丸抱えの醍醐味


※ブログ連続更新中

 

 

マイハニーの中年さぶを近所で保護してから4年8か月が経ちました。

IMG_2165

 

 

 

来た当初からさぶは変わらず慢性腎不全の治療をつづけています。

 

 

つまりずっと闘病の状態なのです。さぶは治療をよくがんばってくれているので、4年8か月前の数値をほぼキープしています。すごいし、ありがたいです。

 

 

私はさぶに惚れ込んでしまったため、持病を理由に手元に残してしまいました。

 

 

ご存知さぶはうちの末っ子です。

IMG_8623

 

 

 

でもときどき、思うんですよ。

 

 

猫の慢性腎不全は多いじゃないですか。

 

 

慢性腎不全の猫を引き取る方が増えれば、彼らの活路は開かれます。

 

 

病気のない子たちと比べるとじゃっかんお金はかかります。

 

 

しかし1匹なら家計がひっ迫するほどの額ではないですよ。

 

 

闘病だらけの我が家は、死を間近に感じることがあります。だからこそ家族の「生」の一端一端が、私の人生にもたらせてくれる喜びは大きいのです。

 

 

もし健康だと決めつけていたら、私は常に家族をあとまわしにしてしまったでしょう。いて当たり前だったら、見落とすばかりだったかもしれません。

 

 

楽から学ぶこともありますが、苦から学ぶことのほうがずっと私の役に立っています。

 

 

「どうせ飼うなら健康な子がいい」

 

 

そういう声を耳にします。

 

 

そりゃそうです。

 

 

健康で甘えん坊でお利口で手がかからなくて……まさに理想。

 

 

けれど私は、さぶと家族になれてほんとうに強くなれました。

IMG_8622

 

 

 

さぶの病気はかわいそうですが、病気も含めて私はさぶがよかったです。

 

 

結局「強さ」が必要な局面では、お子たちに助けてもらったと思っています。

 

 

特に私は根気を得ることができたと自負しています。

 

 

闘病にせよ、人慣れの練習にせよ、一筋縄にはいかないです。

 

 

試行錯誤や忍耐を繰り返すうちに、内側が鍛えられた気がします。

 

 

死生観もじゃっかん変わりました。生より死を先に意識すると、生かされている喜びに気がつくのです。自分のこともそうですけど、お子たちのことは特に。

 

 

犬猫と暮らすうえで「癒し」もたいせつですが、自分を強くしてくれるお子たちの存在意義にはかないません。私は彼らの「お母さん」になりたくていっしょに生活しています。

 

 

母親ですから、丸抱えの醍醐味を味わいたいのです。

 

 

いろんな子がいる世界は美しい。

 

 

一色じゃないのがまたいい。

 

 

病気の子、ハンデを背負う子、人に心を閉ざしている子、みんなみーんな生きています。家族を求めるあらゆる子たちの赤い糸を願って。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*