ゴンタのヘルパーさん


チチがブログのレイアウトを変えたせいで読みづらくなり、皆さま、ごめんなさい。アフィリエイ トをはるって言って聞かないのです。今、我が家の家計は火の車状態。早く次のバイトを探さなければいけないのですが、ゴンタが前よりお留守番できなくなっ てしまったので、長時間家を空けるわけにはいきません。私が4時間以上家を空ける日は、チチや妹が見てくれています。それぞれが息抜きできるよう、年末の 楽しいひと時を過ごせるよう、助け合いながら成り立っている毎日です。

チチがアフィリエイトをはったのは、そんな理由から。皆さまが703号室に入ってお買い物をしてくれたら、ポイントが貯まり? 月に数千円が入ってくる仕組み? だそうなのです。ごめんなさい。よくわかってないですね、私。ちがうかも^^;

ゆきりーん、チチへの非公開コメントありがとう。ふむふむって、参考にしてましたよ。

昨夜、冷蔵庫のあまりもので、ゴンタに手作りご飯を作りました。ナナ、リルにも食べさせます。
クリックすると元のサイズで表示します

材料:冷凍ごはん、白菜、チンゲン菜、もやし、豆腐、ひき肉、犬用ハム、しいたけ。

できあがったおじやに、腎臓用サプリ、痴呆を緩和するサプリ、酵素などを入れ、ゴンタに食べさせます。この時点になると、かなりまずそうですね(涙)。
クリックすると元のサイズで表示します

ゴンタは食べるのが大好きです。

ご飯命!

だけど、私の介助なしでは、上手に食べれなくなってしまいました。

食器がどこにあるのかすら、わからないのです。
クリックすると元のサイズで表示します

人間がハウスに入り、ゴンタの体を支え、抱きかかえながら、一口、また一口と、食べさせなければなりません。
クリックすると元のサイズで表示します

もはや私たちがだれなのかも、わかっていないでしょう。

いや、703号室に来た時点でかなり痴呆が進んでいたので、もしかするとはじめから、私たちを認識していないのかもしれない。意思の疎通がうまくいかず、ただただ戸惑いました。ゴンタを見て、本当にこれが犬の姿なのか? と思ったことも一度や二度ではありません。

私はうぬぼれていました。

「老犬介護」を侮っていたのです。

よく耳にする一語。

私にできぬはずはないと。

だから、現実の厳しさを前に、何度も挫折しかけました。

泣いたし、逃げたかった。

家に帰りたくない。帰ったらまたはじまる、はじまってしまう……。

ゴンタは13年、土手の劣悪な環境で生きてきた犬です。

ゴンタのお母さん犬は、土手で火事に遭い、ゴンタの目の前で、生きたまま焼かれて死にました。ゴンタは九死に一生を得ましたが、その後も辛い日々の連続。それでも、いつも明るく前向きで、土手犬の中では珍しいほど無防備で甘えん坊でした。痴呆になる前の話ですけど。

13歳の時、土手で倒れたのですが、運よく発見され、血管肉腫の手術を受けました。

手術を受けたとしても、余命は、3か月、長くて半年と宣告されました。

ちなみに、あれから2年経ちますが、まだ超元気です(笑)。

ゴンタはKさんIさんがメインでお世話していたエリアの土手犬だったので、私は差し迫ってこの子の処遇を考えたことはありませんでした。でも、Kさんか ら、ゴンタを置いておく場所がないので、ゴンタの退院後、土手へ再び戻す案を聞かされ、私は尊敬するKさんに声を荒げ、我が家で引き取ったのです。土手で 死なせたくない。どう見繕っても、どう考えても、あの場所は、犬たちにとって楽園とは呼べないのです。血管肉腫と痴呆を患った犬が、あの地で、どうやって 生きていけるというのでしょう?

ご心配なく! Kさんとはその後和解しました。

もともと、けんかしたわけではないし。

活動していくうえで、意見の相違が出てくるのは、当たり前です。

私は自分の意見に責任を持ちたかった。だから、引き取っただけの話。

引き取ったあとの生活は、皆さまも知っていると思います^^; ここでも愚痴りましたものね。見苦しい愚痴を聞いてくださり、心が晴れました。皆さま、ありがとう!

最近の目下の悩みは、前も書いた通り、ゴンタがトイレスペースで寝てしまうこと。
クリックすると元のサイズで表示します

寝床のケージには見向きもしなくなりました。すごい写真ですが、現実なので、載せておきます。
クリックすると元のサイズで表示します

この時はうんちを踏んでいませんが、目を離したすきに、サークル中がうんちまみれになることしばしば。私たち夫婦は犬猫を愛しているので、大概のことはが まんできます。いえ、がまんとも思いません。ですが、ゴンタのサークルの前には、人間用の食卓があるのです。私たちはここでご飯を食べなければなりませ ん。私はすぐ横で布団を敷いて寝る生活様式なので、リビングは寝室も兼ねています。この状態が2年ですから、正直、閉口することも。

まめにシーツをかえています。1日中、洗濯機を回しっぱなし。
クリックすると元のサイズで表示します

全然エコじゃないし、水道代は、目玉が飛び出す額。

おしっこやうんちの上で寝てしまうゴンタを洗うのも一苦労。ゴンタは老犬だし、シャンプーが大嫌いなので、なるべく洗う回数を減らしたい。

おむつは、激しい旋回運動の果てにはずれてしまうので、寝たきりになるまでは難しいから、今はこの方法しか思いつきません。だから来る日も来る日も、洗濯洗濯洗濯。

ため息が止まらない。

でも、私はようやく、はっきりと言えます。

ゴンちゃんを、愛してます。
クリックすると元のサイズで表示します

ゴンタのいるこの生活は、楽しいことばかりではないけれど、ゴンタの存在こそ、703号室の光なのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します

ねえゴンちゃん、くるくる回ってないで、そばにおいでよ。私がだれだか、わかる?
クリックすると元のサイズで表示します

「もちろんです。あなたは、ぼくの専属ヘルパーさんでしょう?」
クリックすると元のサイズで表示します

そうね。

まあ、あながちはずれてもいないけど。

お母さんでもあるのよ。

おトイレで寝ちゃうなら、おトイレゾーンを快適にしようか。
クリックすると元のサイズで表示します

この状態でおとなしくしていてくれるのは数分。
クリックすると元のサイズで表示します

むくっと起きて布団をはがし、またぐるぐる回り始めるゴンタくん、15歳の冬、でした。

チャンチャン。

「お母さん、福多朗のお話は? どうして福多朗がまだ抜糸できないのか、お話しするんじゃないの?」
クリックすると元のサイズで表示します

あ、そうだった。

でも長くなったから、詳しくは次回にしようかな?

福多朗は元気です。昨日病院へ行ったのですが、いろいろあって抜糸が延びそうです。手術の際、福多朗の骨盤を固定するためにピンを入れたのですが(ピンは あとで外します)福多朗の動きが激しいので、ピンの近くの糸はまだ外さない方がいいとの話になったのです。今後のことは先生と相談しながらやっていきます ね。

今日の主役のゴンちゃんですが、いつの間に口角に傷ができ、そこが膿んでしまいました。清潔を保つ努力をしても、老犬だから、抵抗力が下がっているのかも しれません。私ひとりでは絶対に病院へ連れていけないため、週末チチと行って来ようと思います。今は、福多朗用にもらった抗生剤を飲ませ、これ以上の化膿 を止めている感じ。

足りないところばかりですが、工夫しながら、仲良く暮らしていますので、皆さま、これからもごひいきに^^

スポンサーリンク





コメントを残す




*