チズちゃんありがとう


今日は雨でしたね。なんとなく気持ちが沈んだ一日でした。

 

 

保護猫たわしは無事に我が家を巣立ったので、その点はご安心ください。

 

 

時間はかかりますが、卒業記事でご報告します。

 

 

生活に対する不安が襲い掛かってきます。

 

 

チチが身近にいますが、チチが養ってくれているわけではありません。お互い自己責任。だから家の固定費をめぐる口論も半端じゃないし、このご時世、暗澹たる気持ちになります。

 

 

でも周りを見渡すと、やっぱりみんな苦しそう。

 

 

先日母の台湾料理店に絡めて(娘の私から見た)飲食店の悲鳴を書きましたよね。

 

 

あのあと、週に1~2度、母の店でお弁当を買っています。母の味が好きだし、潰れてほしくないし、私にできるささやかな応援を込めて車を走らせています。

 

 

飲食店は大変なんてもんじゃない。しかし店によってはデリバリーができる。

 

 

じゃあ、デリバリーのできない接客業の方たちはどんな思いをしているのでしょう。

 

 

例えばネイルサロンとか、エステとか、マッサージ、ヨガ、スポーツジム……

 

 

ヨガとスポーツジムは有料レッスンとして動画配信をするところも増えたと聞きました。では、対面が必要不可欠のネイルサロンやエステや美容室は? 無理ですよね?

 

 

お店を経営している私の友人たちや里親さんたちの顔が浮かびます。

 

 

笑顔が浮かんできます。次に落胆している顔が。泣いている顔も……。

 

 

そうすると胸が苦しくなるのです。

 

 

「置き換えもできない職業の人たち」の苦悩を想像するとたまらないですよ。

 

 

自分も含めてどうにか持ちこたえますように。

 

 

なにもやる気が起きず、悶々とiPhoneをいじっていたら、ヨガの先生をしているチズちゃんのフェイスブックの投稿が目に飛び込んできました。私がタグ付けされています。

InkedInkedIMG_1959_LI

 

 

大好きだって! 私もチズちゃんが大好き!

 

 

え、マジか。ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)を宣伝してくれています。

IMG_1960

 

 

チズちゃんの美しい笑顔が浮かんできて、私にもニコニコがうつりました。

 

 

ありがとう。すごいうれしかったです。

 

 

カメラマンのゆうこちゃんと私とチズちゃん

00001 (6)

 

 

滝川クリステルさんの財団が主宰するフォスターアカデミーの内輪飲みの日の写真。皆さま「犬猫の保護譲渡活動」に興味を持ち、受講をしてくださった方々です。私は立ち上げ当初よりベーシックプログラムの犬座学、または猫座学の講義(今は両方)を受け持たせてもらっています。

00001 (1)

 

 

事務局の松原さんも参加

00001 (4)

 

 

ニューヨーク州に長く滞在したチズちゃんは、ニューヨーク州やアメリカ全土の保護犬保護猫事情に詳しくて、このとき、メンバーに熱く伝えていました。

00001 (5)

 

 

財団の事務所を借りての交流会

00001 (3)

 

 

講師の私にもお声がけいただきました。

00001 (2)

 

 

ああ。楽しかったな。B7E7F145-4B90-4421-A2CD-96555C11387E

 

 

キツいキツい、苦しい苦しいだけの活動だと波及をうまない。

 

 

やる気になればだれにでもできるということを証明したくて個人でコンパクトにやってきました。

 

 

一頭一頭ですが、真剣に丁寧に取り組んできたつもりです。

 

 

楽しみながらやる、を前面に出しているものの、私だってそうじゃないときもある。

 

 

そんな意気消沈の日々がつづきましたが、チズちゃんのやさしさあたたかさに救われました。よし。まだまだ自分のペースでやるぞ。次は保護猫ココ玉の卒業をめざす!

 

 

ちなみに写真は昨年の7月のものです。

 

 

最近はいつもこのメンバーですから(苦笑)。

IMG_1961

 

 

皆さま生きづらい日々を生き延びてくださいね。

 

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*