感謝


ブログをはじめてますます保護活動が楽しくなりました。お陰さまで今年の初めから今日現在まで、計23頭の犬猫を卒業させることが出来ました。この数が多 いか、少ないかは分かりません。けれど、処分されていく命は、センターだけでも年間数十万頭です。単純計算で、一日に1000頭以上の罪なき命がガス室の 中で悲鳴をあげています。まるでナチス時代のアウシュビッツ。だから私は、ペットショップではなく、ボランティアや保護団体から犬猫を譲り受けることをお 勧めしています。処分されてしまう彼らを救う方法は、「里親」になるしかないからです。

以前にも書いたように、私は里親さんに厳しい条件をつけて犬猫を渡しています。なるべく穏やかにお話しをするよう心掛けていますが、時には希望者さんのプ ライベートの領域に足を踏み入れたり、猜疑心の塊ともとれる聞き方をしてしまったり……。私の本意は保護犬猫を幸せにすること。保護した犬や猫に二重苦を 与えたくはありません。オモチャではなく「命」を渡すのですから。けれど私は、「里親」になるのは、物凄く尊いことだと知っています。私はよく「偉いわ ね」とか「凄いわ」とお誉め頂くことがあります。きっと保護した犬猫にスポットライトを照らし、里親探しを続けているからでしょう。でも、保護するのは長 くても数ヶ月。飼うのは十数年。健やかなるときも病めるときも、です。もし仮に、今年里子に出した23頭の犬猫を誰も希望してくれなかったら……?

703号室は破綻します。
命を引き継いでくださるあたたかい手があるからこそ、それが勇気となり力となるのです。だから私は、里親さんたちには頭が上がりません。犬猫は商品ではな いので、「お客様あっての703」とは言いませんが(笑)、里親さんがたがいてくださるから私の活動は成り立つんです。正しい信念を持った方々から教わる ことの多さを考えると、私の人生がいかに潤いに満ちているかを知ることが出来ます。

1頭の保護犬(猫)に対して、多数のお申し入れを頂くこともしばしば。渡せる犬猫が手元に1頭しか居ないのは辛いことですが、そんな時は必ず、「不幸な子 はまだまだ沢山居ますから、是非探してください」との言葉を添えてお断りするようにしています。お断りした方から数週間後に「我が家に新しい家族が増えま した!」とのメールを頂くと、なんとまあ、心がまた潤うのです。

犬猫を飼う予定の方は、是非ボランティアや保護団体からもらってください。
処分されるいのちを検討してください。
1頭の犬を飼う勇気
1匹の猫を飼う勇気

それは幸福へのステップです。

うちの卒業犬猫の里親さんになってくださった方、他の団体等から犬猫を引き取って育てている方々、ご自身で捨て犬や捨て猫を保護し、そのまま飼っている方。そして日々703を訪れて応援してくださる皆さまに心から「ありがとう」を送ります。小さな力が渦巻いて、大きな竜巻を呼ぶ。日本は必ず変わります。これからもよろしくお願いします!

「長いよ」


「話、やっと終わった?」

さてさて、ヤダナ(涙)↓
★★★★おまけ★★★★

雨の中、カラオケは行われました。チチのアホ面(酔いすぎ)があまりにも変だったので、この記事、やめにしたいのですが……。撮れちゃった写真をちょこっと。ゴメンナサイネ。アア、ツライ……。


もう、ノリまくり(爆)。「森進一です」と言ってステージに上がっていました(恥)。ウケは良かったのですが、私は顔から火を吹きそうで(泣)、頼むから早く終わってくれと雨空に願いました。

スポンサーリンク





コメントを残す




*