廃屋のお姫様1


色々あって、ご紹介するのが遅れましたが、今日は廃屋に残った最後の姉妹たちのご縁探しと新し いご家族についてお届けしようと思います。ここ数日は自分をコントロールするのが本当に面倒で、突然何もかも投げ出したくなってしまったり、心がわがまま になっていましたが、素敵なご家族の元へ旅立ったカミュとミリの事を書かなくては!

その前に!

ミリ(黒)のお名前はそのままですが、カミュ(白)だけ変わりました。
カミュはリンちゃんになりました。二猫合わせてミリリンです。可愛いでしょ?

リンとミリの募集には、少し自信がありました。
大きくなってしまっていたけれど、とても美しいし、いい子たちなんです。まあ、今までの子たちも皆いい子で可愛いので、リンとミリだけが特別って訳ではな いんですが、なぜかその頃の私はとても楽観的で、募集用の写真撮影や文章を心から楽しんで、撮ったり書いていました。それが良かったのかどうか分かりませ んが、厳しい時期にも関わらず、沢山のお問い合わせを頂きました。嬉しかったです。

ミリ(黒)とリン(白)


生まれてから8ヶ月間共に暮らして来た仲良し姉妹。

出来る事なら姉妹で貰ってくださるお宅に託したい、そう思っていたのですが、お互いが幸せになるなら、離すのも一つの手段だと割り切る事にしました。だか ら、別々の希望者さんとお見合いする予定を入れたのです。最初のお見合いは、白猫リンの方。続いてその夜は、黒猫ミリのお見合いを予定していました。

ただ、幸せになる為なら離してもいいと頭では考えていても、くっついて離れないミリとリンを見ていると、どうしても同じお宅へ行く道を模索してしまうので す。ミリとリンは他の兄妹(ビヨンセ・ハットリ・シェリ・シロップ)に比べ、更にビビリ。保護されるのも一番遅かったし、人慣れも一番遅かった。つまりミ リとリンにとって、お互いの存在は、姉妹であり、母子であり、友達であり、唯一絶対だった気がします。

揺れる心…

どうしよう、この姉妹、やっぱり離したくない…

そこで、リン(白)のお見合いの時、思い切って自分の考えを伝えてみる事にしました。

会いに来て下さった奥様、社会人の娘さん2人は、仲良しのリンとミリを見て、目を細め、是非一緒に迎え入れたいと申し入れて下さいました。あとは、ご主人の意見を聞いて、もう一度ご連絡をくださることになったんです。

新しいご家族の事は次回改めてご紹介しようと思っていますが、いつもながらこんな素敵なご家族が居るんだ…と感動してしまうほどのお人柄です。これ、大袈裟じゃないんですよ。私は会った瞬間から、もう間違いないと感じていましたから!

しかも、娘さんはリンとミリの母猫和宮が703号室に居た頃から読んで下さっていて、和ちゃんと子供達が幸せになるのをずっと見守って下さっていました。

例え、ご主人様が反対して、2匹で迎え入れられなかったとしても、ミリの夜のお見合いの予定は断ろう、理由を話し、自分の思いをきちんと説明して、謝ろう。そう思い、ミリの希望者さんにメール&お電話すると、

「ミリちゃんの事は残念ですが、姉妹で暮せるならそちらの方にお願いした方がいいですね!うちは先住猫が居るので、ミリちゃんしか希望出来ませんが、姉妹一緒がいいですよ!」

って…

あああ、何ていい人なの…

そう思って、余計なお節介で、みいさんち に保護されていた子猫みみの紹介を勝手にしちゃいました。みみもぷくぷくさんが保護した子で、私がみいさんに保護してくれるようお願いしたんです。みいさ んは、快諾。子猫3匹預かって家族探しを引き受けてくれています。だから私がみみの紹介をしても、叱られないかなと思って…

そしたら!!

何と、ミリの希望者さん!

みみとのお見合いを経て、ご縁に至りました。本当に良かった!

誰も傷つけず、手に入れたご縁。その事も嬉しかったです!

ミリとリンは、12月3日、セットで我が家を巣立って行きました。
2匹飼いに反対するどころか、ご主人さまは笑っていたそうです。

犬猫だらけで怖い思いをさせてしまったけど、ちゃんと送り出す事が出来ました。

ミリ


リン


おめでとう♪
いつまでも幸せに!

お届けの様子は次回へ続きます。今回もため息が出るほど素敵なお宅でした!

★★★おまけ★★★

土曜、みいさんぷくぷくさんが来てくれました。ユキに綺麗なお花、ありがとうございました。ミリとリンのご家族からぷくぷくさんへ色々預かっていたのでお渡ししました。

こんな可愛い子も連れて来てくれましたよ。


ミルミルちゃん


ぷくぷくさんが保護している子猫です。
見ての通り、目がありません。全盲です。
色々写真を撮りまくりました。

「あ、ハハさんっ、また宣伝なんかして!いつでもどの子でも可愛いって言うんだから!」と思われるかもしれないけど、ミルミルと実際会って、その可愛さに 驚きました。正直、私が引き取りたいです。本心です。ミルミルは、ちょこっと触れただけで、全身でゴロゴロ喉を鳴らすのです。それを見て、この子は何もか も見えているんだ、と感じました。

食べる姿も、しがみついてくる姿も可愛くて仕方ない。

ミルミルが幸せになるよう、これからもぷくぷくさんを応援していきたいです!
ミルミルご家族募集中!

みいさんのところの茶トラむむ&さび猫めめもよろしくお願いします~!

「次回は先にカミュとミリの卒業について書いてから、続きを更新する予定です。まだかなり辛いので、ゆっくりになるかもしれませんが、どうかお許しください。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」
<a href=”http://anny703.com/wp-content/uploads/middle_11992968271.jpg”><img class=”alignnone size-full wp-image-1994″ src=”http://anny703.com/wp-content/uploads/middle_11992968271.jpg” alt=”かつくん なな” width=”400″ height=”300″ /></a>

スポンサーリンク





コメントを残す




*