家族としての未来


皆さま、怖い思いをさせてしまいましたね。ごめんなさい。私は犬猫大好きおバカですが、冷静な 一面を持ち合わせているつもりです。すべての人間が、自分と同じように犬猫を愛しているとは思いません。だから、気をつけてほしいのです。愛護の気持ちを 育む大勢の裏側で、犬猫を狙っている悪魔が実在します。念には念を入れた里親探しにくわえ、自分の犬猫は何があっても守り抜く。私にとっては、それが重要 です。

口で愛を伝えるのは、簡単です。

お前を思うからこそ、送り出すんだよ。さあ、外へ行っておいで。

思う存分、ひとりで散歩しておいで。

想像してください。
それは犬猫にとって、安全でしょうか?

徹底的に愛犬愛猫を管理することこそ、最大の情ではないですか?

今日はウイリアムの今後について。

4月11日に保護してから、もうすぐ4カ月経とうとしています。ウイリアムがお外で何年も苦労してきた姿を目の当たりにしてきました。保護当初は、ウイリ アムの人間不信に悩まされました。床のシートをビリビリにちぎられ、呆気にとられました。多尿多飲の原因を調べるために、バイトを増やしました。時間を費 やしました。泣きました。心配で胸が潰れそうでした。

かつと同じ病気かもしれない、そう考えただけで、食事が喉を通りませんでした。初期とはいえ、慢性腎不全を患っていることを知って、あたふたしました。もう、何度も、多分、100回以上、里親探しを断念し、うちの子として迎え入れることを考えました。

心配し疲れて、頭がどうにかなってしまいそう。ウイリアムが好きだから、離れたくない。

それでも、ウイリアムの幸せについて、深く考えずにはいられません。それが私の役目なのです。

このままうちの6番目の子として、生きていってもらうのが、ウイリアムにとって最善なのか。

チチの給料が下がってしまった我が家の将来、闘病中のベベにかかるお金や時間、保護活動とのバランス、撫でる手の少なさ、あれこれ、あれこれ……。

そんな渦中で、聞こえてきた言葉があります。

「ありのままのウイリアムくんを受け止めて、家族として生きたい」

耳を疑いました。

その言葉を聞いたのは、ウイリアムの体調が一番悪かった日だからです。

目が覚めました。答えが明快に見えました。

靄の中から、太陽が、ものすごい勢いで顔を出したようです。

かつと同じ病気を発していたら、私が引き取ろう。
もし、そうじゃなかったら、ウイリアムをこの方に託そう!

このまま体調を崩さなければ、ウイリアムは我が家を巣立ちます。

ウイリアムだけを抱きしめてくれる、ある家族の元へ。

まだ先ですが、お届け日も決まりました。
無事卒業できるよう、精一杯、ウイリアムのケアに努めます。私の元を巣立ってほしいし、私もウイリアムのような子を1頭でも多く保護する環境を作りたいから。

その家族とは、もう既に3度会っています。お渡し前に3度も会うって、慎重な私でも異例かも。なんと一度目は、ウイリアム抜きで、私とチチだけがお宅にお 邪魔して、お見合いをしたんです(笑)。移動がウイリアムのストレスになるかもしれない……双方がウイリアムの体調に配慮した結果です。

その方が生ウイリアムに会ったのは、それから数日後。その方の手がちょこっと写ってるでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します

ウイリアムが体調を崩し、MOMOペットクリニックで診察を受けた日です。大巻先生も私も、細かい性格ですから、恐ろしいことも平気で口にします。あの日の私たちの話を聞いて、お断りされるのは仕方ないと思いました。

でも、その方の気持ちはすでに石のように固まっていて、ぶれることはありませんでした。

何も知らずに里親を希望しているわけではないのです。何もかもを承知の上で、勉強を重ね、それでもウイリアムを希望しているのです。

私がウイリアムを保護した当初から、703号室を読みはじめたその方は、家族希望のメールをくださるまで、3か月近く、考え抜いたとか。だから気合いが違います(笑)。

昨日、家族でウイリアムに会いに来てくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

ご近所ではないのに、こうして会いに来てくださるのは、嬉しいですね。

あのさあ、べべ、主役はウイリアムなの(汗)。
クリックすると元のサイズで表示します

隠れちゃうかなと思っていたのに、ウイリアムは気持ちよさそうになでられているではありませんか! ご主人とは2度目ですが、お人柄のよいこと! 愛情と責任感の塊です。

ウイリアムが万が一にも脱走できないよう、対策を考えて、ゲートや窓につける柵の取りつけをはじめるそう。脱走防止についてはもう、あり得ないほどお願いしました。イヤな顔をするどころか、当然でしょう! の心意気です。

ウイリアム、頼むから体調を維持してね。

姉ちゃん、ぼくね、おなかすきすぎて体調わるいよ。なんかちょうだい……」
クリックすると元のサイズで表示します

遊びに来てくれた姉ちゃんに思いっきり甘えるあま山。姉ちゃん、あま山へのマッサージありがとう^^;

かつくん「すごいご縁だよね。ウイリアムが素敵な猫ってことは周知の事実だけど、猫の里親探しが厳しいこの時期に、卒業が決まるなんて。何もかもを受け入れてくれる家族ができるんだね。みんなで話し合った結果、お届けは大安か友引にするって。まるで結婚式みたい。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*