703号室の男子たち


今日は大きく生活のリズムが壊れた一日でした。大掃除の予定で、朝から掃除しまくって、床を濡 れ雑巾で拭いたり、溜まっていた洗濯物を片付けたりと、そりゃもう、一人で大忙し。夕方、耐え切れず昼寝をしてしまったら、なんと3時間も眠ってしまいま した(汗)。私って、超ぐうだら^^; でも今週は火曜位しかゆっくり出来なかったので、掃除だけでも終えられて良かったです。

ビリーは夜中やりました^^;

ビリーを踊ってる間、べべとナナとリルとほほとあまたんと忠太(全員)が邪魔ばかりするんですよね。邪魔するくらいなら一緒に踊ってくれればいいのに。孤独だから。

今日は、703号室の男子ネタを。

ほほを椅子に乗せて、自己紹介してもらうことに。


はい、ほほ、お願いします~♪


「ぼき ほほ。 きょーもあんてな ぴーんと たってまち。」


そうだよね、ほほはアンテナがピンと立った猫さんなのよね。そのお顔、多分世界で一人しか居ないよね(笑)。本当に猫さん?って思うくらい面白い顔してるよ^^

「あの~」

「ぼき ちゅーた。 きょーもあんてな ぴーんと たってまち!」


ん?何だ?

「何でもない。」


「何でもないってば。」


「ちょっとやってみたかっただけですから。」


笑。忠太もアンテナがピンと立ってて可愛いでしょっ。やらせ感十分の写真ですが^^;

もうお顔の周りの毛が伸びて来たのでカットしてあげなくては(自信ないな。。。遠い目)私、カットとか凄い苦手なんですよね。このままでもいいんだけど、 せめてお目目の周りの毛だけでも…。でも、暴れるんだよな。。。目にハサミが入ったりしたら大変だからプロにお願いしようかな。でも顔の周りだけならプロ にお願いするまでもないのかな。うーん、どうしよう。

「ちゅーたん ぼきの まねは やめてくりさい。」

☆☆☆おまけ☆☆☆

あるぬ子がお歌を歌っています。


それはそれは、この世の生き物か?と思うほど可愛いお顔で一生懸命歌っています。
お目目は宝石のように輝き、少しまるみを帯びたボディは、癒しの象徴。ピンクのお鼻、お口、肉球たちは私の麻薬。このぬ子を見ているだけでハイになれる(笑)。誰が何と言おうと、このぬ子は、かなりのイケメンです(笑)。整い過ぎです。

お歌も上手。このぬ子のお歌を聴く度に心は生きる炎を宿します。


このぬ子、何故そんなに熱唱するのか?!


いったい何の歌を歌っているのか?次回を乞うご期待!


え?どーでもいい?
そんなこと絶対に言わないでくださいね~。
どうでも良くっても続くんですから!(爆)。

「今日はくだらないね。今日来てはずれだわ、って思う方も多いと思うけど、ハハってそんなもんだから…。あまたんはぼくとたくさん共通点があって、ハハは ぼくを重ねてみるところもあるのかもしれません。でも、ぼくはぼく。あまたんはあまたん。ちゃんと違う猫さんだっていうこと、ハハは分かっています。共通 する部分を見つけるとハハは喜び、まったく違う部分を見つけてもハハは喜び、だからつまりは、何でもいいんだよね。

ぼくがこの世を去ってから、ハハは毎晩安定剤を飲み続けているけど、あまたんがやってきたおかげでその量が減ったのは事実です。あまたんはぼくの部分を埋 めることはできない。ぼくはぼくだから。でも、あまたんは自分の場所を探してそこを占めて、その部分で一生懸命生きているんだよね。その点はほほも一緒だ ね。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

703号室かつくん&なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*