ウイリアムの検査結


昨日はヨチヨチ衆を連れて、MOMOペットクリニックへ行ってきました。その様子はまた次回UPしますが、みんな先生から「育ちすぎー!」って笑われるほど健康状態が良好でした。これも全部、献身的な母猫ミルクのおかげです。ミルクには感謝してもしきれません。

今日は延び延びになってしまったウイリアムの検査結果について。
クリックすると元のサイズで表示します

はっきり言って、ここまで検査をしたのははじめてです。うちの子たちにも、保護犬猫たちにもこんなに多くの検査をしたことがありません。なので、どう書い たらいいのか? 頭が軽くパニックで、うまくお伝えできる自信がありませんが、ウイリアムを応援してくださっている方々のためにも、できるだけ細かく書い てみようと思います!

★エイズ白血病検査2回→陰性

★高グロブリンとの因果関係を調べるためにFIP検査→FIPからくる多飲多尿ではないことが判明

★スクリニング(血液検査)→必要に応じて、各項目をはかり、計4~5回検査→グロブリンが7(普通の猫は5程度)と若干高い以外、内臓の値は異常なし

★グロブリンがなぜ高いのか検査センターへ依頼→腫瘍などから上がるグロブリンのタイプが否定されました。つまり、腫瘍があるからあがっているわけではないとのこと

★血液肝機能チェック→検査センターで細かく調べてもらった結果、異常なし

★猫の炎症マーカー検査→検査センターで調べた結果、異常なし

★尿のたんぱく検査→尿を保存して検査センターに出しましたが、異常なし

★ホルモン検査→T4、およびコルチゾールをはかりましたが、異常なし

★入院して水制限試験→24時間絶水させた結果、尿崩症などが否定されました

★検便→異常なし

★尿検査(院内)→4~5回おこないましたが、尿比重に大きな異常なし

★レントゲン検査→異常なし

★腹部エコー検査→腎臓を中心に診てもらいましたが、腎臓の形状や大きさに異常なし。また、エコーで確認できる腫瘍等もなし。ただ、腎臓の周りにほんの少 しだけ靄のようなものがありましたが、特にそれが病気だとは言われませんでした。「まあ、ちょっと注意しましょうね」程度。

↑ちゃんと全部読んだ方いますか?(笑)

証拠として、検査結果報告書などを一部提出します まだこの他にもあるの^^;
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

これ以外にも多分検査しているんですが、もう覚えていません^^; メモを取ったり、家に帰ってからも整理したりしているんですが、とにかく、あらゆる検査をしたので、分からなくなってしまうんです。
クリックすると元のサイズで表示します

検査を繰り返した結果、多飲多尿を引き起こす病気はほぼ全て否定されました。グロブリンが他の猫より高い以外は、異常がないんです。正直、ウイリアムはす ごいと思います。ここまで調べているのに、なんら異常が見つからないのですから、ある意味、健康体ですよね。うちの猫たちはここまで調べてないですもん。 逆にここまで調べたら、健康に見えるあまたでも、何かしら見つかる気がします。
クリックすると元のサイズで表示します

ウイリアムが、クッシングなどの大病なら、私が引き取ってうちの子にしようと考えていました。その場合、今の私共の経済状況や、部屋数では、保護活動を減 らす以外ない、つまり不遇な犬猫に出会っても、もう連れて帰れなくなるかもしれない、そう思っていました。だからずっと苦しかったんです。ウイリアムを家 族にするっていうことは、他の子の可能性を絶つことだから……。
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、そうは言っても、街角で捨て犬やお腹をすかせた猫がすり寄ってきたら、無理を承知で連れて帰ってしまうでしょう。でも、無理が重なれば、この活動は長く続かない。だからとても悲しかった。ウイリアムをうちの子にすることが意味するのは、「無理」の一語だから。
クリックすると元のサイズで表示します

せっかく保護できたウイリアムの幸せを願えばこそ、ウイリアムがいるべき場所は703号室ではありませんよね。ウイリアムが大病じゃなくてよかった!! 大病がすべて否定されたわけですから、家族募集に力を入れられます。

もちろん、里親さんになられた方には、3か月~半年に1度程度、簡単な血液検査をしてもらいたいですが、里親さんに負担がかかるほどでもないので、私も気楽にお願いできます。

朗報もあります^^

以前、1日500mlを超えた飲水量は、現在350mlまで減っています。普通の猫よりちょっと多い量ですが、150mlも減ったのですから、すごいでしょ? 当然、尿の回数も減っています。

検査を繰り返す間、なんの治療もしていませんが、先生と相談して、腎臓フードに変えました。
クリックすると元のサイズで表示します

療養食は高いというイメージがありますが、ネットなどで注文すれば、普通のご家庭に大きな負担はありません。うちなんて、ベベもあまたも療養食なんですから。

どうして腎臓食にしたのかと言いますと、大巻先生の経験と勘と、今まで検査を繰り返した総合的な判断で、ウイリアムは初期の腎臓障害の可能性があるということなのです。

はい! ここで注目

ウイリアムは検査の結果、軽度または、重度の腎不全ではないことが判明しています。なので、軽度の腎臓障害を、腎不全だと思わないでくださいね。違いますから! ただ、ウイリアムに限らず、猫に多いのが腎不全。ウイリアムも将来、いつか腎不全になるかもしれません。その可能性は否定しませんが、今は違いますから、誤解のないようお願いします。

こんなに長くなっちゃったよ(涙)。

最後に2つ(2つも?)

①里親になられる方に、その犬猫の医療費の一部負担を任意でお願いすることがありますが、ウイリアムの検査費用などは、全額私が負担します。ウイリアムの足かせになるものは全て取っ払ってしまいたいのでね^^ だから安心してお問い合わせください。

ただ、ウイリアムがお婿入りした際には、未来の医療費や腎臓フードは、家族になられる方の負担となります。って、当たり前ですよね。家族になるわけですから^^

これだけの検査をしたことが、未来の糧になると信じています!!
これから毎度、こんだけ検査しなきゃいけないってことじゃないからね(笑)。

②あと、できる検査が2つあります。

1つは、腎臓にスポットを当て、針を刺して腎臓の機能を調べる検査。もう1つは、試験開腹。開腹して、先生の肉眼で腎臓の状態をみる検査。

いずれも麻酔を要するもので、ウイリアムに与える負担を考えると、気がすすみませんし、先生も、腎臓フードを食べてよい状態をキープしているのだから、無理にこの検査をする必要があるのか? と言っています。これ以外にできることは全てやったので、安心してくださいね♪

ウイリアムの検査結果については、MOMOペットクリニックの大巻先生が、細かく説明してくれるそうです。家族希望の方はぜひ、大巻先生と直接話してください。不安がなくなります^^ ただし、先生に電話する前に、まずは私に家族希望の旨を伝えてくださいね(笑)。

超、長くなりましたが、ウイリアムは元気よく家族募集を開始しまーす♪

皆さま、検査をがんばり抜いたウイリアムに愛と応援をお願いしまーす♪

「ぼく、元気いっぱいなのに、たくさん検査させられちゃったの
クリックすると元のサイズで表示します

ごめんね^^;
でも、大きな病気がないって分かって本当に嬉しいよ。ウイリアム、ありがとう。

かつくん「ハハ、一気に書いたから、皆さま混乱したでしょう。最後まで読んでくれてありがとうございました。ペコリ。

要約すると、大きな病気や異常が見つからず、どう考えても、腎臓以外思い当たらないんだけど、腎臓にも大きなダメージがない。念のため、ご飯を腎臓サポー トに変えたら、飲水量がぐぐーんと減って、効果があらわれた。つまりはそういうことなので、里親さんになられる方は、腎臓サポートフードを続けてくださ い、そして半年に一度くらいは、腎臓の値を調べるために、血液検査をおこなってくださいってことなんだよね。

それだけを書くのに、いったいどんだけ回り道をしたんだか、ハハは……。

ウイリアムの家族募集、がんばりますので皆さま応援してね。

ウイリアムだけのためにがんばるわけじゃないよ。ウイリアムの次に703号室にやってくる子たちのためにもね。ウイリアムが気になる方はどんどん問い合わせてね。

って、ぼくもちょっと長くなっちゃった。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*