ルース1


皆さまこんにちは。本日は5月8日にタイムスリップします(涙)。

 

 

「みなさん わたしをおぼえているかしら?」

1 (2)

 

 

ごめんなさい。

 

 

私がモタモタしていたせいで卒業記事が遅れ、新たにブログを読みはじめた方はこの子を知らないかもしれません。保護犬ルナ、改め「ルース」といいます。

 

 

ルースの元飼い主さんは病気でお亡くなりになり、13歳のリリ子と5歳のルースはかかりつけだったemi-goの病院へ引き取られました。二匹をemi-goより託された私は、リリ子を友人の豆さんに紹介し、家族として迎え入れてもらったのです。リリ子と暮らしはじめた豆さんは、ルースのことも気にかけてくださり、熟考の末、リリ子とルースの2匹と暮らしていくことを選択。

 

 

ルースはリリ子より1か月半遅れで豆さんの愛娘になったのです。

1 (1)

 

 

リリ子とルースの関連記事をぜひお読みください。前の飼い主さんにどれだけ愛されてきたか、豆さんがどんな方かわかっていただけると思います。

 

「リリ子のお茶会/幸せの703号室」

 

「リリ子の未来1/幸せの703号室」

 

「リリ子の未来2/幸せの703号室」

 

 

ルースはほんとうに性格のいい子です。天真爛漫、快活、何ごとも一生けんめい。いっしょに過ごした私に元気をたくさんわけてくれました。

 

 

萌えポイントのひとつがまんまるボディ(現在ダイエットをがんばっています)

1 (5)

 

 

だれとでも仲よくなれるルース

1 (7)

 

 

みんなからたくさんかわいがってもらったよね♡

1 (4)

 

 

正直な話、リリ子もルースもうちのべべ公に似ていて離れがたかったです。

1 (3)

 

 

しかし私は自称「別れのプロ」。譲渡に関しては私的な感情を自分の奥底にねじ込むのが特技です。それに豆さんと私はちょくちょく会える仲なので、リリ子とルースの存在を身近に感じています。

 

 

ありがたいですね。

 

 

ルース、私がリリ子姉の待つ場所へ案内してあげる^^

1 (6)

 

 

豆さんがプレゼントしてくださったお洋服に身を包んで出発♪

1 (8)

 

 

ふふ。似合う~!

 

 

ルースとリリ子の数か月ぶりの感動の再会? の短い動画をご覧ください。

 

 

※敷地内の密室のガレージですので、ノーリードでも外へ飛び出せません。

 

 

ふたりとも嬉しそうでしょ? リリ子がスリムになっているのもわかりますか?

 

 

お家の中の写真と近況写真は次回へつづきます。

 

 

卒業記事の更新速度が実際の譲渡活動に追いついていませんが、週に1、2度はお届けレポをUPします。申し訳ありませんが生あたたかい目でのんびりとお待ちください。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • ハハ様、リリ子とルースに巡り合わせて下さりありがとうございます。
    リリ子とルースが来てから時間がとても豊かになりました。リリ子とルースが来る前は、猫たちのお世話が終わると少し遊んでもらって、猫たちが飽きると置いてきぼりでしつこくすると怒られていました。
    リリ子とルースはご飯やお世話が終わっても、遊んで遊んでとやって来てくれて、仕事の疲れも飛びますね。よしよし夜のお散歩に行こうねと言うと、わーいと答えてくれます。リリ子もルースも明るくて素直で、びっくりするくらい素晴らしい子たちです。

    • anny703

      豆さま
      わーいと答えるふたりの姿が目に浮かぶようです。
      私は一頭ずつの預かりでしたがあれがふたりでやってくるとたいへんだろうなあと思ったりもします。
      でもかわいいんだろうなあとも。とても素敵な女の子たちですよね。
      またお顔を見に行きますね。たいせつにしてくださりありがとうございます。

コメントを残す




*