マルクおめでとう2


※blogを連続更新しています。遡ってお読みください。

 

 

さて、マルクのお輿入れは5月22日。終了後別の用事が入っていた私は電車で伺いました。マルク家は山手線のとある駅から徒歩数分という立地のよさなので電車のほうがスムーズです。

IMG_0818

 

 

おとなしくしていてくれたおかげでスイスイ楽々。おりこうなマルクです。

 

 

「ハハ~ ここは?」

IMG_0874

 

 

「着いたの?」

IMG_0873

 

 

はい^^ お母さんに抱っこしてもらっているでしょう? マルクのお城だよ!

IMG_0865

 
ベルニくん、ソルトくんと暮らしている里親さんはもともと安全対策が完ぺき!

IMG_0834

 

 

玄関はこのとおりです。

IMG_0885

 

 

一部しか撮れませんでしたが、ほとんどの開口部に柵などがつけられていました。

IMG_0839

 

 

保護主側としてはありがたい限りです。

IMG_0843

 

 

オシャレなカーテンをめくると……

IMG_0837

 

 

窓ロックも使い、きちんと脱走防止されていました。

IMG_0844

 

 

キャットタワーにのぼるマルクを想像してニマニマ♪

IMG_0835

 

 

「だれですか?」

IMG_0855

 

 

ふふ。長男兄発見! マルクが妹としてお世話になります。よろしくね。

 

 

里親さんちは屋上まで入れると4F建ての分譲の戸建て。建築士を入れて自由に設計したとのこと。階段が多い造りは上下運動が好きな猫にはたまらないですね。

IMG_0828

 

 

マルクは3Fの空き部屋(マルクルーム)からスタートします。

IMG_0825

 

 

かわゆい専用ケージ

IMG_0830

 

 

うらやましい環境だねえ。私がマルクになりたい……

IMG_0883

 

 

到着早々、大物マルクはさっそくお水をグビグビ

IMG_0832

 

 

すごいねあなた……どこででも生きていけるわ♡

IMG_0869

 

 

ちなみにこちらはマルク部屋の腰高窓

InkedIMG_0821_LI

 

 

鉄網を窓の格子に連結させてあるからすんごい丈夫なの↓

IMG_0819

 

 

大きく開かないよう、ロックも併用しています。みなさん考えますね~!

IMG_0822

 

 

マルクが落ち着いたところで、人間たちは再び2Fのリビングへ

IMG_0852

 

 

譲渡の手続きと楽しいティータイム(ごちそうさまでした)

IMG_0854

 

 

里親さんがノラスタをお求めくださっていました。嬉しすぎます。

IMG_0860

 

 

サイン本の完成

IMG_0858

 

 

マルクにかかった医療費のほかプレゼントをありがとうございました。

IMG_2161

 

 

先住兄さんたちとの馴染ませ方については私もいくつかアドバイスしましたが、結局は里親さんの想像力や柔軟性が必要不可欠です。(里親さん、先住兄さんたち、マルクの)家族が一丸となって一歩一歩確実にほんとうにがんばりました。

IMG_1164

 

 

里親さんから送られてくる写真を見て私はいつも思っていたんです。

IMG_1430

 

 

こういう方こそ保護猫と暮らすべきだ、と。

IMG_1682

 

 

皆さまも同感ではないでしょうか?

 

 

写真や文章では伝えきれませんが、なんというか責任感の塊のようなお人柄です。

 

 

清潔で恵まれた環境のもと、マルクはのびのびと育っていくでしょう。

IMG_1815

 

 

末っ子として寵愛されていますよ。

IMG_1163

 

 

遊びにきたお母さまに撮ってもらったという一枚(笑)。いいですね。最高♡

InkedIMG_2760 - コピー_LI

 

 

※卒業記事については里親さんの了解を得ています。

 

 

派手なことはできなくても、私も確実に日本を変える活動をしています。譲渡レポートが私のようなどこにでもいる「個人」の胸に響き、行動の勇気となることを願って。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ280マルクおめでとう。動きが激しいから写真が撮れないって里親さんが嘆いていました。天真爛漫にお兄ちゃんたちとワイワイ飛びまわってね」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*