安心の安ちゃん


昨日2時間かけて書いた記事がパーになりやさぐれました。

悔しいので再現してみますが、脳がスカスカでうまくいかない可能性大です。

先日、ヨチヨチ衆の写真撮影をひとりでがんばってみたのです。

保護部屋は暗いので、チチが使っている寝室に民族大移動!

ベッドの上に置いたのですが、東西南北走り回る走り回る(汗)。民族紛争もはじめんばかりの勢いで走る転がるを繰り返し、見ているだけで体の底から疲労感がどっと溢れてきました。

500枚ほど撮ったのですが、ブレブレが400枚以上(汗)。

顔が半分切れてる、暗すぎる、などの諸問題も含めると470枚がボツでした(号泣)。

で、でも!

10枚くらいはいいのあったので、まずはヨシとします。
クリックすると元のサイズで表示します

へへ♪ まずは紅緒さん(べにお ♀)
クリックすると元のサイズで表示します
ブルーアイの紅緒さん。耳、鼻、尻尾はアッシュ系のグレーです。こんな高貴な色合いは大正時代を彷彿させるでしょう。ってことでこの名がついたのです。知らない人のために補足しておきますが、ハイカラさんが通るの紅緒さんね。

お次は長丸(おさまる ♂)
クリックすると元のサイズで表示します

きょうだいの中で一番体が大きいので、「長」の漢字を入れました。でもながまるじゃないよ。「円くおさまる」「幸せにおさまる」の意を込め、おさまるで す。紅緒とお揃いの雰囲気ですが、耳、鼻、尻尾はチョコレート色。紅緒との微妙な色違い加減がまたオシャレです。この子もブルーアイ。

最後は安丸(やすまる ♂)
クリックすると元のサイズで表示します

キジ白模様ですが、半長毛の兆しです。キジがくっきり出ていて美しいです。目はキトンブルーからイエローに変色しようとしています。正統派の黄金色もまた ハンサムなこの子の雰囲気にピッタリです。名前には「休まる」の意を込めましたが「休丸」にしなかったのは、自分の台湾の名を一文字入れたかったから。

今の日本名とはだいぶかけ離れていますが、私は劉安妮(りゅうあんにい)としてこの世に生まれてきました。その一文字を安丸にプレゼントしたってわけです。

「えー 重いよ。ぼく名前より食べ物のプレゼントがいいです。あの人に似たら困るし……」「確かにね。でももらえるもんはなんでももらっちゃえば?」
クリックすると元のサイズで表示します

まあただの仮名だから(笑)。

「どうりで落ち着くと思ったわ。お母さんは安心の安ちゃんなのね」
クリックすると元のサイズで表示します

落雷の日は、ナナ、リルがこうしてくっついてきます。
クリックすると元のサイズで表示します

「お母さん、まだ起きちゃだめよ。みんなでくっついていないと」
クリックすると元のサイズで表示します

「どこにも行かないでそのまま寝てて」
クリックすると元のサイズで表示します

ナナ(茶色)は普段から私が大好きですが、そっけないリル(白ふわ)までこうして寄り添ってくる姿を見ると、頼りにされているのをうれしく感じます。

「あたちたち今心の余裕がねー」
クリックすると元のサイズで表示します

雷は怖いものね。お母さんも大の苦手だよ。

でも、家族でこうしていれば、苦しいことも辛いことも乗り越えられると思うから、これからも支えあって生きていこうね。ナナ、リル、私の娘になってくれてありがとう。それにしても束でくるとあんたたち、圧迫感がすごいなあ……。

★★★ありがとう★★★

みいさん、先日はいろんなものをありがとう。店が開けそう。もずくやツナ缶まで……。化粧水も早速使ってるよ。
クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*