あまた


5年前の1月20日、我が家に大きな男の子がやってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

一見シャイなのに、実はとても大胆。

外暮らしに疲れ、なんと自ら保護を求めたらしいのです。保護主ぷくぷくさんの自宅マンションの玄関先まで侵入し、連日、ぼくをお家に入れてよ! の大騒ぎ

外出先から戻るぷくぷくさんを、根気よく待ちつづけ、数百メート先からストーキング行為(笑)。あまりにも大きな声で自己主張するので、ぷくぷくさんは困り果て、仕方なく保護したとか。

厳冬の日も、ぷくぷくさんちの近くの駐車場奥の茂みの一角が、あまたの定位置。

そこだけべっこりあまたの形に凹んでいたそうです。

寒い中、がんばって耐えたねえ。

保護するまでのいきさつをぷくぷくさんに聞き、私はますますあまたが愛おしくなりました。

好きで外にいたんじゃないよね。
クリックすると元のサイズで表示します

捨てられて、行く場所がなかったんだもんね。
クリックすると元のサイズで表示します

根負けしたぷくぷくさんが、この子を保護してくれて、よかった。
クリックすると元のサイズで表示します

その頃の私はと言いますと……

愛猫かつを亡くし、失意のどん底にいました。

かつはたったの3年しか生きられなかったけれど、その存在の大きさを、なににたとえたらいいのか。とにかく、喪失感に押しつぶされてしまいそうな、ぐっちゃぐちゃの心理状況。

かつの死の3日前に保護した水頭症のほほを手元に残したけれど、短命と言われたほほをいつ失ってしまうのか、ビクビクする毎日でもありました。

猫は2頭飼育が理想とされています。いい意味でお互いを刺激し合い、長生きする傾向にあると仰る獣医もいるくらいです。かつの時は、かつだけだったので、 後悔が残りました。当時の私の活動のメインは保護犬。だからかつのお友だちは犬ばかり。保護猫が来てもすぐに巣立ってしまうため、かつは猫のお友だちがい ませんでした。

犬を連れて遊びに行く時、かつはいつもひとりでお留守番。

その姿を思い出すたびに、また胸が痛くなる。

だから、ほほにお友だちを、と。

私自身がさびしかったのが、まあ一番の理由ですけど。

自分でも猫の保護をしていたので、変な話、猫には困りませんでしたが(笑)、偶然、里親サイトであまたを見つけてからは、あまたが気になってしょうがなくなり、なぜだか自分でもよくわからないんですけど、あまたを我が家に迎えたいと思ったのです。

保護活動をしている私が里親になる。

へんてこな話ですね。

たぶん、もう二度とないと思いますが。

ぷくぷくさんにお問い合わせのメールを出し、1度はお断りされましたが、その後縁あって、あまたはぷくぷくさんに連れられ、我が家へ。

お届けの日に見たぷくぷくさんの涙を、私は忘れないでしょう。

特殊な環境の我が家ですから、当然心配もされたはずです。

あまたを保護してくださった保護主さんのためにも、あまたを一生大切にしていこうと心に誓いました。

ごはん命のあまぱん太郎
クリックすると元のサイズで表示します

お行儀よくおすわりして、1日に20回くらい、おねだりします
クリックすると元のサイズで表示します

ほほの食器のチェックも忘れませんっ!
クリックすると元のサイズで表示します

体が大きすぎるのか? はたまたお顔が小さすぎるのか?
クリックすると元のサイズで表示します

推定8歳の平和主義者あまたんは、年下のほほ(でもあまたより先住)をたて、仲良くしてくれています。ほほにいじわるされても、あまたはほほが大好き
クリックすると元のサイズで表示します

お母さんともラブラブです
クリックすると元のサイズで表示します

あまた、703号室に笑いと癒しを運んできてくれてありがとう。あまたのおかげで、お母さんはかつくんを失った悲しみから解放されました。あまたんと家族になれたことが、すごくすごくラッキーです。

今までも、これからも、ずっと大好き!
クリックすると元のサイズで表示します

★一つ下の記事も読んでくださいね~! ゴンタと福多朗の動画が^^

かつくん「ハハははじめ、ぼくの代わりをさがしていたんだろうね。だけど、あまたはぼくには似てないんだよね。特に性格は全然ちがう。あまたはぼくじゃな いから、ちがっているからこそ、ハハは立ち直ったんだと思う。ぼくの代わりをさがしていた割には、矛盾する話だけど、実際、そうなんです。

ハハ曰く、かわいすぎるあまたは、もっといい家に行けたはずだから、703号室で申し訳ないんだけど、うちにはあまたが必要です。

いつもあたたかく、やわらかなオーラを放ちながら、ここにいてくれてありがとう。

ぼくからも、一応お礼を」
クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*