43


皆様、今年も残りわずかですね。703号室は今日、大掃除をしました。べべ&とわ&ひな&レインも洗いました(疲)。4時間かかってもまだ終わりませんので、大晦日に持越しです(汗)。でもあとバルコニーとエアコンだけなので楽勝ですが!
大掃除の後はチチと二人、土手犬へお年玉フード&おやつを大量に買い、2頭分届けました。残りの犬たちには新年届ける予定。福沢諭吉が大量に流失していきました(涙)。

お陰様で2006年は43頭の犬猫を卒業させることが出来ました。私一人 で卒業まで導いた子も居ますが、ユキちゃん(保護活動友達)や妹のみなちゃんはじめ、Kさん等多数の方のお力を借りて卒業させることが出来た子も多いで す。紹介が間に合わない子も沢山居ますが、卒業生のお名前だけ、ここで報告させていただきます。

2006年1月1日~12月31日
子猫

アール、ハナ&ユイ、マイケル&メイプル、はる、チロ、リリィ、デレ輔、リン、チビ太、あいり、ことら、さわら、はる、林檎&柚、琥珀、グリ&はな、ロン、アームス、ナッツ、ひな、レオ、クロ&シマ、大地&そら、くろ(仮名)
(計30頭)

生後6ヶ月以上の猫
媛、にっぽ、風太、たく、ダイア、みらい
(計6頭)

子犬
ゆず、メロディ
(計2頭)

成犬
凛、アニー、愛者、コロン、たんぽぽ
(計5頭)

振り返れば、とてもきつい年でしたが、私にとって心に脂肪を沢山蓄え、次の年に生かすことが出来そうな1年でもありました。父を亡くし、卒業生を1匹亡く しましたが、それでも前を向いて進むしかないということを、沢山の方々、それから幸せになった卒業生に教わりました。だから今、私は真正面を向いていま す。

私は、卒業生たちの名前を偉そうに書き連ねていますが、決して満足しているわけではありません。1年という長きに渡って卒業させることが出来たのは43頭。

センターで殺処分されている命は、約50万頭。
道端で名もなき猫たちが次々と生まれています。
飼い主に恵まれず、誤った飼い方をされている犬猫たち。
お腹を空かせて彷徨っている野犬。
虐待される子、実験用に使われる子、繁殖犬・猫、三味線用の猫……。
それらの不遇な犬猫の数からみれば、43頭のという数字の幼稚なこと。

けれど、嘆いているだけでは、何も変わりません。

ゼロと43は違います。
その違いを私は良く知っています。
43頭分の笑顔を知っているから。

壁は大きい。

けれど必ず、壁を壊せます。
私の人生を全てかけて、一つずつできることを続けていきたい。

1頭でも多くの犬猫に、輝かしい未来が訪れるよう祈りを込めて、今年最後の記事をUPしました。良いお年を。

べべがいつもそばにいてくれました。


ナナがいつも支えてくれました。


かつくんがいつも笑わせてくれました。


ACOを土手から保護できたとき、嬉しくて涙が止まりませんでした。


とわがやってきて、にぎやかで明るくなりました。


ひなは、小さくて壊れちゃいそうだけれどとても温かくて


レインはふわふわのマシュマロみたいでとってもいい子。


あなた方に与えたものは少ないけれど、あなた方に頂いたものはとても多い。

703に来てくれて、どうもありがとう。

スポンサーリンク





コメントを残す




*