源ちゃんとるい兄1

皆さまこんばんは。本日2度目の更新です。

 

 

日中はひたすら窓を開け換気に徹しました。なお、猫たちの脱走防止対策をしている窓を開けているのでご安心ください~! やっぱ玄関の扉つけてよかった。

 

 

さて本日から2回に分け、emi-goの病院にて保護されていた黒猫源ちゃんの卒業記事をUPします。源ちゃんは私が譲渡責任者ですので703号室卒業生です。

IMG_6230

 

 

 

お見合いの様子はこちらをご覧ください↓

 

「源ちゃんにつづけ!/幸せの703号室」

 

 

一口に「病院に保護された子猫」と括っても、個体それぞれにいきさつがあります。源ちゃんの場合はどんな過去があるのでしょう?

 

 

源ちゃんは5兄妹で生まれ育ちました。

 

 

源ちゃん、蝶々、お珠ちゃん、樹々、そしてもう1匹全盲の女の子がいます。私は全員が幸せになれるよう力を尽くしていく所存です。全盲の子についてはいずれ紹介しますのでしばしお待ちください。かわいいですよ♪

 

 

源ちゃんの母猫はemi-goの病院の患者さん宅にごはんを食べにくる野良猫でした。妊娠した母猫は患者さん宅のベランダで源ちゃんたちを出産し、そのまま育児。困った患者さんがemi-goに相談。病院も際限なく保護できないので一度は断ったのですが、子猫の中に全盲の子がいることを知り、emi-goは困ってしまいました。全盲の子は外では生きていけないからです。

 

 

悩んだ挙句、emi-goは母猫の不妊手術を条件に子猫たちを引き受けることに。全盲の子も健常な子もみんな病院に来る運びとなりました。※母猫は手術済

 

 

源ちゃん、病院は安全だもんね。

IMG_6232

 

 

 

小さいのに兄妹たちとよくがんばったね。

IMG_6231

 

 

 

だれが悪いんじゃないんだけど、私は常々、emi-goと中島先生の負担が大きすぎると感じています。もし私なら自分で保護し自分で里子に出します。それは私が保護譲渡活動をしていて自信があるからではなく、仮に私がこの活動をまったく経験していなかったとしても。

 

 

だって想像してみてください。ちゃんと想像してみてください。

 

 

保護から譲渡までの一連は決して簡単ではありません。お金もかかることです。

 

 

emi-goのご主人が中島先生でよかった。いつもお疲れさまです。

IMG_6494

 

 

 

私はきびしいことを言っていますね。自覚しています。でもemi-goの病院は駆け込み寺ではなく、動物の医療を目的に夢を持って建てられた施設です。彼女はアニマルポリスではなく、ここは無償のシェルターではなく、彼女は「保護できない人々」のサポーターではなく、自分の人生をキラキラと生きるべき女性です。

 

 

もちろん、emi-go自身が決断してやっていることです。しかし絶えず犬猫の生死の決断を迫られる彼女の身になれば、いろんな葛藤や苦しみが見えてきます。

 

 

私も全部は引き受けられないですが、少しずつできるお手伝いをしています。

 

 

前にも書いたのですが、源ちゃんたちをツイッターに載せて宣伝してみたところ、幸運にも素敵な出会いを果たせたんですよ♪

IMG_4564

 

 

 

源ちゃんの里親さんとのやり取りが妙に新鮮でたまりませんでした。

 

 

メールがコンパクトでありながら、非常にわかりやすいですし、こちらの知りたいことを前もってサラッと写真つきで送ってきてくれるのです。

 

 

たとえば新しい子猫がつかう予定のケージや、先住猫るいくんの写真など。

 

 

くわえて細かいこだわりがなく、明言をひと言。

 

 

「猫はみんな好きだから男の子ならどんな子でもいいです」

 

 

仰っていることはわかります。私もどんな模様の子も好きです。

 

 

けれどご連絡をいただいた時点で病院には多数の子猫がいて、変な言い方ですが、選ぶことだってできたのです。にもかかわらず、里親さんは一度も外見や性格に対する希望を口にしませんでした。私のこともさっぱり知らなかったようで、どこからかまわってきたツイートを発見し、すぐ問い合わせをしてくれたとのこと。けれど決していい加減な気持ちではありません。2匹目を迎えるにあたり家を建て、引越しを済ませ、慎重に考えてきたご夫婦です。

 

 

それに、里親さんご夫婦と私は近所ではありません。2つの県をまたぐのですが、軽快にemi-goの病院まで会いに来てくださいました。本当、パッと。

 

 

ふふ。なにもかもが清々しい。

 

 

「やあ! ぼく源ちゃん」

IMG_6486

 

 

 

源ちゃん、源ちゃんの里親さん、おもしろい方々だね。

 

 

きちんとしているのに全然猫への要求が細かくないところ、尊敬します。

IMG_4379

 

 

 

源ちゃんぜったい幸せになれると思うわ。

IMG_4373

 

 

 

いろんな意味で「譲渡」は身を削られるような疲労感を伴うのですが、正直源ちゃんの縁結びは、スムーズの一語に尽きました。まるでプレゼントのようです。

 

 

源ちゃんの里親さんのお人柄の賜物ですね。

 

 

里親さんのツイッター → @neconoago

 

 

源ちゃんと姉妹のお珠ちゃんの黒黒コンビ

FullSizeRender

 

 

 

源ちゃんの食べているごはん、私のおすすめの猫砂を聞かれたので答えると、速攻でご準備くださいました。やることが早いのもいいですね。

 

 

先住猫るい兄。地元の里親会出身のこの方はかなりキャラが立っています。実際に会って虜に。自慢のお家を案内してくれたのは里親さんじゃなくて、るい兄だったし。私がプレゼントしたシュシュ(マイ太郎さん作)をつけて!

IMG_6389

 

 

 

お届け日車内のキャリーにて撮影した源ちゃん

IMG_6633

 

 

 

源ちゃん、隣の隣の県だから、ちょい我慢だよ?

 

 

(高速が空いてるから行きは1時間で到着)

 

 

ちなみにトライアルはなし。ご夫婦のおおらかさに接し、必ずうまくいくと信じての卒業。現にるい兄と源ちゃんは距離が縮まっています。

 

 

次回は源ちゃん宅にお邪魔します。

 

 

源ちゃんよりるい兄さんの写真が多いかも^^;

 

 

ベランダで育った源ちゃんの、とにかくうれしい譲渡でした。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





黒猫姉妹ゆりかちゃんまどかちゃんの赤い糸探し

703号室卒業猫のかのんのママさんが保護中の「黒猫姉妹」の転載をします。家族募集中のゆりかちゃんとまどかちゃんがひとりでも多くの方の目に留まりますように。良縁を心から願っています。

 

 

◆ゆりかちゃん
好奇心旺盛で、誰にでもフレンドリーです。

天真爛漫な性格で、隙を見てダッシュし、先住さんにもすぐにくっついていくような子です(かのんちゃんはフリーズしていましたが・・・)。

遊ぶのが大好きで、かなり活発です。

ペットのおうち
http://www.pet-home.jp/cats/tokyo/pn180268/

いつ里
https://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-277322.html

 

yurika (2)

yurika (8) yurika (7) yurika (5) yurika (4)

 

 

 

◆まどかちゃん

おっとりやさしい女の子。ほかの猫にごはんを取られても怒ったりすることがありません。また大人の猫さんにも全く抵抗がなく、先住猫さん次第では仲よく共生できる子です。

ペットのおうち
http://www.pet-home.jp/cats/tokyo/pn180273/

いつ里
https://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-277324.html

 

madoka (7) madoka (5) madoka (4) madoka (3) madoka (1)

 

 

興味のある方は、家族募集サイトを掲載しぜひお問い合わせくださいね。

 

 

なお、私ではなく「ねこざんまいさん」のHPのほうからお願いします。

 

 

漆黒の美女姉妹の未来が明るく開けるといいなあ。

 

 

この後黒猫源ちゃんのお届け記事をつづけてUPします。

 

 

スポンサーリンク





森林浴スマイル

ヒデゴンさんが母の店に私宛に立派なぶどうを送ってくださいました。

2nanatoudai (2)

 

 

 

カードもありがとうございます。ぶどう甘くておいしいです!

 

 

 

皆さまこんばんは。本日は予定通りナナとのデートでした。

 

 

ナナは今、慢性腎不全に関するある治験を行っています。期間は4か月。通院は1か月に一度。腎臓や全身のチェックをしてもらうのです。

 

 

※ 1度目はこちらをご覧ください

 

 

まあ前回詳しく書いたので、2度目の今回はナナの様子でも書きましょうかね。

 

 

行きの運転中に、車内にナナのうんち臭が(涙)。ありえん。どうしよ。

 

 

駐車場に着いてすぐ車内の掃除とナナのおしめ替えをしました。おしめいっぱい持ってきてよかった。ウエットティッシュや臭い漏れの少ないゴミ袋も……

2nanatoudai (11)

 

 

 

ナナがスッキリしたところで、じゃ行きますよ!

2nanatoudai (3)

 

 

 

森林浴を兼ねてテクテク

2nanatoudai (8)

 

 

 

ほんとうに気持ちがいいね♪

2nanatoudai (7)

 

 

 

ナナはおりこうに待っています。でもお尻からじゃっかんうんちのにおいが……

2nanatoudai (9)

 

 

 

老犬って赤ちゃんみたいに思えるから不思議。なにをしてもかわいい。

2nanatoudai (13)

 

 

 

先生お願いします。

2nanatoudai (5)

 

 

 

いつも笑顔がさわやかです。

2nanatoudai (4)

 

 

 

ナナが検査をしている間、敷地内をブラブラしながら待つことに。

 

 

年季を感じる建物。ひとつひとつのスケールが大きいなあ。

2nanatoudai (6)

 

 

 

検査が終わるころを見計らい、院内へ。尿検査がなかなかむずかしかったそうです。私もステンレスのトレイを手にナナの尿を取ろうと歩かせたのですが、こちらがしてほしいときに限っておしっこしてくれません。困りますね。

2nanatoudai (1)

 

 

 

先生たちががんばってくださったおかげで、無事採尿が済んだ模様。尿検査の結果、尿比重がじゃっかん上がって(改善されて)いました。おおお!!

 

 

それ以外はほぼ横ばい。体重が少し減ってしまいましたが、シリンジでの食事量を増やしていこうと思います。前田先生ありがとうございます。

2nanatoudai (10)

 

 

 

薬を1か月分処方され病院をあとにしました。移動時間を含め、3時間コース

2nanatoudai (15)

 

 

 

通りすがりの学生さんにナナとの2ショット写真を撮ってもらうという。

2nanatoudai (12)

 

 

 

ふふ。感謝感謝! ちなみに帰りの車内はおしっこもうんちもせず、寝息を立てて気持ちよさそうでした。穏やかな寝顔をまじまじ眺めながら「ナナは天使じゃないかな?」と目じりが下がりっぱなしの親ばかです。

 

 

家の下に到着。チチに急いで車を渡します。

 

 

夜、チチが実家のタマちゃんに「シリンジ給餌」をしに行くのです。姑ちゃんがうまくできないのことで、チチがad缶でお手本を見せるのです。

 

 

チチから送られてきた写真。姑ちゃんに抱っこされる14歳のタマちゃん^^

2nanatoudai (16)

 

 

 

先日5㎝のガンの切除手術を受け、現在は週1で大巻先生の病院へ。

 

 

チチの実家から大巻先生の病院はかなり遠くて、お父さんお母さんの負担が心配ですが、タマちゃんのためならと張り切っています。抗がん剤投与やモニタリングをしているタマちゃん。薬もごはんも大変でしょうけれど幸せな猫さんです。

 

 

そしてチチから「シリンジうまくペロペロできた」との連絡が!

 

 

やったね。タマちゃん。楽しく元気に余生を生きましょう。

 

 

明日は保護猫蝶々とお珠ちゃん姉妹のお届けです。

 

 

源ちゃんの卒業記事もUPしないと。

 

 

では皆さまおやすみなさい。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





目下3つの目標

ゆきちゃんの里親まりおさんがワタナベオイスターを大量に送ってくださいました。まりおさんお手紙もありがとうございます。またぜひお会いしましょう!

mokuhyou (4)

 

 

 

さて、本日は急遽リルとあまぱんを病院へ連れて行きました。

mokuhyou (6)

 

 

 

リルは10日位前から目の周りや手足の先端が赤くただれかゆそうです。アレルギー治療のため2種類の薬を開始することになりました。

mokuhyou (2)

 

 

 

さあ、リルもこれから通院&投薬をお母さんとがんばろう。いいね?

mokuhyou (10)

 

 

 

そして今私の膝の上にいるあまぱん……

mokuhyou (13)

 

 

 

昨日急に元気と食欲がなくなり、ちゅーるもプイの始末。痩せてきたとはいえ、毎日「おねだり」を欠かさず、口の痛みにもよく耐える我慢強いあまぱん。あまぱんのぐったりしている姿は私にとって恐怖そのものでした。

 

 

ひさびさに3時間ほど腕に抱いて撫でました。数年前犬歯以外の歯をすべて抜いたのに、顔が腫れています。つい、普段はしないネット検索をしました。

 

 

顔のガン、とかそれ関連のをね。そうしたらますます心臓がバクバク。

 

 

ネット検索は不安を増幅させるだけでいいことありません。やっぱりすぐ診てもらうのがいちばんです。あまぱん、病院行こう。

 

 

冬で成猫あまぱんがうちに来て10年経ちます。

 

 

あまぱんはいったい何歳なんでしょう?

 

 

10年前、愛猫かつを失った私は、家族募集サイトであまぱんの写真に惹かれ、里親として応募したのです。保護譲渡活動はもちろんしていたのですが、保護猫たちの譲渡をしながらも、かつと同じ黒白猫に目が奪われる日々でした。振り返れば私は「かつ」を探していたんだと思います。

 

 

 

2006年12月1日(金曜日)16:06 先代のイケメンかつ

katu (7)

 

 

 

保護主ぷくぷくさんがつづるブログの中のあまぱんは素直でやさしくて、大きいモフモフの体。私はあまぱんに救いを求めたのかもしれません。

mokuhyou (5)

 

 

 

当時あまぱんは「推定年齢3歳」とのことでしたが、実はもっと年上じゃないかな? 外の成猫は年齢がわからないからむずかしいところですよね。

 

 

あまぱんの落ち着いた雰囲気、おっとりさ、のんびりとした佇まいから察すると10年前すでに5~7歳のオトナだった可能性もあるかなと。

 

 

もしそうだったら、あまぱんはもっとシニアの域。若く見積もっても最低13歳はいってる。あまぱんがおじいちゃんになったのがほんのり淋しいです。

mokuhyou (12)

 

 

 

口の中は真っ赤ですが、大巻先生から安心できる言葉が返ってきました。

 

 

「いわゆるガンのような硬いしこりじゃないので口内炎のひどいものでしょう」

 

 

歯を抜いたのに、やっぱり腫れや痛みがぶり返すんだね。かわいそうに。

mokuhyou (7)

 

 

 

あまぱんは口内炎治療にコンベニア(抗生物質の注射)が効くのですが、慢性腎不全ゆえ慎重に選択しないといけません。おそるおそる腎臓の検査をお願いしたところ、今年の5月の結果と比べ、なんと数値が改善されていたのです。

mokuhyou (1)

 

 

 

なんなの? 2.3あったクレアチニン1.8まで下がってる。神さまありがとう!

mokuhyou (9)

 

 

 

最近は検査するたびにクレアチニンやBUNが下がっているのです。

 

 

こんなうれしいことありません。

 

 

日々の投薬、自宅での補液(皮下点滴)をつづけてきて正解です。近々東大病院へも腎臓関連の治験に行きます。私はあまぱんを慢性腎不全で死なせません。

 

 

よし。お口の腫れを取るのが先決。コンベニアいってみよう!

mokuhyou (8)

 

 

 

あまぱんの口内環境改善を求めいっしょに模索していきます。

 

 

帰宅後、肩の力が抜けた私は、スキップでスーパーへ

mokuhyou (11)

 

 

 

あまぱんにごほうびをもらった心境です。

 

 

ツイッターにも書いたのですが、私には目標があります。

 

①ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶの全員で2018年を迎えること

②2018.1.20の「あまぱんうちの子になって10年!」を祝うこと

③2018.3.3のナナの16歳の誕生日を全員で過ごすこと

 

 

ときどき、余裕で叶えられる気もするし、逆にむずかしく感じたりもします。

mokuhyou (14)

 

 

 

けれど、1日1日を丁寧に積み重ね、いい日も苦しい日も逃げずに家族と向き合っていけたら、きっと実現できると信じています。

IMG_4162

 

 

 

明日はナナの腎臓病治験二度目の通院日。ナナとお母さんで東大病院です。あとでナナをシャンプーしてピカピカいい香りにして颯爽と通院します。

mokuhyou (3)

 

 

 

お天気に恵まれたら敷地内の散歩もします。ナナとのデートにワクワク。

 

 

 

2004年7月31日(土曜)14:02 昔の賃貸コーポにて べべ、ナナ、かつと♪

katu (18)

 

 

 

皆さまもいい一日でありますように。

 

 

 

スポンサーリンク





反省

いろんな方のいろんな思いを汲んで微々たる保護活動をするよう心がけているのですが、ときどき、うまくいかず、お心ある方をがっかりさせてしまう結果にいたります。そんな日は猛烈に凹みます。

 

 

犬猫を家族に迎えたいと考えているすべての善き方に、これからも教わり、よくないところを改め、少しでもいい方向へ向かえるよう努力していきたいです。

 

 

その努力を怠ってしまえば、たぶん私は坂道を転がるように人としてダメな方向へ進んでしまいます。そうなったら私に付随するすべてが転がり落ちてしまいます。おごりや怠慢はもっとも捨てたい荷物です。たいせつにすべきなのは、丁寧さと良縁。これからは意識を高められるようがんばっていきます。

 

 

ごめんなさいをお伝えしたい方がお二方いて、ひとりの方には伝えましたが、もう一方は今のところ間接的な謝罪になっています。

 

 

もしこの先私でご紹介できる子がいたら、いつでも喜んでお役に立ちたいです。

 

 

 

ほんとうに素晴らしい方です。どうかいつかご縁がありますように。

 

 

本日は黒猫源ちゃんのお届けでした。

 

 

源ちゃんの卒業記事は近日中にお送りします。

 

 

かわりにナナのかわいい写真をどうぞ♪

aa (2)

 

 

 

保護猫ポテチも元気にしています。

aa (1)

 

 

 

おやすみなさい~!

 

 

 

スポンサーリンク