3 スマイル


昨日の続きです。

里親が決まりかけた頃に判明した、前の飼い主とクーちゃんの詳細には、私もチチもとても戸惑いました。何よりも一番ネックになったのは「年齢」「病気」。 病気については、判明するたびに里親様に連絡し、ご理解を頂いたのですが、里親掲示板に「4歳過ぎ」と載せていた為、それより上回る年齢と知って、どう伝 えればいいのか分かりませんでした。チチと話し合った末、「何もかも話そう」ということになり、クーを連れて里親様のお宅を訪ねました。里親様は「(リン)」という素敵なお名前を用意し、ケージやグッズを準備してくださっていました。だから余計に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。でも断られたら、我が家で引き取るつもりだったので、迷いは全然ありませんでした。

着いて、年齢や経緯を伝えると、里親様は一瞬、驚いたようでした。
やっぱりダメか……と思った矢先、奥様から出た言葉は

「あ、じゃあ、フードを用意したんだけど、すぐにシニア用に変えますね」

「ええ? いいんですか? 色々病気もあって、若くないのに……」

「ええ。いいんですよ。だって私たちは凛ちゃんが好きだから」

この家以外に凛を幸せにできるお宅はない。そう確信しました。その日はいったん連れて帰ることにして、去勢後の抜糸を済ませて改めてお届けすることに。

最後の日、一緒に居た2ヶ月間を思い出し、涙が止まりませんでした。いつもは、足元に居た凛が、この日はなぜか目覚めるとベッドで寝ていました。私の横で寝息を立てる姿は、大きな赤ちゃんのようでした。

「ありがとうね。ずっと永く生きるのよ」

★ここからは、新しいお家でのⅩ30凛君です★
スヤスヤ寝ていて可愛いね

凛と同時期に里親様のお宅に引き取られた、雪ちゃんと(黒柴♀)

雪ちゃんは多頭飼育崩壊現場より救い出され、ボランティアを介して新潟より、大雪の中埼玉県(里親様のお宅)にやってきたんです。最初はちょっと臆病でしたが、里親様の懐ですぐにいきいきと暮らすようになりました。凛、雪ちゃんの後ろで満面の笑み♪

キッチンに立つお父さんにおねだりをする食いしん坊達^^

美しい散歩道にて

お庭の花々に囲まれて

私の大好きな一枚。幸せそうに笑っています。

そして、もっと大好きな一枚。なんて笑顔!!

凛ちゃんが里親様と暮らすようになって半年が過ぎましたが、里親様のお宅がチチの実家と近いこ ともあって、何度かお邪魔して一緒にお散歩をしました。里親様ご夫妻&凛&雪ちゃん&チチ&私で行くのですが、いつも一時間以上は歩き続けるコースです。 凛と雪はへっちゃら。どんどん先へ進みます。でも、チチと私は次の日必ず筋肉痛になり、自分達が日頃いかに運動不足であるかを思い知って反省するはめに (汗)……。

{おまけ}

手作りのお弁当を持参し、先日泊まりに来てくれたときの一枚

煮干でだしをとった野菜が美味しそうで、チチが羨ましがっていました(笑)。チチ、「君、いつもこんなにいい物を食べてるの? 少し食べていい?」って。とっても楽しい一日でした。里親様ありがとうございました♪

あと、凛は色々と病気が発覚したのですが、お渡しする前に、精密検査をした結果「癌」ではありませんでした。

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す