フルーツファミリー1

皆さまこんにちは。本日から2度に分け、大人気だった保護子猫「蝶々」のご家族を紹介します。いやね、蝶々は魅惑的な子猫なんです。

anzi (1)

 

 

 

私もひとめ惚れ。しばし蝶々と暮らす妄想に駆られていました。これ本当^^;

 

 

まず蝶々の新しい名前を発表しなくては。蝶々は「あんず」、いっしょにお嫁入りした黒猫お珠は「かりん」に♪ かわいいねえ、ふたりにぴったり!

 

 

実は「すもも」も候補だったようですが、私のブログを読んだ里親さんはさびのすももがいるのを知り、考えなおしたそうです。

 

 

「わたし あんずになりました」

IMG_4583

 

 

 

「わたし かりんです」

anzi (5)

 

 

 

里親さんとあんず&かりんのお見合いの様子はこちらをお読みください

 

 

里親さんは姉妹の家族形態。

 

 

私とやり取りをしていたのは妹さんのほうですが、いつも私へのもったいないほどの気づかいとともに、丁寧にご自身の環境をお話しくださいました。

 

 

おふたりは長らく地元でTNR、保護、外猫たちの看取りをされてきました。里親さんの地道な活動のおかげで、近年はほとんど猫を見かけないようになり、おふたりのご年齢を踏まえ、若い猫を迎えるなら最後の子になるかもしれないとのことで、はじめて「家族募集サイト」を閲覧。そこに私が家族募集していた「蝶々」が載っていたというわけなんです。

 

 

ちなみにご年齢を踏まえ……といっても、私より少しお姉さんのレベル。里親さんは思考が深く、責任感の強い方だと思います。

 

 

よかったね、あんず姫!

IMG_6211

 

 

 

お問い合わせが来た当初、すでにあんずには多数のお問い合わせがあり、紹介できるかわからない状況でした。そこで私は、里親さんに提案をしたのです。

 

 

「まだ未掲載のあんずの姉妹たちの写真を送りましょうか?」

 

 

慎重な里親さんゆえ一度はお話が流れたのですが、そのあとあんずを紹介できることになり、再度コンタクトをした際、なんと里親さん側から「黒猫の姉妹の写真が見たい」と仰ってくれました。2匹を迎え入れたいと。

 

 

うれしかったなあ。お姉さんと話し合った結果、子猫2匹で育ったほうがいいよね、という運びになったのです。ありがとうございます!!

 

 

里親さんのお宅には現在3匹の愛猫さんたちがいます。りんごちゃんという猫さんもいたのですが、長年ガンと闘い天国へ旅立ちました。

 

 

みかんさん19歳。里親さんが18年前に保護。慢性腎不全の持病はあるものの、元気いっぱいの営業担当さんでした。

IMG_6664

 

 

 

上の階に隠れてしまって会えなかったのですが、レモンくん11歳と

anzu (9)

 

 

 

ライムくん11歳のきょうだいも。きょうだいはもと野良猫で里親さんが保護

anzu (11)

 

 

 

ふふ。みんなフルーツ名^^

 

 

ほかにも先代さんたちや看取った子たちの写真がお宅に並べられていました。

 

 

小さい頃から猫と暮らしてきたおふたりです。素敵ですね。

anzu (10)

 

 

 

お人柄がいいだけでなく、生活の豊かさを感じるおふたりを見て、私の正直な感想は、「有意義なお金の使い方をし、実りある生き方をしている方だな」です。

 

 

この出会いを通じて私もいつかそうなりたいと希望を抱くことができました。

 

 

なかなかじっとしてくれないけれど、あんずちゃん、美しいあなたのおかげで

IMG_4578

 

 

 

ポジティブな気持ちにさせてもらえたこと、感謝しています。

anzi (4)

 

 

 

あなたにお問い合わせがいっぱい来たからこそ、ベベの死を悲しむ時間が減り、きちんと対応しなくてはと、社会人として最低限の生活が送れた気がします。

anzi (3)

 

 

 

そして人気者のあなただけど、保護される前は母猫やきょうだいたちと苦労していたのも私は知っています。一生懸命生きてきたんだもんね。

 

 

女子チームの束(左からあんず、じゅじゅ、かりん)

anzu (8)

 

 

 

同じさび模様のじゅじゅも麦(むぎ)として未来へ向かうことになりました。

FullSizeRender

 

(※ 写真マイ太郎さん)

 

 

あんずとセットで里親さん宅へ行くことになった黒猫のかりんは幼くしてひいた風邪の影響で両目にうっすら膜? ができてしまいました。視力には問題がないけれど、保護前にたいへんな生活をしていたのがうかがえます。

 

 

猫が幸せになるためには、やっぱり人間の力が大きく関わるんですよね。

 

 

私は自分が関わった子たちについてはその安楽を追求していきたいです。

 

 

卒業記事を楽しみにしてくださったいる方がいるとのことですので、次回はあんず&かりん家内部に張りきってご案内しまーす。

 

 

 

おまけ↓

IMG_6802

 

 

 

お届け日のemi-goの足元を見て仰天。つい吹き出してしまいました。出会って10年以上ですが、スニーカー以外を見たことがなかったので妙に新鮮。似合ってたよ。秋らしいコーディネイトでした!

 

 

終の棲家を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように。

 

 

LOVE(つづく)

 

 

スポンサーリンク





樹々のご縁が決まりました、ほか

こんばんは。ブログで紹介した子猫たちがご縁を得そうとのお知らせをいただきウキウキしています。三春くんのママさんの保護猫や703号室卒業生かのんちゃんファミリーが保護している黒猫姉妹、おめでとう。

 

 

そして703号室からも吉報を♪

 

 

源ちゃんの姉妹樹々(じゅじゅ)の家族が決まりました。気にかけてくださった皆さま、応援してくださった皆さま、ありがとうございました。

zyuzyu (11)

 

 

 

お見合いがキャンセルになってしまったじゅじゅですが、気を取り直してGO!

zyuzyu (16)

 

 

 

名乗りをあげてくださったのはなんと703号室卒業生ソイル改めメルファミリー

zyuzyu (17)

 

 

 

いつかメルのお友だちとして2匹目を迎えようと考えていたおふたりは、りょうちゃんと私のブログを読み、きょうだいみんなが卒業していなくなってしまう中、じゅじゅがひとりぼっちになるのが不憫で連絡をくださったのです。

zyuzyu (12)

 

 

 

もちろん、じゅじゅをかわいいと仰っています。

zyuzyu (13)

 

 

 

メル家はemi-goの病院へ通っているので、emi-goと中島先生は里親さんのお人柄、環境をよく知っています。メルのことも。だから安心です。

 

 

この日も実はじゅじゅに会う以外におふたりには目的があったのです。

zyuzyu (21)

 

 

 

推定1歳になったであろうメルの「1年検診」に来ました。

zyuzyu (1)

 

 

 

うわメル~! あなたうちにいた頃より輝いてるね。

zyuzyu (20)

 

 

 

血液検査、歯磨き指導、いろいろ受けています(笑)。

zyuzyu (18)

 

 

 

ひさびさに会ったメルは警戒心がなく、トゲが取れたように穏やかでした。

zyuzyu (19)

 

 

 

時間がかかるかもしれないけれど、じゅじゅと仲よくやってくれたらいいな。

zyuzyu (14)

 

 

 

耳毛も萌える……

zyuzyu (15)

 

 

 

メルの里親さんはメルの不妊手術一泊入院でも胸が痛くて仕方がなかったとのこと。慎重でやさしい方なのでじゅじゅの未来が楽しみですね。

 

 

 

お届けが終わりましたら新居での様子をUPします。卒業記事が追いつかず、詰まりぎみゆえお待たせしちゃうかもしれないけれど。ごめんなさい^^;

 

 

 

次は我が家のお子ネタを。今回の主役は犬組末娘リルです。

zyuzyu (2)

 

 

 

昨日私は簡単なレクリエーションを思いつき、実行しました。ナナのおしめが切れてしまったので買いに行くことにしたのですが、たしか徒歩片道30分のお店は犬も入れるのでリルも連れて行ったのです。テクテクゆっくり歩きながら……

 

 

お店に到着したあと、時間の節約を提案してきたチチ。仕方なく私はスーパーへ、チチとリルは「ペットゾーン」へとわかれたのです。

zyuzyu (10)

 

 

 

人間の食材を手に私が合流すると、すでにチチはおしめを買っていました。みんなであまぱんたちへのちゅーるやごはんを買い足し、30分かけて帰宅。

 

 

あれ? チチ、これちがうね。男子用のマナーバンドじゃん。ナナ使えないよ?

zyuzyu (9)

 

 

 

ほんとうに困ります。毎度まちがえるんですよ。ちゃんと確認しないと。

 

 

まあでも、リルの気晴らしにはなったよね。

 

 

 

で、本日夕方はリルとお母さんのふたりきりの病院デート

zyuzyu (7)

 

 

 

アレルギーの診察です。赤みはまだありますがかゆみが減ってきたので大巻先生に伝え、ステロイドの量を半分に落とすことに。10日間様子を見ます。

zyuzyu (3)

 

 

 

ふふ。リルもお母さんもおめかし。リルはピンクのワンピース、お母さんは新しいバッグをね。描いてもらったと話したら看護師Tさん褒められた。

 

 

「ええ! さぶくんもあまぱんもほほくんもそっくり!」だって。

zyuzyu (8)

 

 

 

ふふ。洗車したばかりなので、抜け毛予防でお洋服を着せたんです。

zyuzyu (4)

 

 

 

病院付近は車通りが激しいため、私の気持ちが落ち着きません。地元に戻りごほうびのお散歩をリルにプレゼント。金木犀の濃厚な香り、心地よい風、ちょうどいい気温、リルと歩く至福のひと時を満喫させてもらいました。

zyuzyu (5)

 

 

 

リル、元気でいてくれてありがとう。リルの笑顔は最高です。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





私を照らす太陽 2 クッションに転がる

メソメソ系が嫌いな方はスルーしてください。ごめんなさい。

 

 

この連休はべべに会いたい病がひどく、ほとんど引きこもりです。

 

 

華やかな場へのお誘いはいっさい伺えず、里親さん宅に遊びに行く約束もなかなか果たせずにいます。こういう自分はあまり好きじゃない。焦燥感も出てきます。一生このままかな? とかね。

 

 

今ボチボチまじめにやっているのは①ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶ、保護猫ポテチのお世話と②保護猫たちの譲渡。自分が引き受けた子限定で。

 

 

掲載→やり取り→お見合い→お届け→卒業記事UP

 

 

の一連をひとりでやっています。卒業記事は時間がかかるので週1が限界。今週は蝶々とお珠ちゃん(新しい名前になりました)の卒業記事、来週は十香ちんの卒業記事を書く予定です。お楽しみに。

 

 

その合間に、保護活動、うちの子たちの近況、そしてべべを挟んでいきたいです。本日はだいぶ時間が空いてしまったけれど、ベベの旅立ちについて。

 

 

前回分はこちらをクリックして読んでくださいね。

 

 

亡くなる約25時間前のべべ (2017年7月19日 水曜日 9:24)

bebebe (13)

 

 

 

前日のお昼にごはんを少し食べたっきり、お水も飲めません。飲ませようとするとものすごい力で口を閉じ、歯を食いしばるのです。口内には飲み込めなかったごはんがじゃっかん残っています。半日以上排せつなし。

 

 

 

お母さんがべべにしてやれることが激減してきました。 (9:36)

bebebe (14)

 

 

 

べべいつまでもつんだろう? 不安で胸が押しつぶされてしまいそう。

bebebe (15)

 

 

 

しかし気がつくと私はすでに別の場所に向かって歩きはじめていました。

 

 

自分でも驚くほど、強い意思で方向転換していたんです。

 

 

憎き憎きやつへ。私からべべを奪っていきそうな死神へ。長く闘ってきたもっとも恐ろしい相手へ、私は懇願をしていました。

 

 

連れていくならせめてこれ以上の苦しみをべべに与えないでほしい。

 

 

スヤスヤ眠るべべ自身が連れていかれることに気づかないほど穏やかに。

 

 

 

べべ、好きだよ。 (9:44)

bebebe (16)

 

 

 

食わず飲まず排せつせずだけど、寝息はスヤスヤ (11:40)

bebebe (19)

 

 

 

ときどき自分で起き上がって寝がえりを打ちます。

bebebe (18)

 

 

 

私もクッション敷き、べべとゴロゴロ転がっていました。

bebebe (17)

 

 

 

撫でたりお腹の上にのせてお話したりして

 

 

 

ぜいたくな時間です。 (12:11)

bebebe (20)

 

 

 

なのにどうしてこんなに苦しいんだろう。べべが横にいるのに……

bebebe (21)

 

 

 

べべ、投薬も通院もおしまいにしよう。辛い闘病生活を9年半もの間ほんとうによくがんばってくれた。あとは、ただひたすらにお母さんとくっついていよう。

 

 

積極的なアプローチを放棄してからの1年、私は砂利を噛む思いで気持ちの切り替えをめざしてきました。ラストステージに立たされているのだから逃げ道はありません。そんなのはあのときからわかっていたんです。

 

 

もっとも耐えがたい後悔/幸せの703号室

 

 

当時ブログで約束したことを果たす時間が近づいてきました。

 

 

でも最後に、お母さんにはしておきたいことがあります。

 

 

 

中島先生到着 (12:44)

bebebe (11)

 

 

 

お母さんが往診を特別にたのみました。ベベの治療が目的ではなくて、べべといいお別れをするために中島先生に来てもらったんです。これなら通院の負担がないもんね。きっとべべがウトウトしている間に終わってしまうよ。

 

 

中島先生に診てもらった話は次回へつづきます。

 

 

小出しじゃないと、うまく整理できないのです。

 

 

 

2015.5.24に撮ったべべとの土手の散歩の動画

 

 

 

14歳のべべ公がニコニコピョンピョン飛び跳ねる姿が最高にかわいい!

 

 

 

毎日いっしょだったから

bebebe (3)

 

 

 

いないのが不思議。実は不便でたまりません。

bebebe (7)

 

 

 

何度もべべへの未練を口にして、見苦しいのは自覚しています。

bebebe (8)

 

 

 

けれどべべはあまりにも強烈なキャラクターだから

bebebe (6)

 

 

 

簡単じゃないんですよ。

bebebe (2)

 

 

 

話をしたいなあ。その聡明な目でいろいろ相談に乗ってくれない?

bebebe (4)

 

 

 

背が低いからちょくちょくこうして伸びていたね。

bebebe (5)

 

 

 

扉の向こうにいるお母さんを待つ背中 (リビングからみいさん撮影)

bebebe (9)

 

 

 

足りなかったけれど、季節の折々でそれなりにお出かけもしたよね。

bebebe (10)

 

 

 

どこへ行ってもべべは笑ってくれた。楽しそうにしてた。

bebebe (1)

 

 

 

そしていつもお母さんにやさしかった。

bebebe (12)

 

 

 

ああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

どうしよね……たまんないっすよ。

 

 

 

スポンサーリンク





あま~い休日

ブーコさま、あまぱんへフードのプレゼントをありがとうございました。

IMG_6934

 

 

 

姑ちゃんからはフルーツが! 私は特にマスカットが好物です。

IMG_6798

 

 

 

皆さまこんばんは。世間では3連休ですね。

 

 

お天気に恵まれ洗濯ものがよく乾いた本日。私は家事の合間に家じゅうのあちこちにいる毛玉たちを撮って満足の1日でした。モデルたちの輝きぶりに感嘆!

IMG_6957

 

 

 

勝手に自慢していきますね。

IMG_6800

 

 

 

ごはんをゴクゴクじょうずに食べるナナ

IMG_6725

 

 

 

ランチ中のチチの足元でおとなしくしています。

IMG_6893

 

 

 

あ、目が合った。

IMG_6896

 

 

 

自宅での皮下点滴や投薬もがんばっています。

IMG_6898

 

 

 

「ナナおしゃれな首輪みして~♪」と声をかけたら笑顔が返ってきました。

IMG_6912

 

 

 

最近白いのをつけています。お母さんが昔ナナにオーダーしたお出かけ用首輪。遠出以外は使わないようにしていたのですが、もうふだん使っちゃお!

IMG_6915

 

 

 

リルも白いのをつけています。

IMG_6922

 

 

 

白い子が白をつけるとものすごくかわいい。

IMG_6902

 

 

 

長めのお散歩へも出かけました。

IMG_6954

 

 

 

おしめ外してテクテク歩いています。

IMG_6955

 

 

 

この笑顔を拝むために私は生きているのかもしれません。

IMG_6951

 

 

 

ナナには「ありがとう」の一語しかないです。

IMG_6953

 

 

 

猫たちとものんびりしました。

IMG_6928

 

 

 

ふふ。私にしてはまあまあの一枚がこのほほ↓

IMG_6931

 

 

 

「おれ 足長いなあ……」

IMG_6906

 

 

 

さぶは常にハンサムでしょ?

IMG_6929

 

 

 

ご心配いただいているあまぱんは、コンベニア注射が効いて食欲出てきました。

IMG_6961

 

 

 

光合成中のキリリとした表情。痩せてしまったけれど、まだまだ元気です。

IMG_6960

 

 

 

最後は保護猫ポテチの登場です。ちゅーる大好きのポテチへごほうび

IMG_6938

 

 

 

本当におっとり気が弱くやさしい男の子。けれどもちろん、ポテチにも自己主張や好き嫌いはあります。子猫たちのご縁探しがひと段落したらポテチの家族募集に力を入れていきますね。来月くらいまでには必ず!

IMG_6940

 

 

 

ポテチ、ちゅーるおいしい? ポテチも幸せにするから待ってて^^

IMG_6948

 

 

 

甘く濃厚な時間が流れていました。

 

 

だけどべべがいないのが淋しい。

 

 

もしべべひとりっ子だったら私、今より耐えられず生きる気力を完全に失っていたと思います。そういう意味ではうちは多頭でよかったかも。

 

 

家族に感謝ですね。

 

 

さあ、明日は朝早いのでそろそろお風呂に入りますか。

 

 

カット後、不自然なキノコ頭になり鏡の前がじゃっかん怖いです。

 

 

 

……ス、Smile!

 

 

スポンサーリンク





源ちゃんとるい兄2

皆さまこんにちは。今日は約半年ぶりに美容院行きます。チチに「白髪が目立つ」と言われた悲しいお年頃。白髪染めとカットで1歳でも若返りをはからなくては。その前に源ちゃんの卒業記事を終えられるかな? がんばります!

 

 

前回書いたとおり、源ちゃん宅は隣の隣の県。どの位で到着するのか読めず、不安なまま出発。キャリー内の源ちゃんはとてもおりこう。小さいのにえらいね。

 

 

高速道路がすいていたので結局1時間ちょっとで到着!

 

 

 

広いお庭には家庭菜園がちらほら

IMG_6715

 

 

 

玄関を開けて(私の靴がそろっていなくてお恥ずかしい)

IMG_6708

 

 

 

猫居るのにそんな開けて大丈夫? と思った方。ふふ。猫の飛び出しを防ぐ内扉があるのです。猫と暮らすために建てたお家だからきちんと設計されています。

IMG_6709

 

 

 

そしてこのお宅の窓はほとんどが「明り取りのための開かないガラス」で、なんとベランダがありません。ベランダがないのでちょくちょく外へ出ないということなんです。設計の段階でベランダは不要だと思ったそうです。なるほど。

IMG_6712

 

 

 

洗濯ものは室内干し派

IMG_6667 (2)

 

 

 

自宅内の換気は扉の上部を使えばOK

IMG_6672

 

 

 

唯一開ける可能性のあるキッチン横の小窓は脱走防止対策をお願いしました。

IMG_6645

 

 

 

もとから安全対策が徹底されていてありがたい限り。窓の写真や扉の写真ばかりを並べていますが、これは私がもっともよく見せていただくポイントです。

 

 

保護猫の脱走は皆さまの想像よりはるかに多いです。迷子になった保護猫を探されている保護主さんや里親さんもいれば、探さずにあきらめてしまう方もいて、譲渡された犬猫の中の一定数が行方不明になるという悲しい現実があるのです。

 

 

だから私は「安全」について自分と感覚の合う方への譲渡を目指しています。

 

 

 

「ぼくと源の話 しないの?」

IMG_6649

 

 

 

おおお。ごめんなさいるい兄。会いたかったよ。はじめまして。源ちゃんがお世話になりますがどうぞよろしくね。

 

 

里親会出身の4歳のるい兄は人見知り皆無。ぐいぐいこっちに来てくれるタイプです。しかも相当のかまってちゃん(笑)。源ちゃんをケージに移す際、るいくんを別室に隔離したら、納得がいかなかったようで猛抗議していました。

IMG_6679

 

 

 

中心でいたいタイプ。書いていて自分とキャラがかぶるところがあり耳が痛い。

 

 

 

「ねえねえ 見てみて~ ぼくキャットタワー持ってるよ」

IMG_6691

 

 

 

「ぼくんちの親きれい好きだから トイレもマメに掃除してもらってる」

IMG_6644

 

 

 

「ほらぼくが2Fに案内してあげる」

IMG_6634

 

 

 

「emi-goさん ぼくんちマンガ集めてるの」

IMG_6675

 

 

 

「ねこの飾りものもいっぱいだよ」

IMG_6684

 

 

 

「源のサークルだよ ぼくチェック済み 親がTシャツと段ボールで源の隠れ家つくってた ぼくは大きいから体が半分しか入らなかった」

IMG_6652

 

 

 

「るい兄 はじめまして ぼく げんちゃん♪」

IMG_6657

 

 

 

源ちゃん、ドライブお疲れさま。素敵なお家だね。

IMG_6662

 

 

 

まずはサークルからスタートしよう!

IMG_6660

 

 

 

目じりが下がりっぱなしの里親ご夫妻。メロメロです。

IMG_6668

 

 

 

希望通りの新居を建てるまで、おふたりはペット1匹のみ飼育可能の賃貸アパートでるいくんと暮らしていたそうです。当時は住居の規約をキチンと守り、「猫2匹を家族として迎え入れる夢」をがまん。

 

 

このたび晴れて次男坊源ちゃんと家族になりました。

IMG_6664

 

 

 

私はこういう方こそが責任感のある方だと思います。るいくんの暮らしぶり、明るい性格を見ていれば、おふたりがどんなに大切にしてきたかよくわかります。

 

 

 

「つぎはぼくが1Fに連れて行ってあげる 書類にサインするんでしょ?」

IMG_6686

 

 

 

「まあ ぼくの親が淹れたお茶でも飲んでいってください」

IMG_6696

 

 

 

とりあえずなんでも前面に出て全面的に張り切るるい兄。頼もしい限りです。

 

 

肝心の記念写真は元気すぎてブレてしまうという

IMG_6703-3

 

 

 

里親さんからはおいしいスイートポテトとキュートすぎる動物たちをプレゼントしていただきました。うれしいいい。どこで買えるんだろ?

IMG_6723

 

 

 

源ちゃんのワクチン代、ウイルス検査代、駆虫薬費は里親さんに負担していただき、全額emi-goに渡してあります。

 

 

以下が里親さんの撮ったるい兄と源ちゃんの写真↓

IMG_6608

 

 

 

るい兄めちゃめちゃ見てるし^^;

IMG_6611

 

 

 

源ちゃん腰が引けてますね。

IMG_6606

 

 

 

ごあいさつ

IMG_6607

 

 

 

源ちゃんはるい兄指導のもと、楽しくおおらかに成長していくでしょう。

IMG_6667

 

 

 

源ちゃんファミリーの幸せを願いつつ、応援リツイートしてくれた皆さまにも改めてありがとうを。終の棲家を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「x252源ちゃんおめでとう。ベランダで生まれ育ち、きょうだいたちと生き延びたたれ目の源ちゃん、善い方に出会ってきみはラッキーだね。快適なおうちでスクスク成長してね。きょうだいたちもつづくから安心して!

長距離を運転したemi-goさんお疲れさまでした。休めるときは休んでね」

1-3483

 

 

スポンサーリンク