永眠の地


ただいま!
長野への1泊はスケジュールが詰まっていたので早く出発することに。昨日は朝5時に703の下で待ち合わせをしたのですが、寝坊して5時15分に起きまし た(汗)。せっせと支度して、みんなからの冷たい視線を浴びつつ、べべと乗車。メンバーは、叔父、ババ(母)、ハハ妹、べべにまめ。それから私。目的は、 親戚達との打ち合わせと父のお墓の視察です。

いったん、父の生家に荷物を置きに行って、部屋の空気の入れ換えをしました。

べべとまめはそこでご飯タイム

それから少し離れた場所に住む叔父(父の弟)家へ

べべもまめも自由気ままに放してもらい

いたずらを楽しんでいました。

打ち合わせを終え、いざ出発! ご飯を食べて父のお墓を見に行きます。叔父が前もって探しておいてくれた場所に私たちを案内してくれました。

秘境(←大げさすぎ?)といわんばかりの静かで素敵な場所。自然がありのまま残ったこの地は私のイメージとピッタリ重なりました。

父にはこの場所で永眠してもらいます。

強く逞しい杉の木々に囲まれた静かな場所

誰にも邪魔をされず、ゆっくりと眠れそうです。永遠に眠るわけですから「安眠」できるにこしたことはないですよね。手入れの行き渡っている日本庭園とのバランスも素晴らしい

気に入りました!

帰りにドイツ風のカフェのお庭に寄って

お花が可愛い♪

べべとまめの記念撮影

1泊なので慌しかったけれど、悠々とした山々の中、自然を満喫し、リフレッシュしました。行き も帰りも全員で交代して運転をしたんですが、私は「腱鞘炎だから無理」と嘘をつき(笑)、一人後部座席で爆睡しました。帰ったら、さぞ家が散らかっている だろうと心配でしたが……。

案の定、心配は的中でした(涙)。
早く投稿を終えて、ナナのご機嫌を取らないと。
ってことで皆さま、ごめんなさい。ナナが怒っているのでこの辺で!

スポンサーリンク





コメントを残す




*