清い空へ


今日は犬猫にあまり関係ないことです。

8月21日の早朝、私の父親が亡くなりました。享年67歳。
直腸癌と闘った末、入院先の病院で息を引き取りました。
ご心配を頂くかもしれませんが、私は極めて元気です。不謹慎に聞こえるかもしれませんね。でも、恐怖や痛みから解放された父の最期の顔は、悪いものではありませんでした。だから、私も穏やかに受け入れることができました。

父は、手がかかる患者でした。痛いときは痛いと騒ぎ、機嫌が悪いと看護師さんに怒鳴ったり、タバコもよく吸っていたし……。余命1年と言われたのに、3年半粘りました。

そんな強気な父が亡くなる10日前、看護師さんに「梅干を一つだけ、食べてもいいですか?」と細々聞いていた姿を見たとき、叶わないものなど殆ど何もない この現代において、父の発したこの言葉は、末期癌の現実を物語っているようで切なかったです。看護師さんに「ダメですよ」といわれましたが、私は内緒で食 べさせました。とても嬉しそうな顔をしていたのが印象的でした。

葬儀の間、断片的に色々な思い出が溢れかえってきました。
父の口癖、仕草、笑った顔、怒鳴った顔、淋しそうな姿……。
不思議とどれも病気になる前の父です。

一番鮮明に蘇ったのは、私が高校2年生の時のこと。

「パパとデートして。パパとデートしてして」それが父の当時の口癖でした(笑)。勿論、私はそういう父が疎ましかったです。けれど、交換条件を提示してデートの約束を交わしたこともありました。
「じゃあ、デートしたら洋服買ってくれる?」
お洒落を楽しむ年頃の私が出す条件に頷きながらも、父は負けじと更なる要求を口にするんです。
「いいよ。そのかわりパパと手を繋いでね」と。
学校帰りに徒歩圏内の表参道で待ち合わせをし、一緒に明治通り沿いの路面店に入って、たんまりと服を買わせました(笑)。
父はセンスがないくせに「これは?これが似合うよ」とか「あ、これも似合いそう。ほら着てごらん」などと口を挟みまくり、試着室で着替えている間中、店員さんに「うちの娘は何でも似合うから、困るよな~」などとしつこく話しかけていました。

結局父が選んだ服は却下。
店を出ると「大きな紙袋を持っているから無理!」という理由で手を繋ぐ約束を破ってサッサと歩く私に、笑いながら
「パパ疲れたよ~。ご飯食べようよ~」と言いました。
仕方なく二人でレストランに入り、イカ墨パスタを注文して食べました。
父は運ばれてきた真っ黒のパスタに驚いて、一口食べた後、今度はその美味しさに驚いて、真っ黒になった口をあけて笑いました。

「はは。江戸時代のお歯黒だよ。これじゃ」
私も大声で笑いました。

帰り道、車の中で「パパのタバコ買ってきて」と財布を手渡され、車を降りて自動販売機の前でそれを開くと、中には1000円札が一枚だけ……。少ないお小遣いは、私とのデートですっからかんになってしまったのね。そう思うと、少しだけ父が愛おしくなりました。

パパ、今までありがとう。 パパ、さようなら。

私らしく明るく前向きに生きていくので、皆様心配は無用です。それが今私にできる親孝行ですから。

★ここで長生きの秘訣を一つ! 癌検診にはまめに行ってください。私も勿論行っていますよ!

でも、そんな時でも、この方は全然いい子ではありません(怒)。


そんな顔にだまされませんよ!


ううん、全然可愛くない!


チチのスーツ、ビリビリに破いたからよ(怨)!!

ズボン。。。トホホ。


上着。。。(涙タラタラ)


ゆずちゃん、弁償してください。

★おまけ★

今日のゴロ君^^


こちらはとてもいい子です♪

スポンサーリンク





コメントを残す




*