責任


バイトを終えて、只今帰ってきました。コメントに目を通して、私は自分の書き方に間違いが多々あることを教わりました。不快な思いを与えてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

里親さんは、ダニエルを大切にしていました。ダニエルの写真を送ってくれたのも、ダニエル自身ではなく里親さんです。そのようなことが分からないほど、私 の目は曇っていません(笑)。今まで放し飼いで数匹の猫ちゃんを失ってしまったから、ダニエルは家猫としてちゃんと育てます。そう約束してくれました し……。私は約束が守られていたと、信じています。「あの日たまたま、ダニエルが出てしまい、そして死んだ」のだと。ただ、痛い思いをして死んで行ったダ ニエルを思うと、心が切なくなりました。それだけです。私が痛みを代わってやることもできず、まだ若いのに死んでしまったことが悲しいのです。ただそれだ けなのに、それだけのことを文章にすることが出来ず、一体何をやっているのだろうとますます落ち込んでおります。里親さんを選ぶ重責が苦しいと思うだけで す。選んだ里親さんが悪いということではありません。うまく言えませんが、選んだことを後悔しているわけでもないんです。ただもし次に里子に出すようなこ とがあったら、私はどのようにすればよいのか、何を伝えたら一秒でも長生きさせることが出来るのか分からなくなったのです。まさか「猫が危ないので一生外 出を控え、換気するさえこと諦めて窓を開けないで下さい」とは言えません。けれど「守ることを守ってくださったらあとは事故なら死んでしまってもしょうが ない」とも言えるでしょうか?それが難しいと思っています。誰にだって間違いはあるし、間違いをおかさなくても生活をしていく上で避けては通れないことが 沢山あります。玄関の開閉。窓の開閉。ダニエルは、たまたまあいていた窓から出て、命を失っただけかもしれません。ただ、赤いリボンをつけて、我が家を巣 立ったダニエルの姿。私が最後に見た可愛いリボン姿のダニエル。私の中で、時間はそこで止まっています。誰かを責めたいわけではありません。ダニエルを今 まで大切にしてくださった里親さんには感謝します。ただ私は悲しい。ダニエルの死を悼んでいます。そして、立ち直るまでには少し時間がいる。それだけ。

読んでいて不快な思いを与えてしまった方々にお詫び申し上げます。私は保護しただけ。育ててきたのは里親さんです。私ではありません。分かっています。私 は少々、人間に厳しすぎましたね。人間を敵にまわすことに慣れてしまって、文章の書き方さえ間違えてしまいました。いのちと愛が満ち溢れる世界であります ように。

スポンサーリンク





コメントを残す




*