出世魚なつこさん


「みなさんこんばんは わたしの名は【なつこ】 ほんとうの名です なつこという名にたどり着くまで わたしは出世魚のように名前がコロコロかわりました

 

 

最初は【さくら】

 

 

野良猫時代にごはんをくれた人がつけてくれたのです わたしは姉妹の花枝(かえ)とともに外でこっそり暮らしていました 未来は考えたことがありませんでした その日その日を生きることに わたしもかえも精いっぱいだったのです

 

 

 

保護時は【洗濯ネットの子】または【ベールに包まれたきみ】

img_5874

 

 

 

これはわたしの保護を決めたハハさんからの呼び名です たくさんの猫と関わっていたハハさんは わたしを区別するときに横着にそう呼んだのです ブログでもツイッターでも わたしは【洗濯ネットの子】 ちょっといやだったけれど 保護されたのがうれしかったので文句はいいませんでした わたしはかえとともにFさんちにお世話になり ゆっくりと体をやすめました

komira-10

 

 

 

 

そしてわたしは咲き誇る瞬間をいまかいまかと待ちわびる【つぼみ】になりました

 

 

つぼみ・・・・・・保護猫にぴったりの仮名です つぼみんと呼ばれていました わたしを慈しんでくれたマイ太郎さんとにーたんからもらった仮名 気に入っています

img_8175

 

 

 

わたしは マイにいとはっちゃんといっしょに毎日あそびました 家でどうすごしたらいいのかよくわからないから マイにいやはっちゃんのまねをしました マイにいは気むずかしいと聞いていたのに わたしにはとてもやさしくしてくれました はっちゃんはいつも わたしを受け入れてくれました 季節は冬だけれども わたしはあたたかい日々をすごしました

iiiito-11

 

 

にーたんはわたしに キスを迫りました わたしにキスの嵐を浴びせました 1回キスされるたびに わたしは1回愛を知り 1回声をかけられるたびに わたしは1回ぬくもりを知りました

img_8876

 

 

 

マイ太郎さんはどこへ出かけても わたしの自慢ばかりしていたそうです ハハさんは耳ダコのようすでした でもハハさんがおねがいした保護猫だからこそ ハハさんはうれしかったらしいです マイ太郎さんの“つぼみん自慢話”を聞くたび ひとり感慨に耽るハハさん

 

 

あのとき ベストの選択をした』

 

 

ふふ そう思っていただけて光栄です

img_8362

 

 

 

マイ太郎さんのおうちで クリスマスイブを過ごしました もはや わたしもかえもマッチ売りの少女ではありません 家の中にいて たいせつな人たちと体温をわけあっていたのです

 

わたしはどこででも やさしい手を信じ どこででも にこりと生きていこうと思いました

 

だれとでも仲よくなって

 

 

わたしがだれかのサンタクロースになれるかもしれないし もしかすると わたしのもとに サンタクロースがくるかもしれないのです あきらめずに生きていて よかったなあ♪

img_8727

 

 

 

 

・・・・・・マイ太郎さん ハハさん わたしはどこへ向かうのですか?

friaua-24

 

 

 

どこへ来たとしても 必ずうまくやっていきます

friaua-16

 

 

 

 

《ねえねえ きみはだれ? きみがぼくのサンタクロース?》

fullsizerender-1

 

 

 

はいっ どうやらそのようですね なつこと申します のんきくん どうぞよろしく」

fullsizerender-3

 

 

 

つづく

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す




*