黒いねこ


「ビーナスとシャロンにお祝いのことばありがとな。

黒い女子どもは大はしゃぎ。とくにシャロンのおてんばぶりがひどい。

まあ、キャピキャピしてていいんだけどな。

そういえば おれんちもね 黒ねこと暮らしてる」

hgoa

 

「ちょっと変わったねこで 一度見たら忘れないよ」

kotor

 

さぶの顔も一度見たら忘れないよ(笑)。

確かに……ビーナス&シャロンの正統派美女とはちがい我が家の黒猫はおもしろい顔をしています。

hen

 

特に、昼の顔がひどい(笑)。

ほほがまだ子猫だった頃は心ない言葉を浴びせられたこともありました。

「顔が気持ち悪い」

聞いたときは少しショックでしたが、お世辞にもかわいい子猫とはいえなかったです。

水頭症なんだもん。しょうがないですよ。

ほほは行き倒れているところを保護されました。

保護したのは、大昔私の保護猫2匹の里親になってくれた方です。

その方の家では飼えないということで、かなり強引に押しつけられました。

私も、里親さんとの関係性を考えるとむげに断れなかったのです。でも、保護依頼を受けたのは我が家の先代猫かつが亡くなる3日前だったので精神的にものすごくきつかったです。

当時も今も私は自分の子以外に目を向けることが多く、だからこそもうじき病死するであろうかつのラストステージに込める私の懺悔はすさまじいものでした。

かつはFIPウエットと死闘していました。わずかな希望にすがりあれこれ施すも、日に日に、一縷の望みすら持てなくなっていったのです。せめて最後は、全部をかつに注ぎたかった。そうしなければ私は、より多くの後悔を背負うことになるからです。

ほほの保護依頼が舞い込んできたのはそんなときでした。

これがほほの一番マシな写真です。

kiiti (2)

 

信じられないかもしれませんが、私はこの写真を勝負写真とし、ほほの家族募集をしようとしていたのです。それくらいこの一枚はよく撮れたものでした。実際のほほは……以下自粛。

ほほを迎えに行くと、保護した里親さんが待ち合わせのコンビニ前に立っていました。

私には笑顔であいさつを交わす余裕もなかったです。事務的にほほを受け取ると、その足で動物病院に向かいました。

余談ですが、子猫に障害がありそうだということは電話口で伝えられませんでした。

「すごくかわいい子猫を保護しました。うちは飼えないので田辺さんに引き取ってもらいたい」

聞いていたのはその程度。

かつのことがあったのでお断りしたのですが、あちらも飼えないの一点張りで。

いざ迎えに行くと、その方はこう言ったのです。

「こういう病気持ちじゃなければうちで飼ってあげてもよかったけど……」

なんだ。確信犯か。

怒りを通り越してキャリー片手にクスっと笑ってしまったのを覚えています。

連れて帰ったら、これがまた大変で。

hoho82

 

子猫は立ち上がれないわ、ぐったりしてるわ、水下痢を噴き出すわで大騒ぎ。

ほほには失礼ですが、当時は「死」を余分にひとつ押しつけられたようで苦しかったです。

それがほほに対する私の第一印象でした。

でも、ほほが見せてくれたのは「生」だったんですね。

kami (2)

 

ほほは「猫」として生まれ、「猫」を謳歌しています。

グルーミング中の子猫ほほ氏↓

hoho2 (4)

 

親ばかに聞こえるかもしれませんが、立派な姿です。

7年以上経ちますが、発作も起こさず元気に過ごしています。

我が家自慢の黒猫です。

ga

 

「ねぇねぇ ハハ~ でもさあーでもさあー」

hgtao

 

「いっぱんてきには ぼくのほうが ハンサムだよね?」

au

 

さあどうでしょう?

ごましおの方がハンサムかどうかは、わかりませんっ(笑)。

でもほほもごましおも、奇跡を抱いてここにきたんだとしみじみ思う。

ありがとうね。

いいものを見せてくれてありがとう。

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





6件のコメント

  • オレンジ

    そのような経緯があったのですね・・・ほほちゃん とってもかわいいですね!人が猫を選ぶのでなく猫が人を選ぶと思っています。ほほちゃんは703号室を選んでやってきたのだと思いますよ。

    • anny703

      オレンジ様
      そうですか。ほほが我が家を選んでやってきてくれたんですか。うれしいですね。そうだったとしたら。子猫の頃は里子に出すことを考えていたのですが、チチといろいろ話し合ったらチチが残したいと言ったので残すことになりました。
      今となっては良い選択だったと思います。多頭の我が家ですが、ほほに対する思い入れはとても深いので、これからもそれをほほに伝えながらお世話して行こうと思います^^

  • いむらん

    ここにくれば、心が洗われるようです。

    • anny703

      いむらんさま
      そのコメントを読ませていただき、心を洗いました。ありがとうございます。

  • ミミトマ

    ビーナス&シャロンWの吉報おめでとうございます!
    卒業記事も楽しみにしていますね(*^^*)

    マイ太郎さんの記事の後なので、胸が苦しかったです。
    色んな方がいらっしゃいますね…人間不信になりますね。
    相手の都合の考えず、自分の都合で確信犯的に命を押し付け、命を救ったと自己満足。(私の勘違いで、その里親さまとの関係が悪いものでなかったのなら、すみません)
    そんな中、澄んだ瞳で明日を生きることだけを考える動物達がいなかったら、精神崩壊してしまいそう。
    そんな経験をされながら、また人を信じて里親選び。時にはそこでも期待を裏切れたり。
    保護活動は心身すり減らす大変過酷な、でも尊い活動ですね。
    色々考えさせられました。
    ほほちゃん、またかわいいお顔沢山見せてね。

    • anny703

      ミミトマさま
      いえいえ。お察しの通りの感情です。その里親さんに対しては。あの時期じゃなければ精神的にもう少し余裕を持って聞けたかもしれないのですが、なんとなくあのごり押しが「ああこの方と私の縁はもう終わったんだ」との方向性に(苦笑)。ほほは一目で様子がおかしいとわかるほど様子がおかしかったので、かかわりたくなかったのでしょうね。
      まあしょうがないですよね。でもとてもかわいいのです。やさしくて強くてちゃんと歩いてちゃんと食べて、夜のくりくりの目のときは抱きしめたくなるほどあどけないお顔になるし^^
      まあほほの保護をめぐってのできごとだったのですがほほがいなかったらきっと恨みとかつらみとかそういう気持ちだけが残ったんだと思います。でもほほがいてくれたからまあもう終わりよければすべてよしと。
      いろいろありますね。うんざりすることが多いです。でもミミトマ様と出会いくるみの良縁を得て私は幸せです。
      いつもありがとうございます。存在してくださっているだけで励みです。

コメントを残す