10分更新 うちのお姑ちゃん


先日私は、年に一度か二度企画しているチチの両親への感謝祭を行いました。

 

 

 

両親が出やすいよう上野駅で待ち合わせすることが多いのですが、上野駅に向かう山手線の中でこんなもんを発見したのです。森絵都さんの「みかづき」の宣伝。ふふ。うれしい♪

osyuutome (13)

 

 

 

早めに着いたので、両親へ渡すささやかなプレゼントを選ぶことに。めがねコーナーにあった猫サングラスをかけ、キメています。こわい変態っぽい。

osyuutome (5)

 

 

 

予約した店に向かって歩いていると、ピンクの個人タクシーが目に飛び込んできました。

osyuutome (2)

 

 

 

 

つづいてマリオカートの大群が・・・・・・

osyuutome (4)

 

 

 

 

仰天・・・・・・なんか異様な風景。でもかわいい^^ どうか無事故でお達者で!

osyuutome (3)

 

 

 

今回は中華をチョイス

osyuutome (8)

 

 

 

めったにない機会なので好きなものを飲んでお腹いっぱい食べてもらいたいです。

osyuutome (10)

 

 

 

両親の誕生日、母の日、父の日をぜんぶ込めていますからね(笑)。

osyuutome (7)

 

 

 

 

姑ちゃんは「まあよく気の利くお嫁さんだこと!」とお世辞を言って誉めてくれました。

 

 

 

こういう前向きな言葉はすべて真に受けておきます。へへ。

 

 

 

チチと結婚するとき、姑ちゃんは内心複雑だったようで反対気味でした。けれど長い時間をかけ、お互いを知っていくにつれ、私たちはなんでも話せる仲になれたのです。

 

 

 

若輩者として嫁として行動で両親をたてるのは当然ですが、言いたいことを腹に溜めすぎず、私は両親に伝えてきました。チチを介してかばってもらうことをせず、自分の口、ときにはメールや手紙で直接やり取りしてきました。両親は最後にはいつも深い理解を示してくれています。

 

 

 

姑ちゃんは3人の子どもを育て上げたあと、ペットショップで出会ったアメショーのじゅんちゃん(16歳)と暮らしはじめました。子どもがみんな出て行ってしまってさぞさびしかったのでしょう。

 

 

 

姑ちゃんの心の隙間を埋めてくれたじゅんちゃん、ありがとう。

 

 

 

その後、埼玉県で譲渡活動している女性から保護猫たまちゃんを引き取り、3匹目のサンちゃんは数年前に姑ちゃん自身が外で保護したのです。現在はもちろん全員室内猫!

 

 

 

ちなみに嫁の私からは1匹も猫をもらってくれませんでした(爆)。

 

 

 

何年も前に一回だけ野良猫のことで電話がかかってきたのですが、当時私はてっきり、私の力を必要としているのだと勘違いし、現場に向かうことを考えたのですが、姑ちゃんは現場の住所を私にあいまいにして、捕獲方法のアドバイスだけを求めてきました。

 

 

 

さっそく捕獲箱をプレゼントすると、その箱で家のまわりも含め数十匹の猫をTNR。すごすぎ。

 

 

 

姑ちゃんは近隣に申し訳なさそうにコソコソとひとりでやっています。全額自腹。手術した子たちについては庭先でのごはんを保証し、面倒を見ています。みんなまんまるですよ。

osyuutome (11)

 

 

 

私がプレゼントした捕獲箱の近くでごはんを食べている地域猫さん

osyuutome (9)

 

 

 

上の2枚はだいぶ前に私が撮ったものですが、チチいわく、最近実家へ用事で行くと、家のまわりにコロコロに太った猫たちがたくさんいるんだとか。

 

 

 

チチと結婚したことを後悔した回数は数えきれませんが(あっちもかね?)、姑ちゃんのお嫁さんになれたことは私にとって幸運です。身内自慢してごめんなさい。

 

 

 

姑ちゃんは「個人」の力を身をもって見せてくれたすばらしい女性。

 

 

 

お父さんお母さん、ずっとお元気でいてください。

 

 

 

犬猫とは関係ない写真ばかりになりましたので、最後に本日のリル嬢のごはんシーンを

osyuutome

 

 

 

お母さんの作ったペースト食を食べてくれています。

 

 

 

ちゃんと食べた日は「白雪姫」と呼んであがめています。毎日なかなか辛い。

 

 

 

べべにも自作のペースト食をシリンジで与えています。3本ペロッと平らげてくれました。

osyuutome (12)

 

 

 

 

家族に感謝。家族はあたたかい気持ちにさせてくれる存在だから。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • kokoron

    annyさん、こんにちは!
    先日のにゃっ展「お話し会/保護について」でパートナーとともにお話を伺いました、kokoronと申します。
    その後の5月12日、捕獲機…ではなく、またも抱っこで、近所で遭遇した子猫(当時推定生後5週)を保護する機会があり、離乳もトイレトレーニングも済ませた現在、『ネコジルシ』サイトにて里親募集に挑戦しております。
    https://www.neko-jirushi.com/foster/85210/
    昨日デビューしたのですが、子猫のためか黒猫のためか、思っていたよりも早く数名の方にご希望をいただき、里親詐欺を念頭に置きつつ対応をさせていただいているものの皆さま飼い主としては申し分なさそうに感じられ、戸惑っております。
    こんなことなら、にゃっ展のお話し会で譲渡についてもお聞きすればよかったです……(^^;A
    拙いながら実際に里親さん募集も体験し、この体験を基盤にannyさまのお話をもっとお聞きしたい、という思いを抱いております。
    お忙しいことと存じますが、いつかまた、にゃっ展のような機会を設けていただければ、703号室ファンとしてこんなにうれしいことはありません。
    annyさまのおかげで、猫さんたちとより深く関わる勇気が持てたと感じております。一言、お礼と状況のご報告をさせていただきたく、コメントをさせていただいた次第です。
    これからもtwitterやブログを楽しみにしております。また、annyさまやチチさま、703号室のレギュラーメンバーさんたち、保護猫さんたちのご多幸を心からお祈りしておりますね(^-^)

    • anny703

      kokoronさま
      見ました見ました!!!!!!!!
      クー助ちゃんかわいすぎます。最高。写真もお上手。たくさんのお問い合わせ、納得です。
      良いご縁になるといいですね。
      もし具体的なアドバイスが必要でしたらにゃん太さんから私のアドレスを聞いてくださいね。
      ぜったいいいご縁繋がりますね。
      にゃっ展譲渡は魂を込めてお話ししましたので、是非聞いてもらいたかったですが
      機会がありましたらまたお話ししましょうね。
      パートナーさまもkokoronさまもステキで、お話しできて、お会いできて
      とても幸せな一時でした。
      クー助ちゃんの命を繋げたkokoronさまは心も外見も美しい女性ですね。尊敬します。
      お問い合わせ多数で悲鳴必至だと思いますが、がんばってくださいね。
      影ながら応援しています。

コメントを残す




*