54本の爪を切る

今週末はTOKYO ZEROの勉強会にはじまり、卒業猫たちのお宅へ伺ったり、私が応援させてもらっている腎不全でFIVキャリアの片目のキットくんのお家を訪問するなど、実に保護色の濃い土日でした。明日から仕事なんですけどがんばれるかなあ?

でも聞いてください。

私、すっごくいいことがあったのです。

人生の中でこんな思いを何度も経験させてもらえる自分は本当に恵まれています。

ある保護活動の用事で本日の午前中、私はマイ太郎さんとともに703号室卒業猫めい&じゅんのお宅へ伺いました。

jm (8)

 

 

ママさんがサンドイッチやお菓子やお茶を用意してくださいました。超おいしかったです。

jm (7)

 

 

人慣れ半人前(笑)、年齢不詳、FIVキャリア、よだれがひどかったためほとんどの歯を抜歯したこのお方。グッチ改め「めい」が我が家から卒業して半年経ちました!

jm (4)

 

そして、約7年うちの近所を彷徨っていたじゅん(のりまき)もセットでご縁を掴んだのです。保護当時、FIVキャリアの彼も消耗が激しくひどい貧血状態でした。

もちろん、生粋の野良ボス猫だったので触ることなどできませんでした。

703号室で若干軟化したじゅんですが、新しい環境に変わった途端不安になったのでしょう。

いい感じだった「人慣れ」が逆戻りし、シャー、ウー、必要以上に近づいたら本気のパンチ……と、とにかく荒削りのタフガイに変身してしまったのです。

夏頃遊びに行ったときは触れたのですが、まぐれに近い状況でした。

その日私が帰ったあとは触ろうとするとまた逃げる!怒る! がはじまり……

まあ触ろうとしなければお腹を出して寝たり美声でおねだりしたり幸せそうなんだけど。

でもせっかく人の手に慣れつつあったじゅんが触れない子になるのは惜しい気がして。

前置きが長くなりましたが……

 

そのじゅんの今日の写真です↓

jm (3)

 

 

この一枚を撮ったのは、私じゃなくてママさん。

私たちが帰ったあとに撮ってツイッターにアップしていたのです。見たとき目が丸くなりました。

 

「え? ママさんなにしてんの?」

 

感動が感動を呼びひとりでウルウル。ママさんはいつだってめいとじゅんを愛おしそうな眼差しで見つめ、距離を縮める努力をしてきました。だから当然の結果と言えるかもしれませんが、なんか無性にうれしかったのです。

私がさせてもらったことと言えば、54本の爪切り(笑)。

 

マイ太郎さん、ひなホプさんに協力してもらってバチバチバチバチ……

jm (6)

 

 

めいを洗濯ネットに入れるのも至難でしたが、じゅんが特にね^^;

猫コタツ内で籠城中の彼はコタツの布団をちらっとめくられるだけでドスのきいた声で唸る始末。正直怖かったしかわいそうな気もしたのですが、切れるときに切った方がいいので全員で猫コタツを囲みなんとかじゅんを洗濯ネットに入れました。

ネット内に入れたあと、私はじゅんを抱きマイ太郎さんとトイレに移動!

万が一じゅんが洗濯ネットを破って出てしまっても狭い個室内なら再トライできるから。

爪がスッキリ家猫仕様になったあとはネット越しにやさしく撫で撫で♪

jm (10)

 

 

手のぬくもりを思い出させる大切なコミュニケーションです。

小人姫さまも上手にお手伝いしてくれました。

jm (9)

 

 

しばらくしてネットから解放されたじゅんはめいとともにキッチンのガス台上へ逃げました。

 

「アンニイさん!」

 

ふとキッチンに近づいたママさんに呼ばれ振り返った私は、自分の目を疑いました。

jm (11)

 

 

写真ではわかりづらいですが、じゅんが目を細めうっとりの表情でママさんに撫でられています。むろん多少の緊張はあったかもしれません。しかし逃げようともせずにじっと佇むじゅんの姿に私は胸がいっぱいになりました。

糸口を探していたのは、じゅんも同じだったのですね。

慣れている子に接する機会の多い方には想像できないかもしれませんが、私は今保護猫いせやんで苦労しているのでママさんの気持ちが痛いほどわかるのです。

それでも、前向きにふたりをかわいがってくれるママさんを見習い私もいせやんと徐々に仲良くなりたいと奮起しました。よーし! 距離を縮めるぞ!

FIVキャリアの人慣れ度の低いシニア猫の家族探しは大変でした。

家族になろうと名乗りをあげてくださる方も勇気の要ることだと思います。

FIVキャリアの猫なんてめずらしくもないし長生きする子はたっくさーんいますが、こういう活動をしていると世間の風当たりの冷たさを痛感することがあります。

だからこそ私にとって、めいとじゅんの家族は希望であり自慢なのです。

心から感謝しています。ママになってくれてありがとう。

 

めい&じゅんのママさんからおみやげをいただきました。

jm

 

ひなさんもおみやげありがとうございました。

jm (12)

 

プライベートの女子友だちがフードを支援してくれました。ゆきこちゃん、ありがとう!

jm (5)

 

facebook友だちのOさまからはお菓子のようなコスメが♪ テンション上がりますね。

jm (2)

 

お友だちと母の店に食べに来てくださっただけでなく703号室POST CARDもお買い上げくださりありがとうございました。

 

今、譲渡活動で苦しんでいる保護主さんもいっぱいいらっしゃるでしょう。

そして猫と暮らしたいと考え猫ブログを徘徊している方もいるのではないでしょうか?

「条件のいい子」がかわいいのは当たり前で、かわいい子を希望するのも当たり前です。

でももう少し深いお心で考慮してくださる方が増えたら、シニアの子、シャイな子、キャリアの子、持病や障害のある子にも活路が見出せます。

日本は救いの手を求める弱者で溢れかえっています。

あなたががちっと掴んだ命は、あなたを映す鏡となるでしょう。

そしてあなたの行動があとにつづく人々の鑑となるかもしれません。

一緒に一歩踏み出しませんか?

里親になるってすばらしいですよ。

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





TOKYO ZERO 勉強会

土曜の本日は早起きしてTOKYO ZEROの内輪の勉強会へ

IMG_0460

 

 

ひとりでは絶対に道に迷うとわかりきっていた私は、前日に絵本作家のスギヤマカナヨさん(呼びかけ人)に電話をかけ、会場の最寄り駅で待ち合わせてもらうことにしました。

 

カナヨさんのおかげでサクサク

IMG_0444

 

 

通りがかった店舗前に無残に行き倒れたサンタクロース発見……もうクリスマスか^^;

IMG_0442

 

 

徐々にメンバーが集まってきました。

IMG_0453

 

 

事務局の上野さん、お店の看板犬を抱っこして♪

IMG_0457

 

 

8週齢規制がメインテーマですが、他にもいろいろ学ばせていただきました。

IMG_0468

 

 

 

普段草の根活動をしている個人の私だからこそ「蛇口を締める」大事さが身に沁みます。

IMG_0467

 

 

 

終盤は今後のTOKYO ZEROについての意見交換も交わされました。

IMG_0466

 

 

2時間に渡りびっちりやりました。

 

後半、フードスタイリストのマロンさん(呼びかけ人)も参加。マロンさんの横に写った女性はモデルの小林里香さん(呼びかけ人)

fayaf

 

 

TOKYO ZEROは東京オリンピック開催までに殺処分ゼロを目標に掲げさまざまな取り組みをしていきます。支柱は以下の3本↓

①ペット産業適正化のために必要な「8週齢規制」の早期実施

②既存のセンターなどを「ティアハイム」に近づけるはたらきかけ

③「保護犬」「保護猫」との出会いを広める

 

まだ詰めるべき問題が多々ありますが、日々の活動に加え、こちらの方でも自分にできることをしていきたいと考えています。寛大なお心で見守っていただければ幸いです。

 

女性陣記念撮影(小林さん、事務局上野さん、事務局西川さん、私、カナヨさん)

fayaf (4)

 

 

そして、703号室よりお知らせがあります!

保護猫ごましおの募集を一時ストップいたします。

IMG_0058

 

 

詳しくは近日中に必ずご報告しますね。

 

 

本日のありがとう♪

 

子猫のとき里子に出したあーちゃんが約7歳で我が家に出戻ったのが去年の秋頃でした。

同じ家にいた3猫、あーちゃんのんたふく(プップ)の家族探しは大変でしたが、どうしても戻してほしい事情があったので帰って来てくれたときは全身が震えたのを覚えています。

我が家から再度卒業させたあーちゃんがmidoさんのお子になって1年!

こんなにラブラブの生活を送っています♪

fayaf (3) fayaf (2)

 

祝一年! ということで里親midoさんからプレゼントとお手紙が届きました。

IMG_0497

 

ミルフィーユのチョコおいしいです。お手紙読んでウルウル。

あーちゃんに生き直すチャンスを与えてくれてありがとうございます。

あーちゃんを珠のように大切にしてくださりありがとうございます。

卒業生たちだけが私の誇りで卒業生たちだけが私の足跡です。

 

 

 

スポンサーリンク





外猫カン太くん

我が家のあまぱん太郎は、とにかく食いしん坊。

常にフードストッカーのそばを離れません。

IMG_0051

 

 

特に来客時に見せるごはんへの執着がすさまじいです。

IMG_0050

 

 

「お客さまがいるときはもらえる可能性がぐんと上がります」

IMG_0048

 

そうなんです。

あまりにも全身全霊で鳴きまくるのでさすがの私も黙らせたくてついひと口あげてしまうし、お客さまたちもあまぱんに同情してしまうのです。

 

「あまぱんが必死に訴えているから、アンニイさん少しあげたら?」

皆さまが口々にこう言ってしまうほどあまぱんはしつこいです。

 

「ぼくのねばり勝ち!」

IMG_0058

 

 

推定10歳を過ぎてもごはん大好きのあまぱん。私は彼の将来が心配です。

でも、意外や意外!

昔のあまぱんにはごはん以上に求めるものがあったのですよ。

あまぱんがまだ“外猫カン太くん”だった頃、彼にはやさしい「ごはんお姉さん」がいました。

“外猫カン太くん”は毎日、ご飯を運んでくれる女性を待っていたのです。

その女性(ぷくぷくさん)の前でも、あまぱんはたくさん食べました。

モグモグパクパク

モグモグパクパク

保護当時すでに去勢済みだったあまぱんはおそらく元飼い猫で、捨てられて彷徨っているうちに女性のマンション近くに根を下ろしたと考えられています。

はじめは他の先輩外猫から数メートル離れた場所で地味にごはんを催促していたようですが、先輩外猫が保護猫として生き直すことになった所以でテリトリーは彼だけのものになりました。

彼とごはんを運んでくれる女性の甘くておいしい濃厚な時間

凍えるような寒い日も、彼はマンションの駐車場で女性を待ちつづけました。

駐車場の植え込みの一角が、カン太くん(あまぱん)型に凹んでいたそうです。

女性がごはんをあげて立ち去ろうとすると、あまぱんはごはんを食べるのを即座にやめ、彼女をどこまでも追って行きました。

テリトリーから離れた場所でも、女性と一緒ならあまぱんは迷わず歩いたし、彼女の姿を探すためなら、あまぱんはノミの心臓を奮起させどこへでも訪ね歩いたのです。

 

徐々に彼のストーカーぶりがエスカレートし……しまいには女性のマンションのエントランスで鳴きまくる始末……

 

「ぼくを入れて! ぼくをお家に入れてよ! 次はぼくの番でしょ? ニャーニャー ギャーギャー」

 

女性は困り果てましたが、あまぱんに根気負けし彼の家族探しをすることになりました。

そして私が彼の家族に名乗りをあげたのがあまぱんが703号室へ来た経緯です。

あまぱんがごはんを放棄するほど夢中で追った女性(ぷくぷくさん)が、私とあまぱんを結びつけてくれました。本当に感謝しています。

※ちなみにあまぱんの当時の仮名“カン太くん”は、「寒空の中見かける太った猫」が由来で、漢字に直すと「寒太」になるのです。

あまぱんがごはんをむさぼるのは、家族とともに暮らす安心を知ったからだと思います。

健康を考えると塩梅がむずかしいですが、可能な限りごまかし、可能な限りあまぱんの要求に応えていきたいです。愛しているから。

 

「ぼくはもう孤児じゃないもんね。お母さん 2~3つぶください!」

IMG_0046

 

(あまぱんの写真:すべて猫撮る氏

 

<おまけ>

卒業猫うにが、703号室ポストカードを毛布として使ってくれている件につきまして世界中の人々にご報告いたします(笑)。

DSC_0200

 

やば。かっわいい! お買い上げありがとうございました。

 

撮影会の日に猫撮る氏が撮ってくださったあまぱんの写真を眺めていたら今日はどうしてもあまぱんのことを書きたくなりました。ごましおは次回颯爽と登場します。乞うご期待!

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





熱がうつると

こんばんは。

今日も1日元気にがんばりました。

ようやく卒業猫ビーナスの写真の整理が終わりました。

今月中には絶対カメラを買います。

ビーナスの卒業写真はiPhoneで撮ったんです。近年卒業式の写真を携帯カメラで撮ったことはありませんでした。下手なりにいちおう、一眼レフで撮ったものを使っていたのです。

「卒業写真」はご家族にとっても私にとっても特別な位置づけです。なのに今回は……。

さぶが高い場所から私のカメラを落としてしまったので壊れてしまって。

そのかわり、iPhoneのアプリを使い一枚一枚編集しました。これまた下手ですが^^;

仕事の合間にコツコツやっていたので時間がかかってしまいましたが、週末までには必ず!

 

夕方、早めに仕事を切り上げ途中の駅でおつかいを^^

そこで出会ってしまったのです。自分の晩餐と♪

fa

 

ワンコイン以内だし、おいしそうなのでつい買ってしまいました。

チチには別のものを出す予定だったので一人分だけね。

小さな幸せを感じた瞬間でした。家帰って速攻平らげました(爆)。

夕飯後はみんなのお世話とラブラブタイム♪

 

「なーなー おれが好きか?」

fau

 

 

好きです好きです(^-^;)

さぶが特にしつこいです。

去年の今頃、さぶはまだ外にいました。

保護したのは割と最近の話です。

 

保護当時のさぶ↓

66 (8)

 

めちゃくちゃ怒ってたなあ。

私の中では「ウソみたいな本当の話」です(笑)。

かわいくて仕方なかったのはむろん、慢性腎不全ということもあり、我が家の末っ子として育てていくことにしましたが、迷いがなかったわけではありません。

それに、ときどきこう思うのです。

犬猫と出会わなければもっと私は楽に生きれたんじゃないかって。

彼らの魅力に気づかなければ、家もなく外を徘徊する姿に胸を痛めることもないしね。

でも、気づいてしまったのですから、仕方ないです。

もし、私と同じく魅力に気づいてしまった方の中で、犬猫とまだともに暮らしていない方がいたら、私は彼らと暮らすことをぜひおすすめします。

お世話するのに時間やお金がかかります。安全も守らなければなりません。

得られるのは「癒し」ばかりではないです。

彼らは喉が渇いたり、腹が減ったり、排泄したり、病気することもあります。

家事も手伝ってくれません。

手伝ってくれないどころかこぼしたり倒したり毛を撒き散らしたり家中を走り回ったりします。

もしこれをチチや知人が繰り返しやったらたぶん私は爆発するでしょう。

しかし彼らがとなると、命に関わる危険な遊び以外はクスッと済ますことができるのです。

彼らの行動は、ほとんど笑えます。

彼らの滑かな被毛には愛のエキスがふんだんに含まれています。

人間より2度もあたたかいその体に触れているだけで、熱が伝染してきます。

彼らからうつった熱は自分の中で「生きるエネルギー」へと変換され、満たされた私はまた明日を楽しく生きようと思えるのです。

犬猫に傷つき泣きました。

闘病したり、介護したり、失ったり。無理な保護を繰り返して疲れたり。

でも、その何倍笑ったでしょうか?

ああ。改めて掘り下げても、彼らには感謝しかないです。ありがとう。

みんな超かわいい!!

やっぱ魅力に気づいてよかった。何度生まれ変わっても、犬猫と一緒に生きたいです。

 

 

スポンサーリンク





うに と エクレア

卒業猫うにを保護して3年

DSC_0150

 

ある公園にぽつんとひとり、悲壮感たっぷりだった彼は、現在里親さんに気持ち悪いほど溺愛されています(笑)。703号室卒業生は愛されている子たちばかりなので活動の糧になります。

 

DSC02644

 

近況写真とともに里親さんから703号室にお手紙、プレゼント、ご寄付が届きました。

tasiro (2)

 

コーヒーおいしそう。箱を開けたとたん、いい香りが漂っていました♪ ありがとうございました。

うに、里親さんが本気で心配するから偏食はやめなさいっ!

DSC02658

 

ずっと幸せでいてくれてありがとう

DSC_0182

 

あなたたちのそういう日常が、私にはどんなにありがたいか。

DSC02513

 

※卒業生たちの近況写真はツイッターにて随時放出しています。

 

さて、3連休は濃いスケジュールでした。

1日目 保護猫ビーナスのお届け(卒業記事は数日お待ちください)
2日目 蘭丸伯爵邸にて蘭丸伯爵のお見合い
3日目 マイママさんちにてウィル坊のお見合い

保護猫、保護猫、保護猫三昧(笑)。

明日からは仕事で忙しくなるので、その前にいろいろ終わってよかったです^^

今日のコラージュ写真は、ウィル坊のお見合い時の様子です!

tasiro

 

ゆきちゃんママさんが保護し、マイ太郎ママさんが預かり、マイ太郎さんが里親募集しているウィル坊。みんなの愛を一身にまとうまんまる系男子。私も会いたかったです。

ほれほれちこうよれー

IMG_1987IMG_1985
足が超かわいいんですけどー

IMG_1983
少し怖かったかな? あまりにも萌えたので一瞬抱っこさせてもらいました。

IMG_1988
保護したご本人、ゆきちゃんママさんもこねこね

IMG_1977

 

いつか頭を整理できたら、ブログに書きたいのですが、実はここ数年で、いや、数十年の中で……ゆきちゃんママさんは私が一番謝罪したい相手でした。

許してもらえるとは思わなかったけれど、真実を伝えたくて謝りたくて仕方なかったのです。

謝罪にありったけの勇気を要したのですが、全部話せたとき、肩の荷が半減しました。

私は自分の良心に従い行動したので微塵の後悔もありません。むしろ最善だったと信じています。でもゆきちゃんママさんの角度から見たらどう思うか不安で。

けれど私の予想に反し、ゆきちゃんママさんは私の謝罪を受け入れてくれただけでなく、何度も何度も感謝を述べてくれました。

「よく守ってくれた。ありがとう」と。

謝罪の日を境に、すっかり幸せです^^

私が保護活動をはじめて以来の最難題にぶち当たり弱りきっていたあの当時、水面下で一緒に走ってくださったマイ太郎さんや一部の方にも感謝の気持ちでいっぱいです。いつか必ず書きますね。皆さまにも知っていただきたいです。

話は戻りますが、いやー♪ ウィル坊がエクレアみたいで悶絶!!

また、美しいマイママさんの丹念なお手入れを隅々まで感じる快適なお家と、里親希望者さまのあたたかいお人柄にテンションが上がりっぱなしの私でした。

マイ太郎さん、ジャガイモ、ハンドクリームありがとうございました。

__ 1

 

ゆきちゃんママさん、最強サプリのワタナベオイスターと食パンありがとうございました。

__ 2

 

命の譲渡への情熱やこだわりは人それぞれ温度差があるかもしれません。

私はこれからも、沸騰するほどの熱を込めたいです。軌道修正が必要なら、どんな手段を使ってでも諦めません。私が常に心身を傾けるべき存在は、口の達者な人間ではなく物言えぬ犬猫たちであり、私が渡すのは、「小さな命」ではなく、「尊い命」ですから。

一頭でも多くの犬猫たちがうにみたいに家族と普通に仲良く暮らせますように。

 

 

スポンサーリンク