戦友


「ハハが片目の悪い茶白猫と呼んでいたぼくは、“ひかる”になったよ。ぼくを預かってくれてい るうららさんが、みなさまからのコメントを読んで決めてくれた名前。ぼくの未来が、明るく光りますようにとの願いが込められているそうです。ぼく、まだ目 目が痛いけど、うららさんが毎日目薬をさしてくれています。ぼくは目薬がキライだから、暴れちゃうけど、いつもうららさんに負けます。どんなに抵抗して も、目薬はぼくの目目に命中するのです。もうそろそろ、観念しようかなあ」
クリックすると元のサイズで表示します

「ひかるか……。いい名前だな。オレはなんで“まーも”なんだろ? ハハがつけた不思議な名前。でも一応、ちゃんと意味があるらしい。いや、正確に言う と、意味を取ってしまったらしい。ひかる、お前は目が悪いんだな。でもだいぶ、よくなってきたよ。オレたちがいたあの場所は、お世辞にもキレイとは言えな いから、オレたちは消耗が激しく、気づくとボロボロの傷だらけな体になっているんだよな。

オレも毎日毎日、点滴がイヤだよ。針が刺さる瞬間と、液体が体に入る瞬間が、たまらなくダメ。だけど、どんなに拒否しても、お前と一緒……結局負けるん だ。人間っていうのは、どうしてああもしぶといんだろう。考えられないよ。あきらめるって言葉を、知らないんだな。たぶんオレはこれからもずっと、点滴が たまらなくダメだろうし、お前もずっと目薬が苦痛だと思う。だけど男の意地をみせて、乗り越えような。戦地のような過酷な外暮らしを思えば、点滴や目薬な んて、一瞬の忍耐だろ?」
クリックすると元のサイズで表示します

「うん……でもぼく、やっぱり目薬苦手 だから早く目目なおしたいなぁ」
クリックすると元のサイズで表示します

「お前、これからどーすんの?」

「ぼくにもわからない。おせっかい者のハハが、うららさんと力を合わせて、ぼくの本当のお家を探すって、ぼくの運命の赤い糸をたぐりよせるとかなんとか、 意味のわからないことを言ってるけど、正直、ぼくにも戸惑いがあるし……どうして、ぼくの運命を、あの人に委ねなきゃならないんだろうとか、ぼくだって男 だから、意地があるんだよまーもくん。

でも、なんかここ最近、思うんだよね。肩の力を抜いて生きるのも、案外悪くないかもって。草食系男子とか、甘えんぼ王子とか、そんなんにはなれないかもしれないけど。

ぼくだけのお家か……。見つかるのかなあ? ぼくの未来か。どんな未来が開けているんだろ? 目薬をがんばれば、いずれその辺も、見えてくるのかなぁ?

まーもくんは? これからどうするの?」
クリックすると元のサイズで表示します

「オレは……。

どうって、ひかるとちがって、オレには選択肢なんかないよ。オレはもう、703号室の保護部屋から、出る予定はないんだ。でも、うちの人間たちは、オレを あきらめないって言ってるから、オレはその言葉を信じるつもり。ひかる、同じテリトリーで苦労してきた戦友として、お前には幸せになってもらいたい。お前 は未来や可能性が広がっているから。お前は幸せになるためにスカウトされた男だよ。辛い時はどうか、今のオレの言葉を思い出してほしい。オレはお前の幸せ を祝福したい。いい人がお前を見染めてくれるといいな。

共に生きよう。それぞれの舞台で」
クリックすると元のサイズで表示します

★★★ありがとう★★★

MWさまより、ご寄付とお手紙と、たくさんのまーも物資が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

MWさま、ありがとうございました。MWさまのご厚情が、まーもにしっかり伝わっています。まーもが快適に過ごせるようケアをがんばりますね。

マイ太郎さんからもご寄付をいただきました。マイ太郎さん、ありがとうございました。でもマイ太郎さんはご自身でも保護猫を抱えている身ですから、どうかそちらでつかってくださいね

かつくん「チチハハは今日、卒業生のお見舞いへ行き、里親さんと今後の予定をお話しました。まーもも病院に連れて行く予定でしたが、まーもが意外にも朝ご飯をしっかり食べてくれたので、今回は通院を見合わせました。また食欲がなくなってきたら、連れて行くそうです。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*