花音お嬢さま


皆さま、沢山のコメントやメールありがとうございます! 今、猫の里親探しで少々たてこんでいますが、頂いたメールやコメントは嬉しく拝見しています♪ 時間に余裕がある時にちょこちょことお返事しますね。緊急の時は別途お知らせください。ペコリ。

今日は中央区にお住まいのお嬢さま猫を紹介します。

「あたしのこと?」


そう。
皆さまご存じ千広……じゃなくって花音(かのん)ちゃんです。
先週末、チチとみいさんと共にお届けしました。本当は一人でお届けしようと思ったんです。お見合いはみいさんちで行わせてもらったし、みいさんも色々と忙しいだろうと思って。でも、念のため「行く?」と聞いてみたら「うん。行く行く」だって(笑)。

みいさん優しい♪ ありがとう♪ (チチは誘ってないのについてきました・笑)

花音の卒業はみいさんなくしては語れません。保護する前にみいさんに「預かり」をお願いしたんです。みいさんは快諾してくれました。でも、花音を迎えに行った日、なんか無性にみいさんに申し訳なくなって「やっぱりいいわ。うちで面倒をみて里親を探すから」と断りの電話をかけました。

「いいの? うちなら大丈夫よ。預かれるよ」
「いや。いい。うちで様子を見るわ」
「本当?」

そんなやりとりをしている最中、なんと花音が保護子猫アッシュ(コバマ)を激しく威嚇。隔離していたんですが、ケージ越しに……。アッシュをケージに入れるのは可哀想だし、花音はもうケージに辟易しているだろうし。うーん。困ったな。

「やばやばっ。千広がコバマにシャーし始めた……。コバマ、逃げ惑ってる」
「え? そうなの?」
「みいさん、わるいっ! やっぱり今から連れて行くわ。預かって!」
「(クスクス……)いいよ。連れておいで」
「サンキュー! 30分で行くから」
「分かったよ」

持つべきものは友ですね。感謝しています。うちが狭いばかりに、ごめんよー。それからは皆さまご存じですよね? 花音はみいさんちの保護部屋でぬくぬくと甘やかされてご縁を待っていました。

2年間、小さなケージの中で何を考えながら過ごしていたんだろう。
自分を置いて行った前の飼い主のこと?
それとも、靄がかかった未来のこと?

保護前、動物病院に会いに行った時に撮った写真。淋しそうな表情が印象的でした。


血液検査を受けた時の一枚。痛い思いをさせてごめんね……。


みいさんちでの花音は今までの青春を取り戻そうと、明るく、元気に日々を重ねていきました。みいさんをメロメロにしてしまうほど、真っ直ぐで、愛らしい子でした。

花音のご家族募集は結構大変でした。多数のお心あるお問い合わせを頂いたものの、先住動物ちゃんがいるお宅ばかりだったからです。花音は人間には従順です が、他の動物との相性はいまいちです。今回、花音が受けるダメージやストレスを考慮して、トライアルなしでいこうと決めていたので、先住動物がいないお宅 に絞り込みました。

そして出会いました♪

花音のご家族は知的で優しいご夫婦。大らかなご主人、花音に夢中の可愛い奥さま。広々としたお宅に住んでいます。花音のお城は超都心。

こんな場所に住宅があるの?

チチとみいさんと私、3人で顔を見合わせちゃいました。

お届けの車内での一枚。(洗濯ネット、キャリー、ガムテープ、念には念を入れて移動します。可哀想に思われるかもしれませんが、安全が第一です。なんせ相手はマイケルスコフィールドですから)


花音ちゃん専用ルームへ着いてようやく解放!


チチに抱っこされて


若干緊張顔ですね^^;


リビング、広くてビビったー。アクティブな花音にピッタリです!


巨大スクリーンや

 


カメラのコレクションなど。


ため息ものでした(笑)。

花音は缶詰が好きなのですが、ロイヤルカナンのドライもいいですよー、とすすめてみたところ、里親さんは早速買いに行ってくれて、ロイヤルカナンが多数写った写真をメールに添付して送ってくれました。花音、あなたはなんて幸せなの!

素晴らしい“縁”に感謝します。

☆☆☆花音にまつわる小話☆☆☆

①花音は花音のママさんに似ています(笑)。美しいですよ~!

②お届け後、みいさんを日本橋高島屋で落としました(爆)。
その後のチチのひとこと

「ハハ、今日もしゃべってたねぇ。でもみいさんも負けてなかったね……。二人とも、感心するほど良く話すね。里親さん、キョトンとしてたよ?」

ガーン……。
なんか、ショック。
チチっていっつもあとからダメだしするんですよ。その場で言えばいいのにさ。フンッ!

③花音という名は、実は卒業生ちまちゃんのお名前募集の記事を読んでくれた里親さんが「“カノン”可愛い!」とつけてくれたんです。字は違いますが……。確かに可愛いお名前ですね! うん。

里親さんから送られて来た一枚。やっぱり猫じゃらしで遊んでる(笑)。


花音のパパさんママさん、ペットシーツなど、ありがとうございました!


本も買ってくれたそうです^^;

かつくん「みいさん、ハハとのコラボ、ありがとう! ハハの本も宣伝してくれて。

Ⅹ125花音、おめでとう。君はいつ見ても美しいよ。これからもずっと、そのままでいて。華やかで、健やかで。ぼくの憧れの猫さんのままで……。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*