Q&Aのいちにち


べべ、ナナ、リルに注文したフードがやっと届きました。遅いよ楽天。我が家の定番ロイヤルカナンの低分子プロテインは8キロサイズ。カナダ産アカナは6キロサイズ。合計14キロ。

imautiha (10)

 

 

収納場所に困るんですが、大きいのを買ってしまった方がお得ですからね。

 

 

保護猫デカ円が私のそばに寄ってきました。

imautiha (12)

 

 

 

目も顔も体もまあるい。

imautiha

 

 

 

こまめにおもちゃで遊びながらコミュニケーションをはかっています。

imautiha (8)

 

 

 

日中、家事を終えた私は「教えてアンニイさん」の質問攻めに遭いました(笑)。

fosuta

 

(詳細は↑バナーをクリック)

 

※ じゃっかんなら椅子を増やせるかもしれませんので参加を希望される方は上記バナーをクリックしお問い合わせください。質問はナシでもだいじょうぶです(爆)。

 

 

「質問攻め」は冗談ですが、回答をひとつひとつ書きながら勉強させてもらいました。

IMG_9368

 

 

 

ご質問をくださった皆さまどうもありがとうございました。すばらしい観点ばかりでした。

IMG_9363

 

 

当日口頭でお答えするか、紙に落とすかはまだ迷っています。

IMG_9366

 

 

 

せっかくですので、ご質問と私の回答を2つほど紹介させてください。

 

 

 外で猫を見つけた場合、明らかに野良猫と分かる場合と迷い猫か外飼いの猫か野良猫か分からない場合があると思いますが、つまり飼い主さんがいるかどうか分からない場合はどうしたら良いでしょうか。

 

 猫は事情を話しませんので断定はできませんが、状況で考察します。猫があまりにもオドオドしている場合は外に出て間もないことが考えられます。その場合は捨て猫か迷い猫になるのですがいずれにせよ保護するのが望ましいです。野良猫か出入り自由の飼い猫かについての判断は、毛の汚れ具合のほか「天候」に注目してください。

大雨の日や極寒の日にも所在なげに外にいる場合は「食糧難」あるいは「帰る場所がない」ことが想定されます。家に自由に戻れる猫は悪天候の日に外を徘徊せず、天候の回復を待って散歩に出るのが自然だと思うからです。

くわえて猫の出没する地域の住民への聞き込みも有効です。

 

 

Q 保護猫・犬さんと先住犬猫たちとの共存のコツは?

 

 段階を踏んで徐々に会わせます。はじめは声だけを聞かせる。臭いだけを嗅がせる。存在を示唆するに留めておく。ケージ越し、ガラス戸越しなど日を経て距離を縮める。

それと必要以上に神経質に考えないことです。先住犬猫と保護犬猫たちは自分たちで関係の上下を作り、互いを信頼し合うまでケンカもするし駆け引きもします。人間が過度に干渉、心配するのがいい結果に繋がるとは思いません。最悪相性が合わず、どちらかが体調の変化をうったえたとしても、保護犬猫たちは「ほかのお宅へ譲渡する対象」なので、ゴールにたどり着くまでがんばろうとの心意気で取り組みます。たとえ相性が合わずとも、一生ではなく、一定期間の共存で済みますので、譲渡までは物理的に隔離するなどの配慮をしています。

 

 

 

あとは捕獲方法、活動資金のこと、心の持ち方、譲渡方法など、とにかく多岐に渡っています。

 

 

人によって聞きたいこともちがうでしょうし熟練度も異なるでしょうし、どこにウエイトを置きながら話せばいいのか、悩ましい限りです。うーん。

 

 

 

「頭の中がメチャクチャなんだな」

IMG_8274

 

 

 

そう^^; ちゃんと整理しないとまずいね。

 

 

 

「あのハハ~ なんならぼくがやりましょうか?」

IMG_9373

 

 

 

おまい、できんの?

IMG_9371

 

 

 

「まあ譲渡のことなら多少わかりますよ」

IMG_9370

 

 

 

いや、いい。

 

ボールペンやマウスを転がしまくって邪魔してばっかだったよね。信用できません。

 

 

 

西日がまぶしい時間帯になり、PC画面が見づらくなったのでカーテンをおろしました。

 

 

ほほに光が届く分だけを残して。ほほ、お母さんの椅子の後ろで生きていてくれてありがとう。

IMG_9365

 

 

ふりかえってあなたを見つけるとホッとします。

 

 

幸せになれる犬猫を増やしたい。

 

家族を得られる犬猫が、この国にいっぱいいてほしい。

 

 

いっぱい!!

 

 

PS まどっぺさんのコメントうれしかったです。感動。

 

LとOとVとE

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*