くるり


べべ公は連日嘔吐ばかり。今日はマットの上で激しくやってしまいました。

 

持病があり、体調のコントロールがむずかしいです。

 

 

私は時間が空くとべべ公を愛車に乗せ気晴らしへ出かけます。

 

昨日は近所のクリーニング店に行くのにつき合わせました。

kururi (10)

 

 

 

老犬とはいえ侮れません。迷子札つきの首輪、リードをしっかり装着。愛車の下にはフカフカのベッドを入れてあるので座り心地は抜群。べべ公は満足げなお顔を浮かべています。

kururi (12)

 

 

 

子どもたちに大人気。愛嬌を振りまいています。

kururi (14)

 

 

 

「わんちゃんもいっしょに中へどうぞ~」と言っていただいているので遠慮なく!

kururi (8)

 

 

 

べべはこういうとき、静かにしていられるので母親は鼻が高いです。

kururi

 

 

 

大きな段差は両手でべべの愛車ごと持ち上げ乗り越えています。その際どさくさに紛れてべべのおでこにチューするのが好き。愛車を高く持ち上げ「ぶっチュー」。幸せ!

 

 

 

途中下車の場所は公園に決めました。

kururi (4)

 

 

 

草の絨毯を踏みしめる小さな足。べべ公、15歳の春。

kururi (6)

 

 

 

てくてくてくてく。いろんなお話をしながら住み慣れた町を歩く。

 

 

―――べべそういえばお母さん、幼い頃は引っ越しばかりだったんだよ。実は30歳になるまでに15回以上住所がかわったの。東西南北。あちこち行ったり来たり。流転の多い人生だった。お母さん地元がほしかった。自分のお城がほしかった。基盤がほしかった。

 

べべにもたくさん引っ越しをさせてしまったね。703号室にたどり着くまで4回も。ごめんね。

 

でもべべもお母さんも、あれから10年以上動いてないよね。703号室にずっといて―――

 

 

 

お話の最中のべべの表情はわかりませんでしたが、耳を傾けてくれていたと思います。

 

 

 

そのうちモゾモゾやっているなあと思ったら、べべがこっちを向きました。

kururi (15)

 

 

 

「くるり」

kururi (2)

 

 

 

景色を楽しめるようにしてあげたのに、お母さんの顔でいいの?

kururi (3)

 

 

 

「ただいま~」

 

 

お留守番組に声をかけ、べべとふたりお城に戻りました。

kururi (9)

 

 

 

べべはすぐさま定位置に向かい、おやつ催促の目線を送ってきます。

kururi (7)

 

 

 

うん。そう。ここがべべの居場所だね。

kururi (13)

 

 

 

毎日ここにいてくれてありがとう。

kururi (11)

 

 

 

べべがいてくれるおかげでお城が華やぎます。

kururi (5)

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す




*