共に歩む時間


週末は、チチとの噛み合っていない動画を配信され、ちょっと恥ずかしい思いをしました。どれを載せる予定か?分からないし、やたらと取り捲るので、途中で少し疲れてテンションが落ちてしまいました。

動画UPという慣れない作業を、ほぼ1日かけてやっていましたが、1日かけてこれ?とは突っ込まないであげてください(笑)。

週末の出来事を少し。今度は私の観点から・・・。

金曜の夜、病院へ連れて行くと、盛り上がったお腹のレントゲンを撮りましょうということになって、副院長先生にお願いしました。もしかすると、一番恐れ ている胸水が溜まり始めたかも知れない、息苦しそうに見えるのは、高熱の為か、胸水の為と言われて、ドキドキした気持ちでお願いしました。

結果、胸水はまだ溜まっていませんでしたが、レントゲンで見たかつくんのお腹に唖然としました。レントゲンで腹水は白く写るのですが、かつくんのお腹は真っ白。一つも他の臓器は見当たりません。もう白いペンキを塗ったかの様なお腹でした。

「胸部にお水は溜まりますか?」と聞くと「ええ。溜まるでしょうね。」と副院長先生。

「どれ位息苦しいものですか?」と聞くと「かなりきついと思います。」と。

分かってはいるものの、かつがこれからもっともっと苦しむことを想像したら又どうにも出来ない悲しみに襲われました。もっと苦しむことになったら、入院さ せて酸素室へ入れるか?自宅で酸素室を作ってその中に入れて看るかと聞かれて、自宅を選んで、酸素ボンベをレンタルしてくれる業者のパンフレットをもらっ て帰りました。

病院でのやり取りを知ったチチは、土曜の通院を代わるから、1日休んでマッサージでも行って来なさいと言ってくれました。結局、家の掃除を選んで、チチ とハハ妹が病院へ行ってくれている間、かつに気兼ねすることなく、掃除機をガンガンかけて、お布団を干して洗い物を済ませました。

FIPは間違いなく、猫エイズや白血病より恐ろしい。猫界で今一番恐ろしい病気。エイズや白血病の比ではない、癌やその他の病気よりも、もっともっと恐ろしい、そう言われている理由が良く分かるようになりました。

かつくんはそれでも良く頑張っています。
食べると私が喜ぶから、必死に数粒食べて見せます。
偉い偉いと連発して、大げさに喜ぶと嬉しそうな顔をしてみせます。


そして、今さっき私に誉められてやっと食べ、限界を超しているのに、そこへチチが帰ってきたりすると、もう一度力を振り絞ってチチの方へ向かって行って、フードを食べ始めます。チチもすごいね。偉いね。を連発。かつは又嬉しそう。

私たちを喜ばそうとしているのは、言うまでもありません。

土曜はそんな調子で食べました。チチも張り切って動画を撮りました。

日曜の朝、かつのおトイレを掃除しようと、近づいて大きな茶色の塊を見つけました。頑張って食べたから、きっと大きなウンチをしているのね。そう喜んでスコップで拾い上げて見ると、それはウンチではなく、吐いた塊でした。

トイレへ行って吐いたんだ。。。

食べた物、全部出ちゃってる。。。

あああ、神様。。。

日曜の朝、嘔吐物を見てからは、積極的に食べさせるのが怖くなって、1日休ませましたが、それでも夜は少し元気になって、私たちを喜ばそうと、ちょっとだけ食べてくれました。私たちはひやひやする思いでそれを眺め、偉い偉いと誉めました。


夜中、近くまで出かけたチチが、外で轢かれて死んでいた茶トラの子猫の死骸を見つけ、一旦帰って来ました。着替えてスコップを手にもう一度出かけました。「私も行くわ。」と言いましたが「かつの傍に居てあげて。」と言われ、玄関まで見送りました。
もう、少し腐りかけて激しく臭うので、抱いてババ(母)の店の敷地に埋めて帰って来ました。まだ生後3ヶ月位のガリガリの子猫だったようで、チチは何杯もお酒を飲みました。

だからチチはとても無口で、私も何となく眠ることが出来ませんでした。

4時過ぎまで起きて、それから3時間寝て、今朝目覚めると、かつのトイレの中には又、嘔吐物が入っていました。いつから気を遣ってトイレで吐くようになったのか、かつが独りで吐いていた事も知らずに眠っていた私たちは、無力感でいっぱいです。


今、ぐったりしているので、無理に起こしたり何か口に入れたりせずに、夕方病院で吐き気止めを打ってもらおうと思っています。

こんな状態の話しかなくて、面白い話や、楽しかった話題を提供できずに、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、かつはまだちゃんと生きています。だから、愛するかつと送れる「今」は苦しいけど、きっと良い時間だと思っています。


皆さまも、愛する人、犬、猫と良い時間が送れるよう祈ります。今日1日が良い日でありますように。

「毎日応援ありがと。ぼくはまだちゃんと生きているから、もし良かったら又会いに来てね。」

middle_1183825675

スポンサーリンク





コメントを残す




*