いらっしゃい1 犬のことば


「ここにいる

ぼっくんは、もうどこにも行かないよ。

ハハ、ごめんね……。

みんなが大好きだよ。今日は会えてうれしかった。本当だよ。でもね、ぼっくんはもう戻れないの。

だからここでさよならを言わせて。ぼっくんの家族と一緒に……」

鳥肌が立ちました。

家族の陰に隠れ、瞳をうるませ、怯えたように私を見つめる。
車のドアを開けた時、かつては誰よりも真っ先に飛び乗ったのにこの時は耳を倒し四肢を踏ん張り、その場を一歩も動こうとはしなかった。

この犬は15キロの体全部を使って私にこう語りかけている。

ぼっくんはもう、どこにも行かないよ、と。

「そんな顔をしなくていいの。ここにいていいの。今日は迎えに来たんじゃない。コロンが好きだから会いに来ただけなのよ。混乱させてごめんね。安心して。コロンはもう、どこにも行かなくていいのよ。連れて帰ったりしないよ……」

そう告げて抱きしめると、目頭が熱くなりました。
振り向くとコロンのママmeguさんも私と同じ表情を浮かべていました。
私たちは誰もが、コロンの言葉を確かに聞きました。

コロンが取った行動は、保護主冥利に尽きます。
コロンが幸福を体現してくれたから……。

こんな気をつかった顔をしなくてもいいのに……。


犬は犬で色々と大変なんだね(笑)。(別れ際の一枚。近くに住むmeguさんのご両親と)


約3か月ぶりにコロンJに会いに行きました。


私たちのことを覚えていてくれて喜んでくれました。


コロン! 超会いたかった!


散歩中他の犬と喧嘩をすることもあるそうですが(笑)、べべナナリルは別のようです。


コロンと一緒に暮らしているホーリーちゃんも顔を出してくれました!


もう一匹のミンキーちゃんは、突然大群が押し寄せたので隠れていましたが^^;

「ねえ、ぼっくんちたのしい?」


楽しいよー! コロンに会うのは勿論だけど、コロンのパパママとのお喋りは最高だよ!

meguさんお手製の前菜。見た瞬間、女として「完敗」を感じました。今もよだれが出そうです。


「いいな……。ぼっくんのは?」


コロン、ひがみっぽい顔をしていますね……。このパスタはコロンの大好物だそうで、いつも味付けなしの犬用パスタを作ってもらっているとか。他にもアツアツのドリアがあったんですが、食べる&喋るに夢中で写真を撮り忘れちゃいました(汗)。

「おやつちょうだい♪」


内弁慶のナナがこの笑顔(驚)。っていうかナナ、うちにいる時より楽しそうね^^;


食いしん坊でオシャレ好きのナナの心を射止めたコロン家。忙しいを理由にわが子を放置してきたことを猛省しました。忙しいのはmeguさんも同じなのに、やっぱり私とは何かが違う……。

「何かが違う、ではなく、全てが違う」

え? まさかそんな事を言う人はいませんよね。……聞きたくない(笑)。

べべナナリルに、可愛いカフェマットを作ってくれました!


すごい……。名前入り。亀は長生きの象徴だからと選んでくれた生地♪


これはコロンぼっちゃまの夏用&冬用マット


柄違いですが、お留守番をしているコロの分まで頂きました!


裏地もいいですね♪ これらを作るためにわざわざミシンを買ったとか(笑)。


コロはカフェに行けそうもありませんが、通院時に使わせて頂きます。ちょうど買おうと思っていたんですよね。病院の床が冷たくて可哀想だから何か敷物があったらいいなと。コロは女の子だからきっとこういうの嬉しいですよね(もろ人間目線^^;)

いいでしょっ?

それにしても、うちのナナちゃんの嬉しそうな顔。
ちょっとこたえたな。

イキイキしていたのはナナだけじゃないんです(涙)。

べべとリル。

べべはお出かけ自体が好きだからどこでもそれなりに盛り上がるんですが、リルは難しい子だからそうでもないんです。他の場所ではご飯もおやつも食べないし。

なのにそのリルまで!

リルの写真は次回載せることにしました。
長くなったので、一旦切りますね! 中途半端でごめんなさい。

コロンJって誰? って人いますか?

念のため簡単に紹介しますが、コロンは6年9カ月土手で暮していた犬のことです↓

かつくん「別れ際、コロン、703号室に連れて行かれるんじゃないかとビクビクしてました。家族と離れたくないって必死だったみたいだね。それを見た時のハハの感動は、何となくぼくには分かるんだ。だってハハは“家を探す人”だからね。

クロ、数日間姿を見ていない。だからやっぱり、クロだったのかもしれないね……。ハハは相当落ち込んでいます。野良猫の末路はきつすぎるよ。

コバマのことやみいさんにお願いしている千広のことはまた改めて書くね。

よかったら皆さま、続きを読みにきてね。703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*