お母さんと小さいべべ


昨日べべは半日検査へ行ってきました。

 

夕方お迎えに行こうとしたら、検査を終えていないとのことで、一度家に戻り2時間待ってもう一度病院へ。バリウム検査の結果、胃の中に4cm大の腫瘍が見つかりました。大きさと状況から考えると良性とは思えず、胃がんでまちがいないだろうという診断。

 

 

べべはもともと大手術をしているので胃がほかの小型犬の半分の大きさしかありません。

 

その中に4cm大の腫瘍があるのですから、あの吐き気は合点がいきます。

 

通過障害は深刻ですが、まだかろうじて液体が胃から腸へと流れるスペースが残っているので、今後はよりスープ状に粉砕した食事を与えることにしました。

 

 

べべが吐く姿が辛くてごはんをあげるのが怖い。

 

けれど食べないと衰弱してしまう。

 

 

このまま腫瘍が巨大化していったら食欲はますます減少し、最後はとても苦しむであろうと予想されています。老齢だからあまりいじりたくないとはいえ、ただ手をこまねいてみているしかないのか、緩和の道は残っていないのか、非常に悩ましいです。べべの今後については自分の中で整理をつけその都度べべに合う選択肢をしていこうと思います。

 

 

お薬の種類が増えました。たくさんの薬を飲んで生命を維持しています。

 

 

いわゆる末期ガンの状態。

 

 

けれど当のべべはどこか涼しげで、前と変わらぬリアクションで生活しています。

 

 

あいかわらず家中私について回っています。ストーカーですよ。

 

 

予定をほとんどキャンセルし、引きこもり生活中のべべのお母さん。べべやお子たちとの暮らしをエンジョイしています。厳しい状況ですが、すばらしい日々を送らせてもらっています。

 

 

長らく参加させてもらっていた保護活動のランキングをいったん外しました。保護活動というより、最近は闘病記に偏っているので、関係する皆さまにご迷惑がかかるといけないと思ったのです。これまでポチッと応援してくださった方、ほんとうにありがとうございました。ここで言及することはありませんでしたが、ポチ数が多いと超うれしかったです^^ またいつか参加させてもらうかもしれませんのでそのときはよろしくお願いします。

 

 

犬の平均寿命からしたら、べべはそろそろいい頃かもしれません。私も20年30年生きてほしいとは考えていません。

 

 

しかし、べべは私の家族です。

 

 

家族の生活の質を模索していきたいです。

bebekou

 

 

 

余談ですが、大巻先生からべべの病院での態度の悪さを聞かされました。レントゲン時に暴れてなかなか撮らせないんだとか。べべは終始機嫌が悪いそうです。

 

 

「田辺さんの前だといい子なんですよね」

 

 

だって(笑)。べべの知らない一面がおかしくてちょっと笑っちゃった。

 

 

 

15年前の小べべとお母さん

IMG_3546

 

 

 

べべ嬢、お母さんに抱っこされるも、寝起きでふてくされています。

 

 

性格もよくないし、ひとりっ子気質だし、わがままのべべ。なのにいっぱいいっぱいおねがいを聞いてもらっちゃったな。

 

 

かわいくてかわいくて。

 

どうしましょうね。

 

 

夕方、べべ、ナナ、リルを連れて大きな公園へ行ってきます~!

 

 

皆さまもいい週末をお過ごしください!

 

 

スポンサーリンク

10件のコメント

  • ロザママ

    愛の溢れる言葉の数々。
    ただ、ひたすらにべべ嬢とannyさんとの心穏やかな日々を祈っております。信頼ってこんな素敵なお二人の形ですよね。

    • anny703

      ロザママさま
      ありがとうございます。大切さが身にしみます。若い頃のわがままきわまらないべべを最近よく思い出します。
      どんなべべも本当にかわいいです。

  • りえ

    最愛のお子が病気や投薬・通院で
    苦しんでいる姿は出来れば見たく
    ないですよね。。。

    私も人も小さな家族達もQOL(生活の質)は大切だと思います。

    べべちゃんがべべちゃんのQOLを
    維持し、穏やかに、少しでも長く
    703号室の家族で居られますように、
    心からお祈りいたします。

    • anny703

      りえさま
      ありがとうございます。
      低空飛行ですが、ここ数日は比較的安定しています。
      来週頭に精密検査を予約しているのでそれまでは今のコンディションがつづけばいいなあと心から願っています。
      べべのQOLを考えながら過ごしていきますね。
      お薬も治療もがんばっていますよ^^

  • 田澤 ひとみ

    703を訪れるようになって半年位経ちます。
    べべちゃんへの想い、痛いほど分かります。可愛いですもんね、べべちゃん。本当になんとも言い難い可愛さです。
    べべちゃん、きっと自分の体の辛さを忘れてアンニイさんのことばかり見てると思います。だから、
    笑顔でいてください。
    これからも、ブログ楽しみにしてます!
    私は703号室の動物たちの大ファンですから!

    • anny703

      田澤ひとみさま
      ありがとうございます^^ かわいいと思ってくれますか?
      いつもいて当たり前だから脇役のような存在の扱い方でした。
      でも私の人生に於いて、べべは主役です^^ 本当に私のことばかり見ています。
      ちなみにうちは、べべ、ナナ、あまぱん、さぶも私のストーカーで、ほほとリルは適当な距離感を保っています。
      べべは今日も吐かずにそれなりに食べて一日を生きました^^
      明日も同じようなことができますように

  • mamo

    かつくん亡き後、当たり前のようにべべちゃんがいてくれて、犬猫みんなの餌を狙ったりしていつも笑わせてくれました。
    703号室の顔ですよね。
    とにかく奇跡を望んでます。そして少しでも長く、心地よく穏やかな日が過ごせますように心から祈ってます。

    • anny703

      mamoさま
      ブログ開設のときより当たり前にいたレギュラーメンバーですからね。
      私もべべのいて当たり前感がすごく強いんです。
      まだまだそばにいていろいろ笑わせてくれるといいなあと思います。

  • チー棒

    ブログを読んですぐ思い出したことがありました。あるブログにやはり、病気になり原因がわからずショック状態になりその飼い主の方が、 日本のスピリチュアリズムの第一人者である山本貞彰先生という方にヒーリングかなにかしてもらい、良くなったそうです。だから何?と思われるかもしません。お気持ちを悪くされたら、申し訳ありません。削除してくだい。失礼なこととお詫びいたします。
    1日も長く穏やかな日が続きますようお祈りします。

    • anny703

      チー坊様
      ご心配くださりありがとうございます。べべは今日も一日生きました。
      長く穏やかな日々がつづくといいなあと思っています。
      医療については私は自分のポリシーがあり、原則的には科学的で目に見えるものに重点を置いています。
      もちろん、「奇跡」「自然治癒力」「科学では証明しきれないもの」などがあるとは思います。うちのほほも科学では証明しきれない状態です。
      けれど、医療行為やそれに準ずるものは自分のポリシーに従って科学的な実践を積んでいきたいです。
      科学、といっても冷たく無機質な感覚で家族を医療漬けにしようとは考えていません。
      QOLを意識し、べべの声を自分の耳で聞いて、べべを自分の手で触れて
      べべがなにをしてほしいのかを自分の頭で考えていきたいです^^
      人それぞれいろいろ信じるものはちがいますけど、私は今お世話になっている先生方などと相談し今後について考えていこうと思います^^
      これからもどうぞまた遊びに来てくださいね。
      べべやお子たちとお待ちしています~

コメントを残す




*