さぶの腎臓、ほか


【切実なお願いです!】

 ※供血猫さんが現れました。ご協力に感謝いたします。

 

血液型がB型の猫さんはいませんか?

 

15歳のラムちゃんからのSOS! 消化器管型リンパ腫を患っています。

IMG_20160303_210004

 

 

明日も雨だそうですね。私は体調がすぐれず予定をキャンセルし家で掃除をしていました。

 

 

明日はみいさんが龍とキャッチの写真を撮りに来てくれます。あの人がどこを這ってもベストショットが撮れるようキレイにしたのです……が……多頭ゆえもうほんのり散らかっています^^;

IMG_8363

 

 

 

みいさん、悪天候はみいさんのレタッチでなんとかしてください。ぺこり。

IMG_8485

 

 

 

保護猫龍とキャッチに首飾りをつけさせフリータイムしました。首の違和感に慣れさせておくと撮影時にスムーズかなと。じゃないと明日首を掻いてばかりになっちゃいそうで。

IMG_8654

 

 

譲渡に自信があるなんて言って、口だけ女にならないよう気を引き締めてのぞみます。

 

龍とキャッチは家族募集中。かわいい盛りのふたりへのお問い合わせをお待ちしています。

 

 

img_3

 

(※ 詳細はバナーをクリック!)

 

 

で、いただいたご質問の一部を公開します。

●里親探しをする際に、譲渡に適した人かどうかを見極めるポイントを教わりたいと思います。

●希望者さんの中で、例えば一人暮らしの方、小さな子供がいる家庭など頭ごなしにお断り対象ではないと思うのですが、その場合大丈夫そうだな、と思えるポイントなど教えて頂ければと思います。

●条件の悪い猫(FIV陽性や慢性腎不全)の里親がなかなか決まらない時の心の持ちようや、具体的な対策が知りたいです。

●外で猫を見つけた場合、明らかに野良猫と分かる場合と、迷い猫か外飼いの猫か野良猫か分からない場合があると思いますが、つまり飼い主さんがいるかどうか分からない場合はどうしたら良いでしょうか?

 

 

ほかにもご質問が来ていますが、取り急ぎ少しだけ載せました。そして本日、保護はしたことあるけれど譲渡は経験がない、という方からのお申し込みも! 多いですよねそういう方も。

 

あと、ネット募集が怖いから結局知り合いに懇願してもらってもらう、という方もいますよね。

 

私はこれまで90%以上がインターネットを使っての譲渡でした(残りの10%は一度里親になってくださった方からの再オファーや紹介など)。だからネットは怖くありません。どうして怖くないかは当日お話できればと思います^^ どうぞよろしくお願いします。

 

 

えー、ここからは私の悩みです。

 

先日検査した際、腎臓の数値が悪化したさぶ。怖くなって大巻先生に聞いてみたところ「うーん……きっとあと一年以上はがんばれると思いますよ」って言われ逆に落ち込みました。

 

そっか。そういう感じか……。

 

 

さぶはほんとうにやさしい猫です。長い間近所をさまよい、野良猫として生きてきました。

IMG_8421

 

 

昔一度私の設置する捕獲箱に入ってくれたのに、お目当ての猫じゃなかったという理由で保護しませんでした。事情があり、ほかの猫(ぽん吉)を優先しなければならなくて。

 

手元に捕獲箱が一台しかなく、迷った末、予想外に入ってしまったさぶを放したのです。

 

それからいくつもの季節がめぐり、ようやくさぶを保護。そのときも実は別の猫(じゅん)を狙っていたのですが、またさぶが捕獲箱に入ってしまったのです。しかしもう放せませんでした。

 

 

捕獲箱には2度入りましたが、外にいた頃のさぶは人間に対しての警戒心がすさまじく、フリーのときは近寄ることすらできなかったのです。まさかこういうキャラだとは知りませんでした。

IMG_8420

 

 

家族になってまだ2年ちょっと経ったばかり。もっといっしょにいたいです。さぶがいなくなるなんて絶対に無理。考えたくもありません。私にはさぶが必要です。

IMG_8418

 

 

私だけでなく、うちのお子たちや保護猫たちにとってもさぶはいなくてはならない存在です。

IMG_8419

 

 

さぶはみんなを和ませるのがじょうずです。男らしいけれど、敵を作ったりしません。

 

さぶの腎臓がだんだんきつくなっているのはわかっているんですが、失いたくないのです。

 

家でできる仕事を探そうかなとか、いろいろ考えています。

 

うまく言えないけど、なんか辛いですね。

 

さぶにいつもありがとうを言いたいです。

 

よし! 湿った話はおしまい! 明日は元気に撮影助手するぞ!

 

おやすみなさい。

 

スポンサーリンク





5件のコメント

  • ラムちゃんの供血の呼びかけ有難うございます。
    ラムちゃんと暮らしている方からの緊急のお話しに驚きハハ様にご相談をしました。
    急なお願いにもかかわらずブログに載せて頂いて深く感謝しております。
    ラムちゃんは深刻な状態ですがハハ様の温かいお気持ちと拡散して下さったハハ様のご友人、ハハ様のブログからご連絡を下さった方、拡散して下さるとおっしゃって下さったピチコ様、皆さまに深く感謝しております。
    どんなに心強く感じたか言葉では言い表せない程有難く思っております。
    恥ずかしい事に猫のB型は少ないという事を
    供血が必要になるまで知りませんでした。
    皆さまにハハ様のブログのコメント欄をお借りしての御礼で申し訳ございません。
    皆さまの温かいお気持ちに感謝しております。有難うございます。

    • anny703

      豆様
      いろいろお疲れさまでした。
      ラムちゃんステキな飼い主さんに恵まれて幸せな猫さんですよね。
      ラムちゃんのように幸せな一生をおくれる子が増えるのを祈るばかりです。

  • ピチコ

    了解しました。

  • ピチコ

    ラムちゃんのことをFBで拡散してもいいですか?

    • anny703

      どうぞお願いします

コメントを残す




*