恩師たち


私のアマー(祖母)が天に召されました。アマーはフィリピンの元アキノ大統領に似ています。

keie (3)

 

 

 

私はアマーを母だと信じて疑いませんでした。私に日本語を教えてくれた恩師でもあります。

 

 

アマーの使う日本語は戦前の日本語教育のものだったので、それをそのまま受け継いできた私の日本語ももちろん戦前風(苦笑)。日本に来たばかりの頃は私の日本語がおかしいとクラスメイトに影で笑われていました。アマーはたとえば「風邪」を「感冒」、「トイレ」を「便所」というものですから、私が話すとこうなるのです。

 

 

「先生、便所に行かせてください」

 

 

「私は感冒ぎみです」

 

 

 

ふふ。なんかちょっとちがうね。

 

 

 

で、さんざん悩んだのですが、葬儀にはどうしても行きたいので、べべの体調が低下のときではありますが、来週チチに家のことをお願いして私は2日ほど台湾へ行きます。いくつかの予定をキャンセルしてごめんなさい。チチが私のわがままを快諾してくれて本当に助かりました。

 

 

 

アルバムでアマーを探していたらべべと私の若かりし頃の写真も出てきました。表参道にて

keie (2)

 

 

 

尻尾が長い!!

 

 

 

703号室の同窓会(ドッグラン)にて

keie (14)

 

 

 

 

体中がエネルギーの塊だったのがよく伝わってきます。なつかしいなあ^^

 

 

 

今夜のべべ

keie (8)

 

 

 

このふたりは仲よしです。

keie (10)

 

 

 

 

高い確率でいっしょにいます。

keie (4)

 

 

 

立場的にべべより下だったほほが最近強気です。

keie (6)

 

 

 

そんなほほがおかしくて私はプッと吹き出してしまうのです。

 

 

 

そういえばほほって昔から家の空気が暗くなると頭角を現し、なんとなくゆるーく雰囲気を和ませてしまう特殊な能力がある気がします。

keie (9)

 

 

 

いつも素のままでいてくれてありがとう。

keie (11)

 

 

 

トイレも落ちついていますよ。マーキングの回数が激減しました。お食事中の方、失礼っ!

keie

 

 

 

あまぱんも安定しています。今日もお薬と点滴をがんばりました。

keie (5)
 

そして、サク坊。首を傾げる姿がもうたまらんっ!!

keie (13)

 

 

 

聞いてください。今夜キッチンでごはんを作っていた私は、手に持ったかつおぶしにサクが反応するのではないかと心配で、フリーになっているサクに目をやりました。

 

 

頭の中でこう考えていたんです。

 

「どうしよう。ごはん作り終えるまでサクをケージに入れようかな?」

 

 

 

サクを見ながら悩んでいたら、サクが自分からケージに入ってくれたんです!!

 

 

偶然かもしれないけれど、口が開いてしまうほど絶妙なタイミング。だって椅子の上でくつろいでいたサクが前ぶれもなく突如タタッとケージに走っていったんですよ。信じられないですよ。

 

 

以心伝心ってこういうことかな?

 

 

今サクに密着する記事を書くために、iPhoneやカメラでサクの写真を撮りまくっていますが、注目すればするほど、サクの成長を感じます。今朝もあまぱんとペアで私の隣で寝ていたし。

 

 

ふと、サクもうちのお子たちもみーんな私にとってアマーのような恩師なんだと思いました。

 

 

 

生きている限り、変わりたい方へ変われる。伸ばしたいところを伸ばせる。努力すれば通じ合いたい相手と通じ合える。悲しむこと、喜ぶこと、とても多くのことを教えてくれています。

 

 

私はサクを幸せにしたいです。サクはたいせつな存在です。

 

 

 

サクに関心を持ってくださる方はご一報くださいね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • scout

    ●第3部●

      追伸:公開打診へのお返事が遅れてすみませんでした。
      SNSはFacebookもTwitterもほとんど閲覧専用で
      福島の被災動物や保護活動のフォローに使うのみで
      詳しい使い方がイマイチ良くわかっていません。
      リプにもさっきまで全然気づきませんでした。

      コメントについては私的過ぎる内容ですから
      何の参考にもならないだろうと私文書の形にしました。
      でも公開/非公開のご判断はハハさんにお任せします。
      公開されて困ることは書いていませんのでご安心ください。
    (※ またダラダラと長文になって恐縮です。
         このコメ欄、字数および1日に記載可能な
         書込み数も制限があるのでは?)

    • anny703

      scoutさま
      お心のこもったコメントありがとうございました。とてもうれしく拝見しました。
      アマーはどう思っていたのかわからないのですが、加齢と共に最後は認知症の症状が出ていて家族も手を焼いたようです。
      まだ元気の頃はずっと「台湾へは来ないの?」と言っていたのできっとさびしかったんじゃないかなと思います。
      私は不孝者で、自分の生活のことばかり考えてアマーに会いに行けませんでした。
      でも日本へしょっちゅう来てくれていたのでいっしょにごはんを食べたり買い物へ行ったり
      お小遣いを渡す程度の小さなことはさせてもらえて、本当に私とは縁の深い祖母だと思います。
      心の中にアマーがいるので、いつか再会できる日が来たら思いっきり甘え、甘えてもらうよう今をしっかりと生きていこうと思います^^

  • scout

    ●第2部●
    ●第2部●

    アマーさんはハハさんの日本での暮らしぶりをお聞きになって
    きっと安心して旅立てるとお思いになったのかも知れませんね。
    ハハさんもお子さんたちのお世話もあるのに無理を押して
    台湾までお出かけになり、ああしてお会いになっておかれたことが
    今ほんのわずかなでも心の慰めになっているのではないでしょうか?

    これからアマーさんは虹の橋に旅立ったお子さんと一緒に
    ハハさんやチチさん、703号室のお子さんたちを空から
    優しく微笑んで見守っていてくださると信じて疑いません。

    どうぞくれぐれもお力落としのなきように。
    これからも不遇な環境にある動物たちの声となって彼らを
    平和で幸せ一杯の恵まれた猫生犬生に導いてやってください。
    ハハさんとお友達の皆さん、素敵な里親さんたちに声援を送ります!
    台湾までの遠い空の旅が安全でありますように、そして
    御祖母様とのお別れが悲しくも満たされるものとなりますように。

    (続く)

  • scout

    ●第1部●

    ハハさんことアンニイさんへ

    御祖母様の訃報に心からのお悔やみを申し上げます。
    今すぐ最後のお別れに駆け付けたいお気持ち痛いほどわかります。

    去年お従兄弟様のご成婚を機会に台湾に帰郷されて
    御祖母様との久しぶりの再会を果たされましたよね?
    あのとき御祖母様がアンニイさんに会えて「奇跡が起きた」って
    それはそれは大喜びされて泣いていらっしゃったでしょう?

    私は思います。アマーさんはハハさんとの再会を心の奥底に秘めて
    誰にも言わずずっと長い間待ち続けていらしたのではないか?と。
    だからこそ再会が叶ったことを人生最後の奇跡とお受け止めになった・・・

    アンニイさんとの再会は故人の「最後の望み」だっただけでなく
    後に残される可愛い孫を後悔に苛ませない「思い遣り」だったのでは?
    その両方が充足された時、「これでもう思い残すことはない」と
    この半年を心安らかに満たされてお過ごしになったのではありませんか?

    (続く)

コメントを残す




*