私の得たもの


私は便宜上、「保護活動」という言葉をつかいますが、実は保護活動は特別なことでも崇高なことでもないと思っています。

すでに周知の事実ですが、私は犠牲的精神を持った清貧な人間ではありません。あれこれほしいただの主婦です。なんの後ろ盾もない一個人の私にできるのですから、何点かのポイントに気をつければ多くの方ができますよね。

これ私の持論です。でもまちがっていないと自負しています。

保護活動は人格者でなくてもできますし、金持ちでなくてもできますし、立派なシェルターを構えてからはじめる必要もありません。宝くじが当たるのを待つ前にできます。

 

そもそも私は一部の方にのみ負担させるべきではないと考えています。

私のように普通に暮らしながらもできる活動は将来性をはらんでいます。

普通にできるからこそ浸透するのではないでしょうか?

特殊技能を持った方々でなくてもできるから広がるのではないでしょうか?

 

「犬猫を保護する一部のえらい人」と「えらい人を見上げるだけの人」ではなく、それぞれにできることをしませんか? 真剣に取り組めばうまくいきますよ。そして楽しいです。

 

中でも「里親になる」選択肢は、なくてはならない保護活動といえるでしょう。

譲渡の際にいくつかお約束は交わしますが、里親さんと私は対等の立場であり、里親さんを心から尊敬しています。すばらしい方々です。

 

私のほうがあまたの犬猫と関わっているのに、里親さんをなぜ尊敬するのか?

私のほうがえらいはずでは?

 

ちがいます。

 

私は保護した犬猫の「一時だけ」を面倒みます。

しかし里親さんはその犬猫の「一生」をみます。

 

どちらがその子にとって重要な立ち居地でしょうか?

 

答えは明らかですね。

 

 

では皆さまに証拠を提出します。

 

『普通の人たちにできること』

 

ぐうだら主婦の私は、その日旧友たちと昼間から豪快に遊んでいました。チチや妹夫妻も一緒に私の友人たちの中に混じりボクシングを観戦し、食べたり飲んだり。

 

同じ日偶然私は地元で一匹の傷だらけの野良猫に出会うのです。

 

友人たちと騒ぎつつも野良猫が気になったので、捕獲箱で保護しました。

IMG_5624

 

※捕獲箱は主婦のおこづかいで入手できます。

 

遊びほうけながら猫を保護した日の記事はこちら⇒ 「美音」

 

 

こうしてウイと名づけた保護猫を2LDKの自宅マンションへ連れて帰り医療ケアを済ませ、仲良くなる作戦を展開しつつインターネットの里親掲示板にて家族募集を開始。

 

徐々に人を信じるようになったウイ

87

 

 

顔の怪我もすっかり治っています。

nyao

 

 

我が家の先住猫たちともなんとなく打ち解けました。

2014915 (4)

 

(703号室のウイの写真はすべてみいさん撮影)

 

お問い合わせ⇒やり取り⇒お見合い⇒お届けを経てウイは「むぎ」として終の棲家へ向かいました。むぎの保護のあとも私は相変わらず私生活をエンジョイ。

 

いろいろ努力はしたけれど、私はむぎのために大きな犠牲など払っていません。

 

ウイあらためむぎの卒業記事はこちら⇒ 「野良猫から家猫への昇格2

 

 

先日、卒業生となったむぎに会いにチチと行ってきました。

IMG_4242

 

 

譲渡のときにはなかった猫タワーや

IMG_4240

 

 

新たな猫グッズ

IMG_4247

 

 

むぎの写真コーナー

IMG_4246

 

 

ご主人の力作玄関飛び出し防止ゲート

IMG_4257

 

 

相変わらずあちこちに施されている脱走防止対策

IMG_4241

 

 

コンセントをいたずらしちゃったむぎの安全を考え2Fのテーブルにも柵がついていました。

IMG_4253

 

 

肝心の主役がクローゼットに篭城したため一瞬しか会えず^^;

IMG_4254

 

 

おいしいケーキをごちそうになりながら

IMG_4250

 

 

里親さんのスマホ内のむぎ坊の写真でがまんという(汗)。

IMG_5225

 

 

あ、そういえばワクチン証明書のむぎ坊の顔写真も見せてもらったわ(爆)。

IMG_4259

 

 

ご家族とベタベタするときは驚くほど大胆なのに、私にはサービス精神ゼロか……

 

まあ、こんなもんですよね。

 

むぎ坊の写真を手に、主役不在でハイポーズ! むぎママかわいい!

IMG_4260

 

 

ご家族からはたくさんのおみやげをいただきました。

IMG_4325

 

 

むぎんちの帰り道、私は車をチチともども途中で乗り捨て「動物愛護法勉強会」へ。まるで昼は気の合う友人のお家に遊びに行き、夜は趣味の講習会や習いごとへ行く感じじゃないですか? まさにそのとおりなんですよ。ひとつも「特別」じゃないですね。

 

一所懸命に取り組んでいる里親探しの方法の部分は長くなるのでほぼ割愛しましたが、誰にでもできることをちょちょっとしただけで、1匹の猫の生涯を変えることができたのです。

 

譲渡にさえ気をつければけっしてむずかしくありません。

できる人はもっともっといらっしゃるはずです。

環境を整え、里親になり、不遇な犬猫たちの受け皿を増やす方法もあります。

 

私はこの活動で失ったものより、得たものの方が格段に多いです。

 

つらいこともあるけれど、仕事や趣味だって目標を立て責任を果たそうとしたら壁にはぶち当たるから大差はないですね。

 

犬猫の保護活動がもっと普遍化し浸透し文化として定着しますように!

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • スズナオ

    ハハ様、お疲れ様です。
    以前、里親様とのコミュニケーションの事でコメントした者です。
    里親探しの方法でお聞きしたい事があります。
    家の中に入れてあげる事も出来ない状況で、身近な人にも預かってくれる人がいない場合の里親探しの方法はありますか?
    また、保護した子が完治しない病気などがあった場合は里親募集をしますか?
    参考にさせて頂けたらと思いメール致しました。
    宜しくお願い致します。
    PCのアドレスなので、すぐに返信出来ない時が多いです。。すみません。

    • anny703

      スズナオ様
      今メールしました。

  • まったくもってそのとおりです((o(^∇^)o))
    シェアさせてください!

    • anny703

      どうぞどうぞ^^
      むーこちゃん! がんばれーーー

コメントを残す




*