8歳の朝


べべ、おはよ。


昨日までは7歳。
今日からお前は8歳です。

そんな当たり前のことに喜びを感じずにはいられません。

今日は家族募集中のコロンが、ちょびっとしか出てきません^^;
コロンに会いたくて訪れてくれている方には申し訳ないのですが、念の為に説明すると、今日は私の愛するお子、べべの誕生日だから、その記事をUPします。
コロンに会いたいからは、一つ下↓の記事からご覧下さい~!

一年前、べべの7歳の誕生日を祝った時の心境は最悪でした。

それまでのべべは、アレルギー以外は健康そのもので、このまま歳を重ねていくのが何だか怖かったんです。べべは15年以上生きるに違いないと決めつけた上で、勝手に寿命からその時の年齢を引き、ため息をこぼしていました。

「べべ、もう5歳になっちゃう。寿命の三分の一が過ぎちゃった。」とか

「べべ、6歳になっちゃった。」ってね。

犬の寿命は人間より遥かに短い。
だから彼らの年齢が増す度に、貪欲な飼い主は切ない思いをさせられる。
今から思えば、どんなに贅沢な悩みだったか…(笑)

けれど、6歳の終わり頃、ふと健康診断を受けさせて胃の腺腫(一部胃がん)が見つかった日から、私の考え方が変わりました。べべが8歳になれた、無事にこ の日を迎えられたことが嬉しくてたまらなくなったのです。犬の胃がんは殆どが腺がんで、腺がんは予後が悪く、半年程度しか生きられないとされています。が んも色々あるんですよね。長く生きられるものから、そうじゃないものまで。事実を知る度に、地獄に堕ちていく感じ。

選択肢などないので、全てをかけ、大手術に臨みました。
手術の日、自分がおかしくなるのでは、と思うほど震えが止まりませんでした。
私の横で気丈に振る舞って欲しかったチチは、私以上に祈り、震えていました。

べべ、お前はよく耐えた。


手術後、スーパー食いしん坊が4日間の絶飲絶食を乗り越え、回復し、私達の元へ戻って来た時は、これ以上ないほど神様に感謝しました。

あれから一年。

毎日の投薬と、食事管理は欠かせませんが、べべは元気いっぱいです!

だからご褒美に、今日は大好きなお台場へ連れて行くことにしました!

「もしやあたち、お留守番でしょうか?」


リルだけではなく、べべ以外は皆留守番してもらいます!

「え……。 なんて言ったの?」


「ぼく、そんなこと聞いてないよ。」


今、言ったから。

チチがいれば皆連れて行くけどさ。
それに今日は、私自身の通院でもあるので、べべ以外は我慢してもらう事に。

お土産たっくさん買って来るからそれで許せ(笑)。

ささ。

いざ出陣! (※べべのお洋服のファーはアクリルファーです)


と車庫で車を出していたらババ(母)から電話がかかって来て一緒に行くって。
ババの家まで迎えに行って、首都高で台場方面へ~♪

まずは私の病院に付き合ってもらいました。


ここ、病院内です。ホテルみたいでしょ?(癌研有明病院)


恒例の血液採取を終え、ビーナスフォートへ♪

姫試着中


うーん。胴が太いのでいまいち似合わず(笑)


迷った挙句、こんなフリフリのにしちゃいました(ババからのプレゼント)


ランチを済ませ


お留守番組へおやつのお土産、べべへの小さな誕生日ケーキを買い、ちょっと休憩。


べべ、疲れた?


家を出てから4時間後。
再び家に戻ると、ナナリリコロンの冷たい視線が痛く感じられました(涙)。
犬に気を遣いながら暮らす私って、どうなんだろう…

お留守番組3頭を代わる代わるお散歩へ連れて行き、ご機嫌を取りまくり、おやつを与えまくりました。ごめんよ。お母さん一人じゃ、この位しかやってあげられない…

明日はチチが富山から帰ってくる(予定)なので、ちょっとおひまをもらいたい。

べべ、べべべべべべ!

8歳おめでとう!

次回からはコロンがたっくさん登場します!
ちょっとイメチェンしたコロンに会いに来て下されば嬉しいです!

今日は親バカ自慢記事でごめんあそばせ~!

家族募集中のコロンの記事は毎日更新中です(たまにサボります)
↓古いのもどうぞ♪

「素敵なベッドをくださった方を、ハハが勝手に突き止めました。ストーカーのようで怖いですね。でもどうしても一言だけお礼したかったって。

べべちゃん、8歳おめでとう!ぼくの3年間はべべちゃんと共にありました。
コメント返しちょっと遅れていてごめんなさい!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*