遺産


皆さまメリークリスマス♡

 

 

いかがお過ごしですか? 私は仕事をしていました。ケーキもごちそうも食べていません。

 

 

クリスマスらしいことをしたかったのですが、今年は断念。大掃除もパスするし、お正月のお出かけもしないです。ブログにも本年中にごあいさつや締めの記事などをいろいろ書きたかったのですが、年をまたぐかもしれません。楽しみにしてくださっている方がいたらごめんなさい。

 

 

コロナの影響で行事をやめるというよりは、おかげさまでお仕事もいただいているため、空いている時間はお子たちとのんびりしたいのです。じゃないと本気で忘れられる気がする^^;

 

 

そして、ますます日常を楽しみたくなりました。好きだった読書をしたり、DVDを観たり、1年ほど前から(自分比で)割と本格的に政治の勉強もはじめています。

 

 

2020年は、国にとっても個人にとっても苦難の連続でしたよね。仮に自分は潤っていても、周りを見渡すと困っている方、大変な思いをした方はいるはずですし。

 

 

コロナ以外にも、私は2回胸がえぐれる気持ちを味わいました。

 

 

12年半、我が家で共に暮らしたあまぱん(推定16~17歳)と、赤ちゃん犬の頃から関わっていて、15歳で家族に加わった高菜(16歳)との別れがあったからです。両方とも私にはキツかった。

 

 

高菜についてはこの記事でまとめています。お読みいただければうれしいです。

 

 

「高菜/幸せの703号室」

 

 

高菜とは2月にさようならしました。

aaeeeww (5)

 

 

高菜はうちのリルの実の兄なので、生きていれば今17歳です。

IMG_5316

 

 

猫トイレ内にハマってしまった一枚。不憫ですがかわいくてパシャリ

aaeeeww (6)

 

 

リルを見るたびに、心の中で高菜がよみがえります。

aaeeeww (7)

 

 

高菜とあまぱんを失ったあとにつづいているこの人生が、つまらないものだと感じることがあります。痛いです。傷がズキズキ疼く日もあれば、激痛の瞬間も……。

 

 

でも、痛みを含めたすべての感覚は、高菜やあまぱんが私に残してくれた貴重な遺産かもしれません。だんだんとそう考えられるようになってきました。少しずつ、少しずつ。

 

 

連日自宅で補液をしていたね。何年も何年も針を刺してごめんね。

aaeeeww (2)

 

 

あまぱんも痛かったよね。でも、いつも無抵抗で本当に立派だった。

aaeeeww (4)

 

 

ふふ。首の後ろが膨れてちがう生き物に……

aaeeeww (3)

 

 

あまぱんとは6月にさようならしました。

aaeeeww (1)

 

 

姿が見えなくて淋しいです。

 

 

私の腕枕で寝ていたあまぱんが恋しい。あまぱんがいないと寒いですよ。

 

 

あまぱんも高菜も私にはもったいないほど素晴らしいお子たちでした。

 

 

改めて、出会えたことに感謝しています。

 

 

皆さまも皆さまを頼りにしているお子たちと濃密なひとときをお過ごしください。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • ももしん

    日々、お忙しいところわざわざコメントをいただきましてありがとうございます。
    とても嬉しかったです。
    少しでも同じ考えを共有できたことだけでも、支えとなり優しい気持ちになります。

    具体的に何かを始められる時期では、まだ、ないですが。
    いつか動き出すときには、「好き」という気持ちをいろんな形に変えていけるように考えたいと思います。
    これからも陰ながら、心の中で応援させていただきたいです。
    愛は伝わり、共感できます。

    • anny703

      ももしんさま
      ありがとうございます。愛は伝わり、共感できますよね。
      素敵なお言葉だと思います。

  • ももしん

    初めまして。
    コメントは初めてですが、少し前から偶然見つけることができて毎日読ませていただいてます。
    保護犬を家族に迎えて過ごしていた時期もあったので、「保護」ということ自体に興味を持ち、まだ見るだけではありますが・・。
    ハハ様の、いつも前向きな明るい考えと行動にすごいなぁ~と思っております。

    今回コメントをさせていただこうと思ったのは、文章の一節にとてもドキっとしたからです。
    保護犬を昨年12歳で、亡くし気持ちの折り合いに波がある日々を送ってます。
    悲しみは、自分でどうにかするしかない・・時間が徐々に薄めてくれるだろうと自分なりに考えたりしてました。
    好きな気持ちは変わらないんだから、またいつか迎えることができたらいいな~とか
    いやいや、自分には犬を飼う資格なんてないんだ!とか、日々考えは変化します。

    そんな時
    『痛いです。傷がズキズキ疼く日もあれば、激痛の瞬間も……。
    でも、痛みを含めたすべての感覚は、高菜やあまぱんが私に残してくれた貴重な遺産かもしれません。だんだんとそう考えられるようになってきました。少しずつ、少しずつ。』
    !!!そうか!!!痛いんだ。遺産なんだね・・・と。

    悲しいとき、誰かに甘えたくもなるし優しい言葉をかけてもらいたい。
    それでも、悲しい。でも、仕事だったり親だったり日々の時間はこなしていかなければいけません。

    心の淀みを、すきっとさせてくれる魔法の言葉はないのかなぁ~と思ったりしました

    自分が、ネガティブなことを言ったら「そんなことないよ。だいじょうぶだよ」とか
    迷ったら導いてくれるような、言葉をかけてほしいとか・・・
    そんな都合のいいことは、あるわけないのに(笑

    ハハ様の、言葉で心の淀みがすこしだけ薄まりました。
    ありがとうございます。

    又、いつか好きな仔を家族に迎え入れることができる日が来ることを!
    悲しいことが、嬉しいことに上書きされていきますように!

    初めてなのに、一方的な長文ですみませんでした。
    一言、お礼をい言うつもりが(笑

    • anny703

      ももしんさま
      とてもうれしいコメントをありがとうございました。ブログは時間がかかるので、そろそろ潮時かな、やめようかななんて思っていたのです。
      でも、ももしんさまにそんな風に言っていただけてとても嬉しかったです。
      私もたいせつにしてきたお子たちとの別れを何度も経て、もう嫌だ、もう辛い、どうやってこの苦しみを乗り越えるのか?
      と毎日苦悶してきました。本当に苦しいことですよね。お察しします。ももしんさまと同じ思いの中で私も生きています。
      でもだからこそ、少しでも前向きに、自分を楽にできる考え方を模索しています。
      ももしんさまがものすごく苦しいとしたら、ももしんさまの愛犬さんはものすごく幸せだったと思います。
      だってこんなにも深く思われたのですから。
      これからも同じ痛みを抱えた者同士、どうぞよろしくお願いします。

      そしてお体を大切にしてくださいね。

コメントを残す