ウイリアム家へようこそ


忙殺寸前で、更新が遅れました。楽しみにしてくださっている皆さま、ごめんなさい。今日やっと歯医者へ行けました。治療目的ではなく、定期的にスケーリングに通っているのですが、ちょっと間があいてしまいました。キレイキレイしてもらって、さっぱりです♪

さあ、明るくいきましょう。

ウイリアムのお家を紹介しますよー!

外観はこんな感じ。まだ新築の香りプンプンです。
クリックすると元のサイズで表示します

家族構成は、ご夫婦&高校生の息子さん、中学生の娘さん。お子さまがいるご家庭にとって、犬猫の位置づけは「ペット」である場合が多いですよね。もちろ ん、すべてのご家庭をさしているわけではありません。お願いだから、こんなんで、気を悪くしないでくださいよ(笑)。私は犬猫をこよなく愛する女なので、 わがままですが、彼らを、「たかがペット」と考えるご家庭とはご縁を感じないのです。

でも、ウィル家はまったく違います。

ご家族にとって、ウイリアムは、いくらでも替えのきく「ペット」ではなく、かけがえのない「家族」です。でなければ、うるさすぎる私とのやり取りに、到底我慢できるはずがありませんよね(笑)。

ウイリアムのママさん&ご主人さまとは、私の寿命の限りおつきあいさせていただくと思います。私はお二人の人柄に惚れこんでいるのです。決してお世辞ではありません。本心です。

お届けが済み、最後のご挨拶をしました。

「これから、お金も手間もたくさんかかるかもしれませんが、ウイリアムをよろしくお願いします」

するとご主人さまは、こう返してくれました。

「ええ。家族ですから、もちろん」

それは清らかな水のように私の全身を潤わしてくれました。単純明快な言葉ですが、私がもっとも望む一言だったのです。

素晴らしいのは親ばかりではありません。ウィル家のお子さまがた!!

ウイリアムなしで、はじめてお宅へお邪魔した時、ウイリアムの検査結果報告書を手に、熱弁をふるう私の横にはりつくように座っていた息子さん&娘さん。

若い人には退屈な話だろうと気づかってフォローしました。

「ごめんね。こんな話、よく分からないよね? 退屈でしょ?」

すると息子さんが意外な言葉を口にしたのです。

「いいえ。説明していただいていること、よく分かります。分かりやすいです。大丈夫です」

大人たちの長い話し合いの中に身を置き、姿勢ひとつ崩さない高校生、中学生。しかも感心したのは、息子さんが「自分の言葉」で話をしていたことです。

挨拶もまともにできない子供たちが多い中、いったいどうしたら、こんな青年少女に育つのか?
親の顔をまじまじ眺めてしまいました(笑)。

あ、つい語っちゃった^^; 長くなってしまいましたね。

さあ、ウイリアム専用のお部屋へご案内しますよ!
クリックすると元のサイズで表示します

ケージは私のお願いで準備していただきました。最初はこの方が落ち着くからです。ウイリー、この時はまだ、固まってますね^^;
クリックすると元のサイズで表示します

正装用の? ちょこ襟発見っ!! ウイリーのネクタイ姿、イケてるんでしょうね^^
クリックすると元のサイズで表示します

トイレやお風呂にいたるまで、家中の窓に脱走防止対策が施されていました↓
クリックすると元のサイズで表示します

防犯ロック、ブラボー!
クリックすると元のサイズで表示します

感動的だったのはこの柵。これ、ご主人の手作りゲートですよ!
クリックすると元のサイズで表示します

市販の動物用ゲートでは高さが足りないので、ウィルの安全確保のために自ら作っちゃったそうです。工程を見たのですが、チチ&私はさっぱり^^;

ウィル家でくつろぐ男。チチ、いつも同じ服でごめんなさい。ボンビーなの、うち^^;
クリックすると元のサイズで表示します

記念写真。顔出しの許可はもらってますからね。
クリックすると元のサイズで表示します

ウィルを家族として迎え入れることを提案したのは、ウィルのママさんですが、こんな仲良しご家族ですから、無論、家族全員が大大大賛成の良縁です♪

ウィリアムに会いたい方は、ママさんのブログをのぞいてね。ママさんは新しいカメラを買う貯金をはじめるんだとか(笑)。私も更新を楽しみにしています。ウィリアム、また会いに行くからね♪

ウィリアム家から届いた写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

王子は、すっかり甘えん坊ですよ
クリックすると元のサイズで表示します

以上、ハッピーウイリアムレポートでした^^

ウィル家からビールやら、
クリックすると元のサイズで表示します

人間用のおみやげやら、
クリックすると元のサイズで表示します

犬猫たちへのプレゼントをいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

この他、交通費やご寄付も……。どうもありがとうございました。

かつくん「Ⅹ153ウイリアム、改めておめでとう。ウイリアムを介してのこの縁は、703号室にとって勇気になりました。ウイリアム、ありがとう! ありがとう!

余談だけどハハ、お届け自体がウイリアムのストレスになると踏んで、事前にメールでウィルパパさんに交通渋滞情報を調べてもらったり、ウイリアムのケアを いつも以上にがんばったりしていたけど、あっという間に新しいお家になじんだから、拍子抜けしたって。ウイリアム、ハハの予想に反して、大物だね。でもま だまだ緊張しちゃう部分があるのが猫さんだと思うから、どうかゆっくりなれてね。これからいくらでも、時間があるんだから。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

703号室かつくん

スポンサーリンク





コメントを残す




*