5月5日


世間では「子供の日」ですが、703号室では、亡きかつのお誕生日。生きていれば、7歳のお誕生日を迎えていたかつくん。かつに出会う前から、猫の保護活動をしていましたが、かつの存在が、より一層、私を猫との共生の道へと、動かしたのだと思います。

“生”と“死”の狭間に常駐する、この活動は、大変有意義ですが、同時に辛いことも多く経験します。無理解な人間との絡みあいに辟易し、泥水の中を這うような感覚に陥ることもしばしば。

容赦なく襲ってくる無力感。悲しい現実や難題に直面する私に、「引きずらない力(引きずり込まれない力)」を与え、「忘れない心」を教えてくれたかつくんに、ありがとうを捧げます。

ささ、今日は5月5日のできごとを♪

よだれが出るほどのごちそうが並んだテーブル。実際はテーブルにのりきれないほどありました。
クリックすると元のサイズで表示します

用意してくださったのは、このお方たちのお母さん。まるぽこの母さまです!
クリックすると元のサイズで表示します

まるぽこの母さまは、ももママちゃんの里親さん。今はご自身でも、保護犬の預かりをされています。楽ちゃんが現在の預かり犬。こんなわかりづらい写真でごめんなさい。
クリックすると元のサイズで表示します

ぽこちゃんは、ももママ家の卒業犬
クリックすると元のサイズで表示します

ちっちゃくってかわいいよ(涙)。
クリックすると元のサイズで表示します

とわちゃんもいますよ^^
クリックすると元のサイズで表示します

まるぽこの母さまは、我が家の近所なので、前々から遊びに行きたかったのですが、この度ようやく念願が叶いました。しかも、会いたかったももママちゃんファミリーも一緒です。(ベボがいないのが残念だけど)

ももりん
クリックすると元のサイズで表示します

あかりちゃん
クリックすると元のサイズで表示します

しかしダメだよあーちゃんは……
クリックすると元のサイズで表示します

かわいすぎるもんT_T
クリックすると元のサイズで表示します

気がついたら、あーちゃんの写真ばかりになっちゃったよー。
クリックすると元のサイズで表示します

一応、うちのベベナナリルも女子なんだけどね。
クリックすると元のサイズで表示します

「ここ気持ちいい。あたちしばし寝てから帰ります」
クリックすると元のサイズで表示します

「今日はここに泊まっていくの?」
クリックすると元のサイズで表示します

いや^^; 帰るよ。ベベ泊まりたそうだね。でもべべ、おもちゃを奪っちゃうし、うるさいから、ぽこちゃんたちが困るって。

まるぽこの母さまのおかげで、楽しいひと時を過ごすことができました。せめて洗い物を手伝いたかったのに、必要ないと言い張って、なにもさせてくれなかったです。だから今度はぜひ、うちのババ(母)のお店で、ごちそうさせていただきたいです!!

みんなが盛り上がる中、突如3匹の赤ちゃん猫たちの授乳をはじめたももママちゃん。
クリックすると元のサイズで表示します

いつもこうやって黙々と犬猫たちの命を繋いできたよね。ももママちゃんにケアしてもらった犬猫たちは、大概すくすく育ち、元気いっぱいになって、本当にステキなご家族の元へ旅立つことができるんだよね。ももママちゃん、あなためっちゃ痩せてたけど、体、大事にね。

授乳を見守る面々↓
クリックすると元のサイズで表示します

「あたしたちはいつもみてるから別に興奮しないよね~」
クリックすると元のサイズで表示します

的なももりん&あーちゃん(笑)。

この後、せいちゃんの中学生祝いのケーキをいただき、スヌーゴンと猫たちの待つ家に帰りました。
クリックすると元のサイズで表示します

まるぽこの母さま、きれいなランのお花と、マカロンのおみやげ、ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

今度は店へいらしてください。ビールを冷やしてお待ちしています。そして、送迎します。

かつくん「ぼく、生きていたら7歳か。中年男です。ハハはこの日、かわいいお子たちを激写している最中に、カメラを落としてしまいました。レンズ、アウ ト……。チチは即、酔っぱらいながら犬たちと戯れはじめました。犬を執拗にさわっているチチ、想像できるでしょ? これがぼくの家族の姿ですから、まあ、 仕方ないですね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室かつくん

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す