直生の日常


さて、新しく来た直生についてですが、センター(センターだとピンとこない方も居るので、私はあえて保健所と付け加えておきます)に放棄された犬です。つまり、引き取り手が居なければ殺処分される場所から来た犬です。満月さんが引き出してくれなかったら、明るい未来があったかどうか分かりません。

直生がセンターへ収容されたのは、実は2度目。
子犬の時、収容され、譲渡犬としてセンターから里子に出されました。1年以上経って、出戻ってきましたが、その理由は「飼い主の入院」です。
飼い主についての情報が少ないので、いたずらに書くことは控えますが、どんな理由があるにせよ、放棄は放棄。犠牲になるのは、人間ではない、いつだって犬猫です。

私も、約1年半前、手術の為、長く入院しましたが、私の犬猫はセンターには送っていません(笑)。チチが協力してくれたから成り立ったのかもしれませんが、例え私が死のうとも、べべナナかつくんは死なせない。そう思って生きています。

センターの方が、処分するのは忍びないくらい性格が良いというのが初日から良く理解できる程、直生はいい子です。悪い所など一つもない。冷静に分析して も、客観的に眺めても、いつだってやっぱり「こんないい子をよく手放せるわ」しか言えません。それ位、いい子。優しい子。甘えん坊。無駄吠えなし。欠点な し。です。

直生という名前は、私がつけました。素直に生きて!などという意味ではなく、ただ単純に「生き直して欲しい」からです。

<実証1 猫と仲良くできるか?>

どれどれ (写真に写ってる汚いコード類は無視でお願いします^^;)


お?両方振り返った(笑)。


手と手を握り合って


見つめ合って


静止しちゃった!(優しい直にかつくんからお礼のチュー)


いつの間に仲良しになって見ていて微笑ましい。良かったね!かつくん。可愛い弟が出来て♪

 

<実証2 先輩犬とは仲良くできるのか?>

べべもいつもより少し寛容?「うん。この子はまあまあ気に入ったわ!」


犬猫ともに相性が良い直ちゃんですが

<実証3 何をされても怒らないか!(笑)>

ファッションセンスもなかなかのもの。。。(ピッコリンママちゃまアリガトウ!)


はい、じっとしててね。


「ぼく、もう、あきてきちゃった……」


「あ~あ、眠くなってきちゃったな」


「早く終わらないかな」


ね?どうでした?(笑)。
直生がとてもいい子ってこと、分かりました?

「ねえねえ、、、」

ん?

「ハハ、直ちゃんの頭につけてるマフラー、べべのだよ。いいの?」

ちょっと貸してあげただけよ。

あたしのはつけないでね。ちゃんとしまっておいてね。」


ナナはケチね(笑)。

食べるのが、大好き♪
無駄吠えなし♪
温和で、従順♪
知能が高い1歳5ヵ月♪
人間命、チュー魔♪
甘えん坊のストーカー犬♪
トイレ、室内・室外OK♪
体重9.45㌔の柴系、小ぶりな直生♂の里親さんを募集します♪

興味がある方は、お知らせください^^

スポンサーリンク





コメントを残す




*