タイムマシーンに乗って


おかげさまで現在たくさんのご注文をいただいているようです。
メンバー一同、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!

ご注文くださったのに、こちらからの確認メールが 届いていないという方いますか? 「確認メール」は、自動送信で必ずお送りしているはずなのですが、届かないって方が数名いらっしゃいました。他にもい らっしゃいましたら、calender*shop-online.jp (お手数ですが*を@に変えてお願いします)までご連絡くださいますよう、よろし くお願いいたしますm(__)m

もしくは、ショップサイトの Contact us からもご連絡いただけます。

※迷惑メールフォルダーに入っている場合も考えられるので、迷惑メールフォルダーもチェックしてみてくださいね!!

「みなさま ぼくも マディバも元気だよ ぼくは 夜 チチのおなかの上でねてるの チチはその状態を“ブンチン(文鎮)”ってよんでる ぼくがブンチンで ふとんにつつまれたチチが“紙”ってことらしい」
クリックすると元のサイズで表示します

「ダイソンの爆音から 逃げるぼく」
クリックすると元のサイズで表示します

「あはは! お散歩っていいね。ぼくはお散歩のときだけテンションが高い犬、マディバです。まだ、ケージ中心の生活しかおくれないぼくに、ハハはとうとう次の一手を出しました。その一手とは?」
クリックすると元のサイズで表示します

「お散歩前、ハハを玄関に誘導するぼく。この時のぼくの心理状態は、かなりの“ハイ”です」
クリックすると元のサイズで表示します

保護猫ラオ&保護犬マディバはこの通りです。マディバは手作り食が好きなので、昨夜は、ニンジン、シイタケ、もやし(安いから)、ナス、ササミをつかって 簡単スープを作りました。キャラメルさんにいただいた野菜ブイヨンを隠し味に^^ ナナもリルもマディバも完食~! 我が家の犬たちは、食欲の秋を迎えて います。

今日はこれから銀行へ行かなければならないのですが、ショップの方が気になって、なかなかPC前から離れられません。今やVAIOくんは、私の一部です(笑)。

私もあとで、数冊注文しようと思います♪ もちろん、メンバー全員、自分の分は1冊1000円出して買いますよー。私は疎遠になってしまった友人らに送ろうと思い立ちました。

保護活動をはじめたばかりの頃、私には多くのお友だちがいたんです。学生時代、一緒に過ごした人たち。泣いたり笑ったり、私も私なりに、思いっきり青春を 謳歌しました。社会人になっても、私たちは仲が良く、まめに会っては、ファッションの話や、異性の話で盛り上がり、朝まで盃を交わしました。

でも、活動にのめりこんでいくうちに、私は友人たちと距離を置くようになってしまったんです。もう、埋められないほど遠く離れてしまいました。

活動をはじめてからも、私は誘いに応じ、友人たちと遊び歩きました。けれど、気になるのは、犬猫のことばかり。当時は、パソコンを持っていなかったので、 携帯電話で里親募集をしていたのですよ。みんなで盛り上がっている最中に、保護猫への希望メールが舞い込んでくると、他のことが頭に入らなくて、友だちの 話も聞かず、親指ばかり動かしていました。

「また犬猫のメール?」

「アンニイ変わったよね。犬猫はもういいから、とりあえず飲もうよ」

青春を共に過ごした友だちと、お店の中にいるのに、私の心は所在を失っている。自分が心血を注ぐ活動を、この人たちにいったいどう説明すれば共感を得られるのか――。

私にとって何よりも大切なこの世界を、どんな言葉で語ろうか――。

そんなことを考えているうちに、ついには、友人たちとの世界に酸欠を覚え、誘われるのが億劫になり、私は電話にも出なくなりました。

壁を作ってしまったのは、私の方です。
理解を得られるはずがないと決め込んで、縁を壊してしまったのは、私。

私はいつもこう言っています。

私は「普通」の主婦ですよ。普通の人間にできることをしているだけですよ。犬猫の保護活動は、普通の人がやるべきです。普通の私にできることは、誰にでもできること。

普通普通普通……

普通普通普通……

なのに、「普通の友人」との間に壁を作って、自分にとって、居心地のいい世界に身を投じるようになってしまった。気がつくと私の周りには、私と同じような人しかいない。普通普通と言いながら、心のどこかで、排他的でした。

今も昔の友人たちに、自分の活動をうまく説明することができません。ブログすら教えていない。でもこのカレンダーをめくったら、きっと言葉なんかなくても、私が歩んできた道を、分かってもらえる気がしました。

これは宣伝文句でもなんでもありません。

私はタイムマシーンに乗って、このカレンダーを届け、長年の、胸のつかえを取ろうと思います。

かつくん「そうだよね。ハハはぼくがまだ小さかった頃、たくさんのお友だちがいたんだよね。あいてしまった距離は埋められないかもしれない。でもあの時説明できなかったハハの道を、この一冊がきっと語ってくれるよ。

そしてハハと共に青春時代を送ったお友だちたちも、こう思うにきまってる。

“なんだこれ? でもこの子たち、かわいいじゃん!”

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

703号室かつくん

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*