わたしはヒーちゃん1

はじめてまなちゃんから送られてきたヒヒ改めヒーちゃんの写真を見たとき

IMG_0051

 

 

 

正直私は「クチャクチャの子」という印象を持ちました。

IMG_0008

 

 

 

子猫とはいえ、里親が決まるのか不安なレベルだったのです。

IMG_0017

 

 

 

ヒーちゃんは一定の期間外を放浪していたため、見た目猫風邪がひどく、第一印象はお世辞にも「かわいい」とは言えませんでした。ふふ^^ ヒーちゃんごめん!

IMG_0010

 

 

 

けれどまなちゃんが一晩中コットンでていねいにヒーちゃんの目を拭いたおかげで、次の日病院で会ったヒーちゃんは本来の美しさが戻りつつあったのです。

IMG_0050

 

 

 

まなちゃんとヒーちゃんの様子を見て、私は「ご縁が決まる」と確信

IMG_0014

 

 

 

びっくりするほど性格のいいヒーちゃん

IMG_0007

 

 

 

まなちゃんと私は大勢で3回ほどいっしょにごはんを食べた仲ですが、深く話したことはなかったのです。彼女の猫に対する気持ちを私はちゃんと知りませんでした。この世界はだれでも簡単に入れます。けれど気骨のある人は一握り。

IMG_0002

 

 

 

まなちゃんはノウハウさえわかれば「やる」女性でした。なにをしたいのか、なにをしたくないのか、まなちゃんには明確な線引きがあります。私は敢えてむずかしい方の道を選ぶ彼女を頼もしく思います。まなちゃんはTNRをしたくない。

 

 

TNRの「R」をしたくない。

 

 

そういう意思を持っていました。

 

 

ヒーちゃんはもちろんのこと

IMG_0018

 

 

 

順次保護していく成猫たちについてもです。

 

 

まなちゃんは4匹の成猫とヒーちゃんの合計5匹を一か所で保護

IMG_0013

 

 

 

私もよくやるのですが、ヒーちゃんにいたっては素手です(笑)。

IMG_0045

 

 

 

私はできるだけ応援していこうと清々しく思えました。

 

 

こういう場合は「尻拭い」とは言いませんから。

IMG_0059

 

 

 

ヒーちゃん、emi-goの病院にお世話になったよね♪

IMG_0047

 

 

 

先生やスタッフみんなにかわいがられて安心安全の保護環境でした。

IMG_0041

 

 

 

無償で引き受けてくれたemi-goに感謝。ありがとう。

IMG_0027

 

 

 

写真撮影はご存知みいさんが担当

IMG_0072

 

 

 

みいさんの腕にかかれば出せない子はいないんです。

IMG_0037

 

 

 

情を込めて一枚一枚レタッチしてもらったよね。

IMG_0029

 

 

 

おかげでハリウッド女優級の艶やかさで家族募集サイトに登場!

IMG_0064

 

 

 

「みいさん ありがとう」

IMG_0073

 

 

 

院内のいろんな場所でモデルをがんばりました。

IMG_0066

 

 

 

未来へ繋がる赤い糸を信じて♡

IMG_0026

 

 

 

だらしなく口空いていてすみません。

IMG_0011

 

 

 

長年実感してきたことですが、猫は関わった人によって大きく運命が左右する生き物です。売られている子たちも保護されている子たちも同じ。

 

 

だから私は、どうせやるならいっさいの手抜きはしたくないのです。人がまねをしたくなるような譲渡でなければ意味がありません。

 

 

 

ヒーちゃんが鼻をぐしゅぐしゅさせながら外を彷徨っている姿を想像したら

IMG_0028

 

 

 

ちっちゃい体で心細くトボトボ歩く姿を想像したら

IMG_0006

 

 

 

私は真逆の場所に連れて行きたくなるのです。

IMG_0067

 

 

 

まなちゃんも私も、ヒーちゃんの「案内人」。

IMG_0062

 

 

 

私はヒーちゃんに限らず、どの子にもスターの素質を感じています。

IMG_0063

 

 

 

ひざを突き合わせて向き合えばスターたちの魅力にどんどん気づきます。

IMG_0070

 

 

 

里親探しの自信がないって仰る方は、ご自分に自信がないのですか?

 

 

それともご自分の横にいるスターに魅力を感じないのですか?

 

 

保護動物は保護した人を映す鏡

IMG_0003

 

 

 

ほかに取り柄のない私でも、自分の手掛けたスターたちには自信満々!

IMG_0001

 

 

 

今回まなちゃんとコラボレーションして楽しかったな。

IMG_0060

 

 

 

ヒーちゃん素敵な人に保護されてよかったね。

IMG_0074

 

 

 

次回はまなちゃんと山手の里親さん宅へお届けに行った日の様子をUPします。

IMG_1077

 

 

 

まなちゃん、お疲れ。成猫の縁つなぎもがんばって!

 

 

私も明日から一気に大所帯になっちゃいます。半端なく濃い面々が来ますのでお楽しみに。まずはヒーちゃんの新居までブログで報告しないとね。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





ずっと応援してくれてる方へ

今日は家で大掃除。床はほほのおしっこだらけ。

 

 

大量の洗濯物と格闘の体力勝負の一日でした。マットを洗ったあと、ほほの下半身もシャンプー。ほぼ寝たきりのほほの姿が改めて悲しい。

 

 

ふふ♡ 今はかぐわしい花の香りがします。

IMG_1676

 

 

 

近々にこれまで「幸せの703号室」を応援してくれた皆さまへ、残念なお知らせをさせていただくことになります。特に昔から読んでくださっている方には心から申し訳なく思います。blogをはじめたとき、私は確かに幸せでした。だから「幸せの703号室」というブログタイトルにしたんです。

 

 

幸せという言葉はシンプルですが、追求する心を駆り立ててくれます。

 

 

不遇な犬と猫を幸せにしたかった。それによって自分もまた幸せを感じたかったです。

 

 

9月7日は突如家に大きな爆弾が落ちてきて、ひどく狼狽しました。自分は食べない時間帯に自分は食べないアジの干物を淡々と焼きながら発狂しそうになりました。やり場のない怒りをどこにぶつけたらいいのかわかりません。

 

 

深呼吸しても顔をペシペシ叩いてもちっともおさまらず、ついには自分の存在意義まで失ってしまったようでした。私がこの世にいる意味ってなんだろう、と。

 

 

昔から私はお財布に1000円しか入っていなくても10000円入っているかのように装ってしまう見栄っ張りの一面があります。あまり元気じゃなくてもみんなの前に出るとヘラヘラしてしまう一面があります。悔し涙を流すのはもっとも嫌いです。

 

 

最近はたくさんの保護猫を手掛けていて、正直息つく暇がありません。

 

 

お察しのとおり、相談件数もそれなりです。

 

 

自分がほんの少しの時間をかければ、あとちょっとがんばれば、幸せになる犬猫がいるかもしれない。偽善者のように聞こえるかもしれませんが、私は私なりにそう考えて行動をしてきました。それが楽しかったというのも本音です。

 

 

しかし未来は、これまでとは同じようにはいかないかもしれません。

 

 

私は不安でいっぱいです。

 

 

いちばんの心配はうちのお子たちを最期まで見れるか。QOLを保証してやれるか?

 

 

人生は流転の連続かもしれませんね。不動の地にたどり着いたと喜んでいてもまた流される。私がひとりで生きていくことになっても、うちのお子たちだけは守っていきたい所存です。ここまで来るのに、最低でも5年は葛藤を繰り返してきました。いろいろなできごとが起きても、縁を重んじ執着してきたからです。

 

 

私はうちのお子たちを愛しています。

 

 

辛いとき、お子が支えでした。夜中ひとりで悩んで泣いていると、天国のべべなんて、しおらしく私の顔を舐めたんですよ。私が泣き止むまで延々と……。

 

 

思い出すとかわいくてかわいくて会いたくなるね。

 

 

卒業生ファミリーの皆さまの実家でいられるよう歯を食いしばっていきます。

 

 

どんな形になったとしても、末永くよろしくお願いしますね。

IMG_1675

 

 

 

次回はまなちゃんと譲渡したヒヒ改めひーちゃんの卒業記事を1と2で。そのあとはしのちゃんと結んだご縁を。そして子猫の引き取りとアメショーの男の子がブログに登場します。できる限り進んでいきます。気合いだ気合い!!

 

 

明るくお会いしましょう。

 

 

皆さまにいいことが起きますように。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





続々と家族を得て

blogの更新が追いつかない中、私は3匹の子猫の譲渡をしました。

 

 

ひとりめはご存知まなちゃんが保護した三毛猫のヒヒ

hihia (5)

 

 

 

emi-goの病院に預かってもらい、風邪の治療をやってもらったよね

hihia (4)

 

 

 

「emi-goさん 中島先生 スタッフのみなさん ありがとう」

hihia (3)

 

 

 

撮影はみいさんが行いました。みいさんありがとう。

hihia (2)

 

 

 

ヒヒ嬢は大人気でお問い合わせがたくさん来ました。

hihia (6)

 

 

 

まなちゃんともども感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

まなちゃんは私がお願いしたことを即座にやってしまうスピード感を持っています。すごいなあと思います。そして人と接するときとっても丁寧です。

 

 

将来有望ですね。じきに白猫「たまごちゃん」の里親探しをはじめるとのこと。またできる形で応援していきたいです。まなちゃんがんばれ!

 

 

そして東大生のしのちゃんもやりました♡

hihia (7)

 

 

 

しのちゃんが担当したのは「ベルベット(♂)くん」と「ニコちゃん(♀)」

hihia (8)

 

 

 

この子たちはblogに登場していませんが、しのちゃんと私のコラボレーションなので卒業生として近々に紹介しますね。愛嬌たっぷりのキジトラの兄妹です。

 

 

毎日あっという間に終わってしまいます。自分のことをやる時間が足りません。

hihia (1)

 

 

 

でも「できる人」を増やせば、いつか必ず報われる気がします。

hihia (10)

 

 

 

同時に善き里親さんも増やしていきたいです。

hihia (9)

 

 

 

猫と暮らそうと考えている方々は、ぜひ「保護猫」に目を留めてくださいね。

 

 

来週も私はお見合いを控えています。

 

 

こちらへの放出が後手後手にまわっていますが、いずれちゃんと書きますので楽しみにしていてください。私を信じてくださる皆さまへ愛を込めて。

 

 

 

スポンサーリンク





命綱

昨夜ふと気づくと、私の横にほほがいました。

 

 

這ってきたのかな?

 

 

ほんとうに驚きました。

 

 

近ごろは私が抱いて布団へ連れて行くのが日課になっていたんです。

 

 

本心はきっと迷惑だろうに、よくつき合ってくれているなと感心していた位です。きっとじょうずに動けないから、ほほは私の隣にいるんだと。

 

 

まさか自分からやってくるとはね……

IMG_1585

 

 

 

マッサージを施すと大音量のゴロゴロ♪

 

 

エアコンの風が当たりすぎないようにフワフワのタオルをかけました。

 

 

家族は私を必要としてくれる貴重な存在です。

 

 

家族はありのままの私を受け入れてくれます。

 

 

お母さんがスッピンでも等身大でも失敗ばかりでも。

 

 

家族は私の帰りを待ってくれます。

 

 

傷ついたとき、家族が私の味方です。

 

 

甘えているようで、実は甘やかせてくれる。

 

 

ときどき、日常の中で奇跡を見せてくれます。

 

 

名を呼ぶと振り向きます。

 

 

私がいなきゃ生きていくことができません。

 

 

そして私もまた、家族に生かされていると実感しています。

 

 

家族こそが私の命綱です。

 

 

愛を込めて、あなたに

IMG_1583

 

 

 

お母さんより

 

 

スポンサーリンク





きみがこのまま動けないとしても ほか

卒業生こま吉(デカ円)の里親きちこさんにあんこの最中をいただきました。

ffe (6)

 

 

めっちゃめちゃおいしかった。ありがとうございました。

 

 

譲渡から2年。怒りんぼの成猫でボロボロだったFIVキャリアのこま吉は、艶ピカ紳士の一途をたどりつづけています。家族の愛を知ったから。

ffe (13)

 

 

 

けれどこま吉は仲よしの兄を病気で失いました。こま吉の兄、ぽん吉もまた私が保護したFIVキャリアの成猫(譲渡は妹が担当)。心を閉ざしていたところまでふたりはそっくりで……

ffe (3)

 

 

 

私も妹もぽん吉が大好き。元はうちの近所にいた猫なので思い入れもひとしおです。ぽん吉が天に召されたのを知り、私はきちこさんへお花とカードを送りました。卒業生の訃報を受けるたびに私はお花を送っています。ぽん吉にはこれをオーダー↓

ffe (1)

 

 

 

きちこさんは天国のとら吉兄、ぽん吉の遺影に添えてくださっています。

ffe (2)

 

 

 

そしてお返しに、ぽん吉のマカロンをもらいました。えー! 似てる!

ffe (4)

 

 

 

まだ傷心が癒えない中、きちこさん夫妻は栄養不良+風邪っぴきでクチャクチャの子猫4匹を知り合いの方にソフトに押しつけられ? 保護することに……

IMG_1492

 

 

 

でも今夜電話口で話したきちこさんの声は、どこか吹っ切れてお元気そうでした。きちこさんは以前も成猫たちを保護し、譲渡した経験を持っています。

 

 

私の周りの方々や里親さんは、尊敬に値する方ばかり。素晴らしいですね。

 

 

よし。私もできる協力は惜しまずにしますよー!

 

 

さて、703号室の近況を少々♡

 

 

本日私はノートパソコンを手に近所のカフェへ行きました。

ffe (8)

 

 

この章は1万文字程度にしよう。なんとなくボリュームを決め、一章をさらに6分割に。ここまでの作業がいちばん頭を使うのです。柱が立ったら次は6つにカットした分を書きます。粘って6分の1.5が終りました。まだまだ、ですけどね。予定より遅れぎみですが少しずつやっています^^;

 

 

「お母さん 乾かして」

ffe (7)

 

 

 

チチにシャンプーされショボくなったリル。ドライヤーの音を怖がるのでタオルでひたすらゴシゴシ。リルはふわふわじゃないとなんかおかしい(笑)。

 

 

最後に、昨夜の自慢話を♪

ffe (9)

 

 

 

リビングでふと目に留まったほほを腕に抱いて、同じ布団で寝てみたのです。

ffe (11)

 

 

もともとほほは自立心の高いタイプで私の近くで寝たがりません。しかし最近は這って逃げるのも面倒のようで、そばで寝息を立ててくれました。

 

 

私の真横で爆睡するほほの背中を眺めながら私は思ったんです。

 

 

ほほがこのまま動けないとしても、私はほほを幸せにするんだろう、と。

 

 

別の方法を模索しながら、いっしょに楽しく歩いていくんだろう、と。

 

 

ほほが喉を鳴らすまで私はほほを撫でました。

 

 

ほほのゴロゴロ音はまるで大きな深呼吸でした。

 

 

毎日欠かさずほほの手足をマッサージをしています。

 

 

繰り返し刺激を与えていれば、いつかまたじょうずに歩けるようになるかもしれません。未来のことなどだれにもわからないのですから。

 

 

中トロを一切れあげました。

 

 

あまりのおいしさにほほは目を丸くして、ゴクリと飲み込んでしまいました。

 

 

できないことがあるのは残念です。

ffe (10)

 

 

 

ですが、できることもたくさんあるんです。

ffe (12)

 

 

 

明日は東大病院の診察日。またお漏らしをしてしまうでしょうか?

 

 

生きていてくれてありがとう。そんな風に日々ほほに感謝しています。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク