ざわめき


本日、アー太郎をお届けしました。新しい名前と新居での様子はまた改めてお伝えします。

他にもいろいろ書きたいことがありますが、今心が落ち着きません。

保護したばかりの千吉が心配です。

千吉は無事我が家に戻りましたが、残念ながらFIVキャリアでした。加えて、驚くほどの耳ダニがいて、大巻先生にうちのお子たちと1カ月隔離するよう言わ れました。耳ダニの治療については、千吉を隔離した上で、毎日薬を耳に入れ浮き上がった汚れやダニを拭く。そして週に一度病院へ連れて行き、経過をみると いう感じです。

FIVキャリア、耳ダニ、この他に実はひとつ気になることがあります。

体の割には腹部が膨れているのです。

食べすぎ、っていうほほえましい体型ではなさそうです。

どうか私の気のせいであってほしい。

私が神経質すぎるからそう見えるだけかも。

ずっと自分に言い聞かせています。

大丈夫、大丈夫。

私が恐れている病気は、ひとつだけ。

その病名をここに書くことすら怖いので、これ以上は書きませんが、明日もう一度大巻先生に診てもらいます。

当の千吉は、ただひたすら甘えまくっています。

アー太郎が卒業したのを機に、プー太郎をお気に入りの籠ごとリビングに移動させました。籠ごとの移動だったので、プー太郎も納得してくれたようで落ち着いています。

空いた保護部屋に、千吉を入れました。

さっき一緒にお昼寝したら、ぴたっと寄り添って離れないのです。

外で見かけたときは、絶対に自分から近づいてきませんでした。

やさしく声をかけても逃げてしまう子だったのに、今は保護部屋を出ようとすると必死にあとを追ってきます。飼い猫だったんですね。捨てられてしまったのでしょう。

どうしてこんな甘えん坊が、外でひとりぼっちだったのか。数ヶ月は見かけていたのでもっと早く保護すればよかったと後悔しています。

元飼い猫が外に捨てられるのは、その苦労を想像するだけで恐ろしいです。皆さまもそう思いませんか? コタツでぬくぬくしている自分の愛猫が外だけで生き なければならなくなったら、なにを食べ、どこで眠り、どう生きていくと思いますか? 甘えられる人もいなくて、きっとなにもかもが恐怖のはずです。

猫は怖がりで繊細で慎重な生き物です。

誰にも構ってもらえず、さわってももらえない「野良」をつづけなければならない猫は、地獄なんだろうなあ。誰にでもかわいがられる愛想のいい不妊手術済みの地域猫ならまだいいんですけどね。

つい長くなりましたが、千吉の腹部の腫れが杞憂で終わりますように。

写真は保護2日目の千ちゃんです。
クリックすると元のサイズで表示します

通院、がんばろうね。

大好きだよ。

スポンサーリンク





コメントを残す




*