コロンびより1


お届けの日、二階にあるリビング横のテラスへ通されて早々、奥さまは言いました。

「今日は、コロンびよりですね!」

思わず空を仰いでみると、本当だ。暖かく、清々しい!!


コロンの未来は、嵐や豪雨ではなく、ポカポカの青い空が似合います。

里親さんと私達が会うのは、これで三度目。
一度目我が家にお見合いに来てくださったんです。

その時、色々とお話を伺いました。
「里親」を希望したきっかけは、美容院へ行った際に読んだ雑誌の記事。
不遇な犬猫を取り巻く世界を知って、ご自分にできることを探し始め、里親の道を選んだそうです。奥さまは気さくで美しい女性ですが、一本、太い筋の通っ た、凛とした方です。おかしいことはおかしい、間違いは間違い、そう言える女性です。そしてぐちぐち悩まない行動派。私も見習わなければ!って思いまし た。

ご主人は、少年のような方(笑)。
我が家に来てくださった時、「毛だらけになるからやめた方がいいですよ」と止めたにも関わらず、コロンは勿論、べべナナリル、あまたんと同じ目線で遊んでくれて、床に寝っ転がって写真を撮っていました(笑)。話も面白いので、私と姉ちゃんは何回も大爆笑。お陰でその場の空気が和み、コロンも楽しそうでした^^

お届けの日、寝室へお邪魔したら、その時撮られた写真が早速飾ってありましたよ↓


こんな所にも発見↓


最初の印象は、シャープなご夫婦ってイメージだったんですよね。都会的で、バリバリ働いて…
正直、近寄りがたいクールな雰囲気の方なのかなと。

でも、全然違いました。
勿論お仕事はバリバリしているんでしょうが、何ていうか、心がとにかく優しくて、責任感が強いんです。これ、お世辞でもなんでもなく、本音。そしてコロンの過去を知った上で、前向きに里親を希望してくれました。お二人はコロンの事が大好きなんです。

飛び出し防止のゲート


心配性の私にはありがたい^^

お見合いの時、既にトライアルを決めたのですが、コロンを場慣れさせたいので、一度遊びに連れて行く約束を交わしたんです。チチ、私、コロン、ナナ。このメンバーで先週お邪魔したのですが、お家に上がってまず驚いたのは、ベッドの大きさ。

お見合いの時、「コロンくんはどこで寝てるんですか?」と聞かれたんです。
人間と犬が一緒に寝ることを好まない方が多いのを知っているので「あ、ごめんなさい。私はコロンと一緒に寝ちゃってます。」と控え目に告げました(笑)。

そしたら、

コロンと一緒に寝るために、速攻でベッドを超大型に買い替えたらしい…


先住猫ミンキーちゃんは大きな猫さんですが、ちらっと写ったミンキーちゃんの大きさと比較しても分かりますよね。これ、何サイズだろう。羨ましすぎる…
(寝室の撮影は許可をもらってます^^)

10歳のミンキーちゃん。どう見ても3~4歳位にしか見えない。


あまたんより若く見えました(汗)。

コロングッズを広げてもらいました。


しかし凄いな^^; 私より洋服を持っているな。
首輪や迷子札もいくつもあって、フードや小物やおやつなどは別の場所にあるんです。だから全部のグッズを撮ることはできませんでしたが、これだけでも十分伝わるかと(笑)。
ちなみに、ラグマットもコロンの為に大きなものに替えたそうです。

「ぼっくん、洋服嫌いじゃないよ」    ※フェイクファーです。


うん。知ってる。コロンはお洋服着るの、結構好きだもんね。ナナと一緒^^ でもナナはこんなに持ってないよ。リルと兼用で使っているものが多いし。

THE迷子札!


コロン、名前は変わりません!コロンのまんまです!
あ、でもミドルネームがつきます。コロン・J君になります(笑)。

新しい首輪をつけてくつろいでいる姿、さまになってるわね。モデルみたい^^


「ぼっくん、かっこいいでしょっ!」


うんうん。良かったね。コロンのは安物ORお下がりばかりだったから、私も嬉しいよー!

それにしても、どれだけコロンを心待ちにしていたんでしょう。
休日には、車が嫌いなコロンとのお散歩道を研究したり、評判の良い獣医を調べたり、ドックカフェへ下見に行ったり。毎日毎日、コロンの話が尽きなかったそうです。誰かにとって、ここまで待ち遠しい存在であるのは、それだけでとても幸せな事ですよね!

私なんて、誰からもそんな風に思われたことないし(涙)。

それから、コロンの里親さんは、リュウの事もハンサムだって言っていました。リュウはコロンの兄弟ですが、ちゃんと知っててくださっていたようです。リュウだけではなく、まだ土手に残るゴクドウの事も気に掛けてくれていました。それから、うちのナナの事も。

そうそう。まゆさんー!
ブログでコロンの家族募集の宣伝をしてくれて、ありがとうございます!電話で相談にも乗って頂いて。お陰さまで、素敵な出会いがありました。
コロンもリュウ同様、幸せになると思います!

この後、ダイニング&テラスでランチやお茶をご馳走になりました。


その様子&里親さんから送られて来たお散歩の写真は後半へと続きます。
写真があまりにも多くてこれ以上載せられないから二分割しちゃう私をお許しください。

「みなさま。ぼっくんのあたらしい家族のお話は、まだまだつづきます!まだ紹介してないメンバーもいるし、もしよかったらまた見にきてね。」

★703号室カレンダーですが、まだ集計作業中との連絡を受けました。
集計が終わり次第、簡単な収支をここでご報告させて頂きますね。
私は数字すら把握していませんので、もう少しお待ちください^^;
もし売り上げがあるとすれば(笑)、コロのような犬や土手犬、地域猫につかわせて頂きます。それから、犬猫の保護活動をしている、個人ボランティアや団体へも寄付させて頂きます。

「お届けの日は春かと思うほど暖かく、コロンのママさんは“冷房”を入れてました。

すごく気持ちの良い日だったって。ぼくはユキちゃんの骨と一緒に、ハハのカバンの中に入っていました。だからちゃんと見てたんだよ。コロンが幸せになる様子を。
べべちゃんとナナちゃんとリルが気の毒になるほど、コロンは溺愛されてました。
その様子は後半へとつづきます!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*