廃屋のお姫様2~可愛い野良猫


コメント返しちょっと遅くてごめんなさい。心がまだ波立っていて…
それにここ数日間、色々と忙しかったので、後でゆっくり返します。まとめてお返しするかもしれないので、前の記事をチェックしてみてくださいね~!

ユキの事はもう少し楽になったら改めて書きますが、亡くなってうちの子になりました。ユキとはお友達でしたが、今はわが子です。お骨だってちゃんとうちにある。沢山の綺麗なお花に囲まれ、騒がしい703号室でかつくんと永遠に眠っています。

今日は、ミリリンのお届けの様子を~♪

お見合いから4日後、703号室を巣立って行きました。
いつもながら、完全室内飼育について、気が狂っていると思われるほどお願いしてしまいましたが、里親さんは嫌な顔一つせず、私の話を聞いてくださいました。

メールをやり取りしていた時の一文です↓

幼子が不慮の事故にあうのは親の責任であるように、動物を我が子として育てるのに不慮の事故にあわせない、のは飼い主の責任だと思います。すると、 「完全室内飼育」も当然な事だと思います。私達はこの「完全室内飼育」には約束出来ます。大丈夫です。

これを読んだ後、実際にお会いしてお話をしたら、心配なんて吹き飛んでしまいました。以前里子に出した子が、外へ出てしまい、不慮の事故で死んでしまった ことがあったので、それ以降は、ますます「完全室内飼育」の徹底についてお話するようになりました。保護主として、私が犬猫を心配する気持ちは当然です が、それにしても度が過ぎているのでは?と思われても仕方ないほど、拘り続ける「完全室内飼育」。

この点を何度お話ししても真剣に聞いてくださるご家族の姿勢に打たれました。

そしてミリリンのご家族は、以前白猫のシロちゃんを飼っていて、今年の6月に亡くしたのですが、シロちゃんの話をする時の様子が、心に沁みました。

素敵な方に保護され、12年間家族として大切にされてきたシロちゃんは本当に幸せな猫です。こういう方々と暮せるミリリンって、最高にラッキーシスターで すよね。それだけではなく、うちのかつくんの記事を読んで泣いてくださったので、愛猫を亡くした同士、気持ちが痛いほど通じ合い、他人と言う感覚が全く生 まれなかったのです。あ、ちなみにかつくんとシロちゃんは、同じお寺でお骨になったんですよ。ユキも…

整備された住宅街の中でもひと際目立つ大きなお宅を入ると、玄関には沢山の猫グッツが!


玄関だけではなく、家中に可愛い猫グッツが置いてありました。


シロちゃんの写真が飾られていますね!
ミリリンも美猫ですが、シロちゃんはとんでもなく可愛い子ですよね!

ミリリンの為に用意された猫部屋


贅沢過ぎますよ(笑)。だってミリリンだけのお部屋なのに、広すぎるし、天井が高すぎるし、清潔すぎるんですもの!私が住みつきたいですよ(Kさんも言ってた^^;)

天井高そうでしょ? 冷暖房完備だし(笑)


爪とぎスペース


ビビり姉妹の為に、ゲージまで用意してくれました。


この時はまだ固まってますね^^;


素敵なお宅へセットで暮せるなんて、あんた達ずるい(笑)。

ひろーいリビングで美味しいお茶を頂きながら、楽しいひと時を過ごしました。

ミリリンにはちょっと広すぎるかな?
我が家では狭い洗面室を拠点としていただけに、この広いお宅のあちこちを走り回る姿を想像すると、何とも言えない喜びがこみあげてきます。

ここで食べて、ここで寝て、ここで遊んで…
ご家族に愛されながらこれから先何の心配もなく生きられるミリリン。
こういう猫を増やさなければ…
毎度ながら、「お届け物語」は私の活動力になりました!

リビングの写真は撮り忘れたのですが(涙)お庭の写真は撮りましたよ~


これ、シロちゃんのお墓なんです。


夜にはライトアップするそうですよ。このお墓、わざわざ業者に作ってもらったそうです。お庭にシロちゃんのお骨が眠っているなんて、何だか又ジーンときちゃって…

シロちゃん人形もオーダーして作ってもらったそうです(死ぬほど可愛かった)


てづかちあきさん(てっちさん)の作品。凄い… 肉球まである。


シロちゃんがご家族にどれだけ愛されて来たか、そしてミリリンがこれからどれだけ愛されるのか、分かりますよね!本当にありがとうございます!

そんな訳で、ミリリンは、素敵なご縁をGETしました!

「Ⅹ106リン、107ミリ、本当におめでとう。これだけ素敵なお宅なら安心だね。最近は慣れて来たってメールも貰ってるよ。日当たり最高だから、洗濯物が良く乾きそうってハハが言ってたよ。最近は洗濯すらサボっていたくせに…

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*