。

 

 

私が譲渡責任者になります。

 

 

マメの命のバトンをアンカーに渡すまでの間、マメは病院で預かってもらい、私が譲渡に向け真剣に取り組んでいくことにしたのです。emi-goはもちろん快諾。

 

 

さて、一件落着。

 

 

 

Twitterにも書いたのですが、私ね思うんですよ。

 

 

一口に「涙」と言っても、いろんな種類があるじゃないですか。

 

 

その中で私がもっとも流したくないのは「悔し涙」。下唇を噛みながら泣かずに済む生き方に私はチャレンジしています。特に犬猫関連のそれは私には要りません。

 

 

私は常に、ベストを尽くしたいです。少なくても、自分が決めたことについては。そして原則的には自己責任で賄いたいです。あちこちにペコペコせず、好きな服を着て、食べたいものを食べ、読書し、美容室へ行き、メイクし、ときには節約に闘志を燃やし、等身大の自分らしくいたいです。

 

 

まことに残念ながら、私には一寸の犠牲的精神もありません。

 

 

犬のためにやっているわけでもなく、猫のためにやっているわけでもない。

 

 

私は自分のやりたいことを自分の意志でやっているだけです。

 

 

私は法は犯しませんが、清貧だけが美徳だとは思いません。

 

 

趣味を我慢して、スイーツを我慢して、お酒を我慢して、あるいは旅行を我慢して、寝食を忘れ全額を犬猫に投じる方はすばらしい。けれど私にはまねできません。

 

 

まねする気もありません。だから同じ活動をしている方からよく嫌われます(笑)。

 

 

最後になりますが、保護猫ローズはにゃん太さんちに嫁ぎます。

IMG_2187

 

 

 

にゃん太さんが一足先にローズを迎えるにあたっての一連をにゃん太さん目線で書いてくれたので、お時間のある方はぜひ。かなり長い力作です。

 

 

ローズよかったね。おめでとう。

IMG_2188

 

 

 

私側の視点は、ローズの卒業記事の際にふれたいと思います。

 

 

 

皆さま、Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





総じてイキイキ

昨日も楽しい一日を過ごすことができました。ダイジェストで自慢していきます。昼、実葉の里親みかぞさんがお友だちと母の店へ。みかぞさんのお誕生日だったそうです。

IMG_2108

 

 

 

実葉の写真は里親みかぞさんのツイッターよりお借りしています。

IMG_2117

 

 

 

もうほんとうにたまらんね。

IMG_2116

 

 

 

ヤバい~♪ こんなキャンディーちゃん目の前にいたら食べちゃう!!

IMG_2115

 

 

 

「タナベさん やめてぇぇ」

IMG_2118

 

 

 

みかぞさんおみやげありがとうございます。母や妹の分まですみません。

IMG_2129

 

 

 

みかぞさんハッピーバースデー! お会いできてうれしかった。みかぞさんは実葉の新たな変身グッズを私に披露してくれました。ふふ。好きだなあ。

IMG_2103

 

 

 

実葉も天音同様、703号室アイコン的存在です。

 

 

保護いきさつはこちら→「わたしは実葉/幸せの703号室」(ある意味強烈です)

 

卒業記事はこちら→「プリンセス実葉2/幸せの703号室」

 

 

実葉を知らない方はみかぞさんのお城で姫扱いを受けている実葉にまさかこんな過去があるとは思いもしないでしょう。猫はいつだってひたむきに生きているんですよね。当時を振り返ると万感の思いがします。実葉が今幸せでよかった。

 

 

 

みかぞさんと(私が一方的に)バイバイのキスを交わしたあと、母と私はいちばん近いデパートへ。母がたまには人の作ったものが食べたいと言うのです。

IMG_2110

 

 

 

しょうがない甘えん坊だなあ。なんでもお好きにどうぞ(笑)。

IMG_2113

 

 

 

私は食べない時間帯だったのでほぼ母の食べる顔を見ていました。そして会計はもちろん私^^; これはお決まりのパターン。言い訳しておきますが、私は決して金持ちではありません。ただ台湾は儒教を重んじる一面があるのでこういう関係性を保っているという……。

 

 

お腹を満たしたら次は妹の誕生日プレゼント選び。母と折半し、ふたりから靴を贈りました。ぺったんこ靴なので敢えて先端がとがっているものにしたのです。そのほうが足が長く見える気がするでしょ? 色は3色の中から母がチョイス

IMG_2127

 

 

 

歩きやすく、雨の日も履ける実用的なタイプに妹は大喜び。

 

 

母と電車内で別れた私は帰宅し、家事をもろもろ。

 

 

夜、emi-goの病院へローズ、ジャイアン、あさひの駆虫薬を買いに

IMG_2126

 

 

 

駆虫は一度済ませていますが、念には念を入れることにしたのです。

IMG_2120

 

 

 

病院の帰りに妹家へ寄り、早々にプレゼントを渡しました。左のオーガニックのメイク落としとヘアスプレーとカードは私から妹へ。いつもネイルでお世話になっているんで。右のピンクリボンのかかった箱には母と選んだベージュの靴が入っています。

IMG_2128

 

 

 

妹は妹だけのつき合いではなく、703号室卒業犬猫の里親でもあるんですよ。

 

 

 

私が14年くらい前に保護した福と

IMG_2121

 

 

 

私が15年くらい前に保護したまめを妹が育てています。

IMG_2125

 

 

 

妹は里親としても私とは縁が長いのです(笑)。

 

 

 

毎日が駆け足で過ぎていきます。予定が狂うこともしばしば。立てたスケジュールを確実にこなしたい私は番狂わせに出会うとストレスを感じることも。

 

 

 

でも、総じてイキイキと生きています。周りの方々のおかげです。感謝。

 

 

 

最後に、最近我が家に覗き魔がいるのでぜひ紹介させてください。

IMG_2003

 

 

 

トイレに入ると、ストーキング目線を感じます。

IMG_2004

 

 

 

あ、これは証拠写真を撮るために入っただけですので、用を足していません。

IMG_2008

 

 

 

「見ているぞ~~~」

IMG_2006

 

 

 

 

キャー!!

 

 

 

ふふ。構ってちゃん保護猫ジャイアンの意外な? 一面をお送りしました。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





咀嚼2 こここそが私の言いたいこと

天音の保護のいきさつを知らない方は、ここから先非常に頭の中が「?」になります。よって保護猫や老猫や八割れ猫がお好きな方はぜひ入門編から入ってください。もう一度はりつけておきます。

 

 

(忠ねこ 天音/幸せの703号室)

 

 

天音家の訪問から約2か月後、突如里親さんからちゅーるとお手紙が届きました。お手紙は里親さんの名前を伏せ、全文をそのまま紹介させてください。

IMG_0585

 

 

 

読みづらいかもしれません。ごめんなさいね。1枚目

IMG_0564

 

 

 

2枚目

IMG_0566

 

 

 

3枚目

IMG_0569

 

 

 

追記の4枚目

IMG_0571

 

 

 

里親さんは天音のイメージソングのCDと日本語の訳も送ってくださいました。

 

 

 

私は新しいCDが擦り切れるほどリピートしまくりです。CDは流せませんのでかわりに同じ曲の動画を貼りつけておきます。そして里親さんの訳も……

 

 

 

里親さんはカナダ出身ですので、英語→日本語がスラスラですね。

IMG_0587

 

 

 

皆さまはいかがお感じになりましたでしょうか?

IMG_0170

 

 

 

いるべきではない場所から然るべき場所への移動。犬猫の保護譲渡活動はそのひと言に尽きるのではないでしょうか? シンプルで有意義かつ合理的です。

 

 

 

天音は笑っています。家族は天音の笑顔に満たされています。

IMG_0173

 

 

 

これが「譲渡」の醍醐味です。

 

 

そして最後につけ加えたいことを書きます。

 

 

「シニア」「ハンディキャップ」「感染症」そういった類のタグを大きくつけてしまうことに私自身は意味を感じません。私はどんな子にも必ずご縁を見つけてきました。例外はありません。外からのスカウトが多いのでそもそも私は保護する子も選びません。

 

 

だからスターたちがなにを持ってやってくるのかは「お楽しみ」のひとつになるわけです。

 

 

保護主の皆さま、こんな子はだれももらってくれない、もしそう思うのであれば、その考え方は直ちに是正すべきです。

 

 

なぜならばそれはあなたの主観にほかなりません。

 

 

日本にはたくさんの方が暮らしています。ひとりひとり思考がちがいます。

 

 

あなたが迷い、決めつけ、保護を躊躇することはありません。

 

 

どんな犬猫も、だれかにとっての「最愛の子」になると私は思います。

 

 

それを教えてくれたのは、犬と猫と、里親さん方です。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





咀嚼1 天音とほたるの家を訪ねて

ナナの容体が悪化する4日前の3月17日に話は遡りますが、私は兼ねてより約束していた卒業生天音&ほたるのお宅を訪問しました。

 

 

天音の預かりをしてくれたマイママさん、娘のマイ太郎さんもいっしょ。(マイ太郎さんの記事

 

 

今日は天音という猫を咀嚼してみたいので、皆さまおつき合いください。

 

 

せっかくなので2回にわけてみますね。

 

 

2回分を読み終えたときに、天音に焦点を当てて書いた私の真意が皆さまに届いていることを願いつつ。連続投稿しますのでよろしくお願いします。

 

 

 

この日はナナの急変前ですので、私も穏やかな気持ちで向かいました。

IMG_0260

 

 

 

じゃーん、推定18歳以上の天音です。

IMG_0258

 

 

 

天音も70代に見えないマイママさんも若々しいですね~♪

IMG_0257

 

 

 

天音はちゃんとお接待をしてくれるのです。さすが「元家猫」

IMG_0254

 

 

 

正確な年齢はわかりませんが、3年前の譲渡時は推定15歳前後だったのかな?

IMG_0238

 

 

 

黒い部分の毛が真っ白になっています。

IMG_0237

 

 

 

カナダ出身の先住くろ子さんも顔を見せてくれました。

IMG_0235

 

 

 

シニア齢のくろ子さんですが、超シニアの天音よりはだいぶ年下です。でも、天音家ではくろ子さんがいちばんはじめからいるので、「先住の位置」。

IMG_0219

 

 

 

そんなくろ子さんを後輩天音がいじめるというありさま^^; 保護主としてまことに面目ない限りです。しかし里親さんは微塵も気にしません。

IMG_0164

 

 

 

相性が悪そうなときはそれぞれを別の部屋へ、そうでもないときは同じ室内で共存させる。あくまでも猫たちのペースを見守るに徹し、ほんのり手助けしているのです。これむずかしいですよね。だからトライアルから出戻る子が多いのです。

 

 

 

そこにいい意味で緩和剤として703号室卒業生のほたるも加わりました。

IMG_0228

 

 

 

ほたるのおかげで天音とくろ子さんの距離が微妙に変わってきているそうです。

IMG_02811

 

 

 

ほたるはすごいなあ。えらいえらい。

IMG_0222

 

 

 

ちゃんと家を照らしているんだもんね。明るくしているんだもの。

IMG_0160

 

 

 

全盲のほたるはあちこち走りまわり忙しい身です。

IMG_0234

 

 

 

階段の昇り降りも余裕でクリア。教えてあげたのはくろ子さんです。

IMG_0227

 

 

 

天音城はもちろん、安全対策が完ぺき

IMG_0236

 

 

 

さあさあ、ランチの前に記念写真を。仲よしのマイ太郎さん母子♪

IMG_0242

 

 

 

マイママさんは私とも親子のように接してくれます。たまにしつけが入ることも。「アンちゃん、トイレの蓋はかならずしめてちょうだい!」とかね(笑)。

IMG_0239

 

 

 

マイママさんの猫を撫でるときのやさしいまなざしや

IMG_0207

 

 

 

おっちょこちょいの私が服につけたシミをいっしょうけんめい取る仕草に

IMG_0172

 

 

 

私は人としてのあたたかさを見つけてしまうのです。さあ、ご飯タイムだ!!

IMG_0270

 

 

 

天音ほたるの里親さんが用意してくださいました。味もですが、食器も素敵~♪

IMG_0265

 

 

 

マイ太郎さんの手土産のケーキもしっかり全員のお腹へ

IMG_0283

 

 

 

余った料理はお持ち帰りにさせてもらいました。マイ太郎さん、マイママさんからもおみやげをいただいたのです。皆さん、ありがとうございました。

IMG_0176

 

 

 

老猫天音がちゅーるを食べるのを手助けするマイ太郎さん

IMG_0171

 

 

 

天音が使っている食器はなんとロイヤルコペンハーゲン。大盤振る舞いですね。

IMG_0285

 

 

 

私ならこの食器を棚の中に入れたいせつに飾るのに……格のちがいを実感です。

 

 

 

「うちはわたしたち猫の天下なの」

IMG_0275

 

 

 

仰るとおりだね。ほたるの未来も明るいね♪

IMG_0277

 

 

 

人見知りをするくせに、私は「OK」のほたる嬢。私を覚えてくれているのです。

IMG_0162

 

 

 

私は獣臭が強いから、感性豊かなほたるには正体がばれてしまったみたいね。

IMG_0159

 

 

 

楽しいひとときを過ごし、電車で帰りました。途中で見つけたこれ↓

IMG_0174

 

 

 

妙にツボにハマった私は思わずジュースをポチ。購買意欲がそそられます。

IMG_0175

 

 

 

いいね。

 

 

お手入れの行き届いた広い家。美が込められたお食事。デザート。イキイキとしている3匹の猫たち。訪問写真をパチパチ撮る中年女たち。笑い声。和み、癒し……

 

 

さて、私が書きたいのは実はこういうことではありません。

 

 

少なくても、天音についてはちがいます。

 

 

天音は3年前の卒業生ですので、保護のいきさつを知らない方も多いでしょう。

 

 

ぜひ読んでいってください。

 

 

「忠ねこ 天音/幸せの703号室」

 

 

保護前の天音の姿が赤裸々に出てきます。

 

 

この記事の後半まで読み終えた皆さまは天音と顔出しNGの里親さんの「真の素顔」を必ず知るはずです。私がどんな譲渡をしているのかも含め、ぜんぶがわかります。

 

 

ついでに天音とほたるの卒業記事もはりつけておきますね。

 

 

天音→ 「タキシードのシンデレラ2/幸せの703号室」

 

ほたる→ 「くろこよりあたらしい家族のほたるへ/幸せの703号室」

 

 

 

後半に入る前に10分程度休憩を取ります。

 

 

前半も本番の後半も読んでもらえたらうれしいです。

 

 

 

 LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





自由

最近少しずつ膨大な写真の整理に取り掛かっています。

 

 

今の私はこんなことをしている場合ではないのですが、べべやナナの写真を見たくなったり見たくなかったりで、「写真」をつい意識してしまうのです。

 

 

なんなんでしょうね?

 

 

自分の心が自分でもよくわからない微妙なお年頃。

 

 

で、放出する間もなく抜糸を迎えたローズを見つけました。

miiii (2)

 

 

 

糸がついていてじゃっかん痛々しい。

miiii (4)

 

 

 

でも残ったほうの片目はちゃんと開いています。輝いています。

miiii (3)

 

 

 

ローズとは駆け足でいろんなことを紡いできました。

 

 

ローズが穏やかな余生を送ることを私は祈っています。

 

 

 

うちのレギュラーメンバーの猫たちはまあまあ元気かな?

IMG_8407

 

 

 

それぞれが好きな場所を選んで散らばっているかと思えば、おだんごになることも。2LDKの限られた空間ですが、彼らは開放的に暮らしてくれています。

IMG_8406

 

 

 

きみたちはどこまでもわがままですね。我が強いのはいいことです。

IMG_8405

 

 

 

きっと世間の一般常識では、野良猫のほうが気ままなイメージが定着しているでしょうけれど、16年間猫たちを真正面から見てきた私はそうは思いません。

 

 

 

私は室内の猫にこそ、「自由」を感じるのです。

 

 

外の猫はたいへんですよ(笑)。好き勝手になんて生きていませんから。

 

 

これほんとう!

 

 

 

もし、キャパシティーがある方は、ぜひ一匹でもいいので外猫を迎え、「自由」を与えてやってください。方法はさまざま。ご自身が保護するもよし、里親として迎えるもよし。多くの方が外猫を迎えれば、あまたの猫が幸せになります。そして隣でくつろぐ猫のおかげで、人間も満たされます。

 

 

 

猫はいい循環をもたらせてくれる存在です。

IMG_8408

 

 

 

ほほや、マーキングやめてくれたらもっとお母さんも自由になるんですけどね。

 

 

 

本日は「自由」をテーマにお送りしました。

 

 

キーボードで「自由」と打てば打つほど、わからなくなります。

 

 

「自由」ってこんな字だったっけ? これであってますよね?

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク