かつくん2歳児


昨日はかつくんの2歳のささやかな誕生日パーティをしたの♪

本当は5月生まれと推測できることから覚えやすい日にしようと5月5日にしたのにハハが忙しいを理由に延期

でも、あいにくの雨だったけどまあまあ楽しかった

豪華な人間用のお刺身とかつくんのお刺身(左)↓↓

チチ『うおぅぅ~おいしそう!!一年ぶりのお刺身だぁぁ~』

ナナ『チチよだれ垂れてて貧乏くさい・・・

ベベ『食べていいの?』

ハハ『犬はだめ!』

ベベ『ケチ』

ハハ『かつくん おいで~ お刺身どうぞ

ハハ『おいちい?』

かつ『かつお入れた?』

ハハ『マグロとサーモン どう?』

かつ『まあまあ』

続いてチチ・ハハからのプレゼント↓↓

かつ『ありがと』

ハハ『うれし?』

かつ『うん。うれしい。』

チチ(満面の笑み)

ベベはずっと羨ましそう・・・

ハハ『かつくん。ヒヒヒ♪』

チチ『なにこれ?』

ハハ『ハハ手作りの蒸しパンだよ』

チチ『俺はいいや(逃)』

かつ『ぼくもいいや』

ハハ(ガックシ・・・)

べべ『じゃあ ちょうだい!』

ハハ『べべはグルメね♪』

こうして誕生会は無事(?)終わりました

今から2年位前、保護ボランティアkさんよりSOSがありました。
「ぼろ雑巾みたいにヨレヨレの子猫を保護して入院させたから里親探し助けてください」
子猫が退院する日、私は自宅へ移して一時保護するため、病院へ迎えに行きました。
第一印象は「あまり人気なさそう(かつくんごめんね)」
退院の手続きをしていると、院長先生がやってきました。
「FIV+(猫エイズ)だったよ。可哀想に。里親探しも苦戦するだろうね」
沢山の子猫を預かってきましたが、猫エイズキャリアの子は初めてでした。
その後色々なことがあり、良縁に恵まれず、ずっと我が家で暮らしていたため、わが子として迎え入れることになりました。

でも、5キロの(小さな?)体に、命をぱんぱんに詰め込んで、今も元気に毎日を更新しています。              ハハより

スポンサーリンク

コメントを残す




*