ラックとして2


ドンタ改めラックの卒業記事第2弾でーす!

読んでいない方は、まずひとつ下の記事からご覧くださいね↓

703号室から高速道路を使い、車で約1時間半。

ラックはおとなしく乗車してくれる優等生です。
クリックすると元のサイズで表示します

途中で休憩もしました。やたら楽しそうですね。
クリックすると元のサイズで表示します

お家に到着すると、奥さまが外で出迎えてくれました。お会いするのは2度目。おおらかで笑顔のステキなママさんです♪ ラックも覚えていたのか、上手にごあいさつできました。

開放的な玄関
クリックすると元のサイズで表示します

うらやましい限りですが、脱走が心配でした。

でも、ほ~らハート
クリックすると元のサイズで表示します

早速飛び出し防止ゲートを設置してくださったのです。

先代ふうきちくんのために設けられたシャンプー台!
クリックすると元のサイズで表示します

これからは、ラックが使うことに。壁にはリードフック? があり、シャワーの蛇口が伸びるので、オシャレで実用的ですよね。犬との暮らしがよく考えられた空間です。

よかったね
クリックすると元のサイズで表示します

とにかく明るいリビング
クリックすると元のサイズで表示します

ラックが早速興味を示していたキッチン(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

テラス(ラックはノーリード・フリーでは出さないのでご安心を)
クリックすると元のサイズで表示します

長年、暗く狭い一室で窓も開けてもらえず、押しくらまんじゅうのように仲間と暮らしてきたラックには夢のような暮らしでしょうね。

どこへ行っても図々しいチチもうれしそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

「よかったなラック」      「うんっ」
クリックすると元のサイズで表示します

そんな会話をしてそうな1枚(笑)。

床の上に座るチチと、専用ベッドでくつろぐラック
クリックすると元のサイズで表示します

チチは、ラックと別れる前の晩、バルコニーで私にこう言いました。

「(ラックの卒業が)オレにとってはさびしすぎるなあ……」

でもこうして家の中を飛び回るラックの姿を、微笑ましく思っていたにちがいありません。
クリックすると元のサイズで表示します

「へへ。ここぼくんち?」
クリックすると元のサイズで表示します

ソファに飛び乗ったり、やりたい放題のラック
クリックすると元のサイズで表示します

ご家族は顔をしかめるどころか、ニコニコ笑ってくださいました。

私もにっこり

【犬とは一緒に寝ない、ベッドやソファに上がらせない、人間がリーダーであることを常に行動で示し、上下関係をハッキリさせる】

そういう訓練方法があることは、ご家族も私も承知しています。犬によっては、むやみやたら甘やかせた結果、人を噛んだり、手のつけられないわがままな性格 になってしまうこともあるでしょう。里親さんがどう暮らしたいかによって、私側のアドバイスも変わってきますし、基本的には、里親さんのライフスタイルに 従う形を取っています。

だけど、本心は、うちみたいな家庭だといいなあと^^; いけない保護主ですね。うちは犬猫に甘いので、一緒に寝てますから(笑)。

訓練士さんから見たらダメなのかもしれないけど、この方法でうちのべべナナリルはどこに出しても恥ずかしくない犬に育っています。

ラックにも最低限のルールを学んでもらう必要があるのかも。心を鬼にして、厳しく接していかなければならないこともあるでしょう。だけど、そこに比重を置くよりも、なんて言うか、のびのび暮らしても怒られない環境が必要だと思うのです。

この子は今まで歪な世界で暮らして、十分萎縮してきましたから。

それにこの子は、なんでもちゃんとわかっています。

いい子ってことですよ♪

ご家族の方針を伺い驚きました。ほとんどうちと同じなのです。ご家族も私と同じ感覚を持ってくださったようですが、私も、飼育方針を伺いご縁を決めました。

理知的で、奥行きの深いご主人さま。やさしく凛とした奥さま。このおふたりから生まれ育ったお子さまもまた、とってもまっすぐで……。

勉学に忙しいお兄さんには会えないかなと思っていたんですが、お届けのとき、ご家族全員揃って待っていてくださったのも私にはうれしいサプライズだったのです。

お兄さんとお姉ちゃんが私の話を真剣に聞いてくださったんですよ。未来を担う若い世代の方々に話を聞いてもらえるのは幸せですね。

お顔出しはしませんが、記念写真を撮りましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

ふふ♪ こりゃいっぱい幸せになるんだろうなあ^^
クリックすると元のサイズで表示します

ラックのために準備された首輪は、お家のインテリアの色とマッチしていますね。奥さまの好きな色合いなのかな?
クリックすると元のサイズで表示します

サイズもピッタリ
クリックすると元のサイズで表示します

前回紹介したふうきちくんのお骨とたくさんの写真。リビングの中央でご家族を見守っています。
クリックすると元のサイズで表示します

奥さまは、ふうきちくんにしてやれなかったことを全部次の子にしたいと仰っていました。こんなに愛されたふうきちくん、これからいっぱいの愛を受けるラック。うーん、いいですね。

ラックは新しい生活にもだいぶ慣れてきているそうです。ママさんのストーカーらしい(爆)。男性不信が精神の根底にあるので、男性陣とはまだ少し距離があるそうですが、家族だからゆっくり埋めていけると信じています。

ご家族からは、医療費(全額姉妹ちゃんに渡します)の他、交通費や商品券のプレゼント、こんなかわいいお菓子までいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

姑ちゃんたちとおいしくいただきました。ごちそうさまでした!

最後に、鼻血級の写真をどうぞ♪
クリックすると元のサイズで表示します

奥さまから届いた、渾身の1枚でーす。首の傾げ具合とかすごいキュート。この写真は今、私のスマホの待ち受け画面になってます。

幸せになれる犬猫が増えますように。

PS 私は今夜、チチとレイトショーに出かけます。宮崎駿の映画。私は「零戦」について調べているので、楽しみで仕方ありません^^

かつくん「X193ラック、卒業おめでと。小さな体に思う存分、愛と幸を詰めこんでください。703号室に笑顔をありがと。いつまでも元気でね。

ちなみに、先代ふうきちくんの命日は、ハハの誕生日と同じだそうです。ふうきちくんが亡くなったのは本当に残念ですが、ここにもなにかご縁のようなものを感じたとハハが言っていました。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」
クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*