共に生きる時間


昨日は仕事がはじまって30分ですでに精神的ギブアップでした。

若かりし頃のべべを思い出したのです。

当時私はひとり暮らしをはじめて日が浅く、自活の大変さを噛みしめる毎日でした。べべを家に置いて働きに出なければならなかったのが本当にストレスだったなあ。

家に帰ったら、べべがぐったりしていたことが2度ほどありました。

泣きながら夜間病院に駆け込んだっけ。

幸い、命に別状はありませんでしたけど。

話は戻って先週末、チチと犬たちを連れて夜土手に行った際、べべが上手に階段をおりれなくなっていることに気づきました。加齢で視力が悪くなったのです。 急いで歩こうとするチチに、「べべ、目が少し不自由みたいだからゆっくり行こう」と提案したところ、チチが泣き出しそうな表情を浮かべました。

「そっか。そうしよう」

昔のべべ、今のべべ、土手でのチチの顔、ナナ、リル(一番心配かもしれない)、ほほ、あまた、保護猫ひかる、ケージで過ごす時間が長い保護猫あかり。みんなの顔が浮かんでは頭で打ち消し、浮かんでは頭で打ち消し……。

共に生きられる時間は、限られているのに……。

やばい。

今日は私、仕事にならないかもしれない。

淋しい思いをさせてごめん。

でもお前たちが淋しいときは、私も淋しさと闘っているんだよ。

家族だから同じだもんね。

仕事が終わったら駆け足で帰るから、待ってて。

帰り道、妹に連絡。

ちょうど会社帰りの妹が我が家にいたので、うちの様子を聞きました。

べべナナリルが淋しそうでかわいそうに思った妹は、散歩に連れて行ってくれたそうです。ありがとう。ありがとう。妹がいてくれてよかった!

ようやく電車に飛び込んだ私は、妹に写真をおねだりしました。

するとすぐに数枚送られてきました。

その中の傑作を載せておきます(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほだぁ。

ほほがこっち向いてる。

なにを考えているんだろ?

きっとお腹をすかせているよね?

愛おしくて愛おしくて。

会いたくて会いたくて。

ほほ、生きていてくれてありがとう。

今は家計を支えるために働くしかないけどできる限り一緒にいよう。

約束する。

(と、ここまで書いたら仕事先から電話が!)

来月から仕事の時間を1時間減らし、通勤時間を30分短縮できる方向でーす! バンザイ! やったね

ごめんなさい。今私、一気にテンションが上がりました。来月からは妹に頼まなくてOK。うまくすれば明るいうちにギリギリ家に帰れるかも。

「あっそ そりゃよかったね」
クリックすると元のサイズで表示します

ひー、やる気ないね^^;

「ねこ ですから」
クリックすると元のサイズで表示します

ひかるはご縁を求めています。今日もお問い合わせゼロだったけど、いつかお目が高い方に出会えると信じています。おひとり暮らしの女性も大歓迎ですからね♪

あーちゃんはまだもう少しかな?
クリックすると元のサイズで表示します

うまくすればさわれるんですけど、人間嫌いが改善されません。いずれ心を開くのかな? ずっとケージは不憫なのでフリー時間も設けています。早く皆さまにちゃんと紹介したいのに、人慣れが一進一退で歯がゆい。でも元気にしていますからご安心ください。

今日の午前中は打ち合わせで外出しましたが、30分で終わったので、帰りにマッサージへ行ってきました。60分で3000円。コリコリの自分へのごほうびです♪ おかげでスッキリ。

その後、ランチを買って家で食べました。

これが本日のランチでございます(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

韓国のり、めかぶ、クリームどら焼き?

食べ合わせの気持ち悪さはスルーでお願いします。

食べたいものを食べたいときに食べるのが我流ですから(爆)。

次回は卒業猫福多朗の写真をUPします。

懐かしのアングルが甦るかも?

いつかひかるも卒業生として紹介したい。

儚い夢ではないと信じてがんばります。

ひー、かわいいですよ^^

一緒に暮らしてみませんか?

どんな些細な不安にもわたくしめが喜んで対応いたします。

ぜひ、お問い合わせください。

スポンサーリンク





コメントを残す




*