空美大福1


壁紙騒動は落ち着いてきたのですが片づけが間に合いません。

明日はデカい猫のお迎えなので気持ちが若干焦っています。

スカウトマンに捕まり外から703号室にやってくるきみ。

保護部屋の壁材は奮発して丈夫なものにしました。自分の爪でも実験済みです。

けれど張り替えたばかりだから、どうかお手やわらかにお願いしたいです。

 

 

さて、お待たせしました。

daie (3)

 

 

2部作でソレイユ&空美の新しいお家へご案内します。

daie (4)

 

 

そうそう。空美はそのままですがソレイユの名が「大福(だいふく)」に変わりました♪

daie (5)

 

 

すでに何度かしつこく喜んでいますが、卒業を記念してもう一度だけ喜んでもいいでしょうか?

daie

 

 

 喜び記事はこちら。ご主人は電車で読んで泣いたそうです・笑)

 

大福と空美はきょうだいではありません。たまたま同時期に703号室にやってきたのです。

月齢も毛色も性別も性格もちがうのでなんとなくセットでのご縁は高望みだと考えていました。

実際希望者さまの中で「ふたり一緒に」と仰ってくださった方もいませんでした。

 

しかも大福のお見合いを決めたお宅には1匹の茶トラの先住猫さんがいます。

2匹目を迎えるにあたりご夫婦はとても慎重でした。

 

だから当然空美まで目に留めていただけることは1%の想定もなかったです。

 

 

あの日はただ大福の良縁を期待して臨んだんだよね^^

toimia (19)

 

 

里親さんにべったりの坊

toimia (21)

 

 

小さなキューピットがご夫婦の間に入っていい感じ。

toimia (3)

 

 

「ソレイユくんと空美ちゃんに会うのを夢に見たんです」

 

 

お見合いの場ではじめて里親さんの口から空美の名を聞いた私。

toimia (14)

 

 

「わたちのことも 知ってるの?」

toimia (11)

 

 

ソレイユを希望してくださったご夫婦が空美を知ってくれていて

toimia (8)

 

 

彼女の存在を認め

toimia (22)

 

 

慈しみ

toimia (20)

 

 

同等に扱ってくれたのがほんとうにうれしかった。

toimia (17)

 

 

よくわからないけれど、心がパッと晴れた気さえしました。

toimia

 

 

離れたところから様子をうかがっていた空美も、溶け込むように場の雰囲気になじみ……

toimia (23)

 

 

「わたちも 甘えていいのかな?」

toimia (24)

 

 

みいさんが撮ってくれた大好きな一枚↓ やさしくほほえんでいる奥さまが印象的です。

toimia (2)

 

 

「ソレイユくんと空美ちゃんにおやつを持って来ました」

daie (2)

 

 

事前に空美の分まで用意してくださったことに感動。

 

 

おやつタイムを撮るみいさんをも……私が抱き撮る!

toimia (15)

 

 

奥さまはご結婚前に先住猫「とらやくん」とアパートで暮らしていました。

 

理解のあるご主人と出会いご結婚。もちろんとらやくんとの暮らしもそのままです。

 

4月に家を購入後、2匹目の家族(猫)探しをはじめたそう。

 

まだ里親さんがアパートで暮らしていた頃、瀕死のさび柄子猫(しじみちゃん!)を保護。

そのまま飼うことも検討したようですが、アパートの「ペット規約」を守り里親さんはしじみちゃんにご縁を見つけ里子に出しています。しじみちゃんは今幸せに暮らしていますよ。

信頼の置ける方ですよね。お話を伺い人としての慎重さ、愛情、責任感を感じました。

 

しかしだからこそ、空美はないなあ、と(笑)。

 

こういうご夫婦ゆえ大福のお見合いのあと、空美のことを真剣に悩んだのでしょう。

いえ。実は我が家にお越しくださる前から悶々としていたのを卒業の日に聞いたのです。

 

「私たちが、大福と空美を離していいのかな?」

 

 

そんな風に思ってくださっていたとはつゆも知りませんでした。

 

 

結果、こういう運びになったんですね。

daie (6)

 

 

里親さん宅にあった黒板に書かれたメッセージ。猫の絵のモデルは先住「とらやくん」。

 

人のこと言えませんが……絵……あまりおじょうずじゃな……

 

これも里親さんの手作り↓ こっちはすごい完成度が高いです!

daie (7)

 

 

ふたりの名前のほか、中央に「703」が入っているのがわかります?

 

ダンボールハウスの横には窓までついているんです。左右両方!

 

お宅の遊園地度はご夫婦の遊び心が礎にあるのですね。

 

お家が不思議な造りだったのでカメラマン顔負けレベルにシャッターを切っていたら数百枚のデータがカメラ内に……。昨夜ようやく写真の整理を終え40枚に程度まで絞りました。

 

次回UPしますね。

 

里親さんからかわいい写真が送られてきます。

そのたびに私は、いちいち幸せを感じるのです。

 

703号室を経由してご縁を得ることになった大福と空美。

実際、両者はたまたま同じ時期に同じ場所に居合わせたにすぎないのかもしれませんが、ふたりを離すことに胸を痛めてくださった方と出会い、大福と空美はひとつのキャリーで同じ目的地に旅立つことができました。見たまま感じたままの丸ごとを家族として引き受けてくださった懐の深い里親さんに感謝です。ありがとうございました。

 

 

つづく!

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*