いつでもおいで


「どうするの。」

「どうする?」

そういう話し合いが、何日も前から続いていて、その都度私たちは、答えに辿り着けずに立ち往生しました。本当は正しい答えなんてないのかもしれない。そんな気がして。

月曜の夜、ずるい私たちは、一向に答えに辿り着けず、とうとうクロ自身に決めさせるという手段を取りました。

クロ、お前はどうしたい?

お前がここに居たければ、お前はここに居るべきだし、出て行きたければ、そうするべきだよね。最初、1本の注射だけと言って保護したのに、気がついたらも う11日。その間に6回の点滴を済ませ、ワクチンも打った。クロが居れば居るだけ、クロの存在が大きくなる。だからクロに決めさせるしかない、クロはどう したいのだろう。

ケージを開けて、5分待つ。
その間にクロが出て行ったら、それはクロの意思だと尊重して、これからも変わらぬ気持ちで見守り続ける、必要なら何度でも、そう何度でもクロを保護して通院させる、クロがそれを望んで店へ通って来てくれる限り、私たちを求めてくれる限り。

会社帰りのハハ妹と一緒にケージを裏口へ運びました。

クロはくつろいだ表情で、動くケージの中で足を投げ出していました。

「さあ、開けるよ。いいのね。」と投げかける私に

「いいよ。」とハハ妹。

店の従業員のおじさんも居ます。

ケージを開けました。

クロがのそっと起き上り、ケージの中から外へ飛び出す。
いや、飛び出すという表現とはちょっと違いますね。悠々と出て行ったという表現の方がしっくり来ます。そのまま無人の神社の方へ一直線に小走りで消えていく。足取りは悪くありません。深い病みから立ち直った様子でした。

その姿が闇に溶けて消えかけた頃、

胸にこみ上げるものを抑えきれず、思わずクロ!と叫びました。

あああ、

私はきっと、あの瞬間を死ぬまで忘れることはないでしょう。
まるで映画のワンシーンのような瞬間。
胸の奥底が痛み出す、その痛みは、どうやっても表現できない種類の痛みだけど。

私がクロの名を呼んだら、クロは振り返って立ち止まりました。

まるでスローモーションのように鮮明で、クロは確かに私たちを見つめて、又向き直って闇へ消えた。耐え切れずハハ妹が号泣する横で、普段は無表情の従業員 のおじさんが泣いていました。どうしてお前は泣くんだよ、そうハハ妹に投げかけた言葉は、明らかに虚しく響き、私自身も溢れてくる涙を拭えずに立ちすくん でいました。

クロは出て行く事を選んだけれど、

実は今日、早速店へやって来て、かつおをたらふく食べました。

クロはクロに戻っただけ。いつものクロに。

私たちが、何年も前から知っているクロに。

逆に言えば、クロはクロに戻ってくれた。私たちへ恐怖を示さず、信頼して店へ食べに来てくれた。冷蔵庫の整理をしたババ(母)は、クロが来ると黒字になると言って、クロ専用のスペースを作ってお刺身を並べました。その姿が、少し可愛いと思いました。

皆さまにご心配頂き、申し訳ありませんでした。

野良だから放したのではないということだけ付け加えておきます。成猫だから放したわけでもありません。私は野良猫の成猫も数多く里子に出してきたつもりで す。ただ、クロという猫は、うまく説明できませんが、クロという猫は、つまりは孤高の猫で、自分を持っていて、傷ついてもその姿を貫こうとする猫なんで す。私自身、放して正解だったかどうかなんて分かりません。クロにとって何が幸せなのか、ずっと考えてきたつもりですが、よく分からないのです。だから 次、何かあったらその時は、クロを尊重せず、放さないかもしれません。今回に限っては、クロがそう望んだと、クロがそう望むならそれがいいのかもしれない と家族で話し合って決めました。

クロ、いつでもおいで。

冷蔵庫にクロ用のスペースを用意したからね。

それから、今日は忠太を連れてももママちゃんの 家にお世話になっている忠太の妹ちゅちゅに会いに行きました♪ちょっと事情があって、無理言ってももママちゃんに時間を作ってもらったんです。ももママ ちゃんありがとよ。その様子は次回UPするとして、ももママちゃんからクロへのお土産を頂き、そのメッセージカードを読んで感動しました。ここに書いたら 怒られるかな^^;

でもいいや、書いちゃえー!

のらクロちゃん

少しでも元気になってね

お口に合わないかもしれないけど、

よかったらたべてね!

強くて、カッコイイのらクロちゃん、

命ある限り輝いていてね

ももママちゃんに救われた子は幸せだな。そしてももママ家の保護犬を希望した里親さんも、幸せだなと思わずにはいられない温かいメッセージ、ありがとね!

☆☆☆おまけ☆☆☆

歌うぬ子が続いちゃいましたよ~(笑)。うふふ、お待たせしてごめんなさーい!(爆)

ぬ子が歌う理由!それはこれでした!!


大好物のかつぶし。まずは歌う美しいお姿をご堪能あれー!(自信たっぷり!)


可愛すぎる。


眩しすぎる。


歌うぬ子、ダイエットなんてなんのそのの大物です!
今日もこのお姿にやられてしまい、かつぶしをちょこちょこあげてしまったダメな母親でした^^;

あまたんサイコー!!!

「お母さんー」


「お母さんアブナイね。」


「あの。」

「あまたんとハハはほっとくとして、クロはとりあえず元気になって良かったね。外の過酷な環境でぼくより長生きしてるクロ、これからも困ったらいつでもハ ハを訪ねて店においで。みんなクロが大好きだって!ももママちゃんもありがとー!ハハが感動してたよ。クロもきっと喜ぶね。猫さん同士だからぼくには分か るよ。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

703号室かつくん&なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*