子猫殺しに反対する方へ

703号室を見てくださっている方からの情報で、タヒチ在住の直木賞作家が飼い犬・飼い猫の産 んだ「子犬」「子猫」を常時、殺していることを日経新聞の連載で告白していることが分かりました。色々なご意見がありますし、賛否両論かもしれませんが、 私はこれは「動物虐待」で、法に抵触することだと考えています。いろんな方がいろんな思想や宗教の元、共存していることと思いますが、生まれたばかりの子 犬・子猫は命です。母の姿を求めて鳴き、おっぱいを捜している最中に、この作家によって崖から叩き付けられ殺されてしまうことを、皆様はどう思いますか?  子犬子猫を殺されてしまう母犬、母猫はどんな気持ちになると思いますか?

皆さまはこれもアリ! と思いますか?
昨日からそれを掲載した日経新聞社に対して抗議メールを送っています。私は「偏った人間」なので、間違っているかもしれませんが、それでも、こういう事実 を許したくはありません。作家が犬猫をあまりにも劣等視している結果だと思います。ここにはあえて載せませんが知りたい方は、「子猫殺し」で検索してみて ください。色々なサイトで事実確認ができると思います。

703号室は本当に微力ですが、人間の都合によって過酷な運命を背負わされた命に対して、前向きに考えてまいりました。残念ですが、私が手を差し伸べることが出来る数は年間に30~50です。だから新聞にこういうものが掲載されるのはとても悲しいのです。
何より、模倣する人間(模倣犯)が出てくるのではないかと恐れています。

日経に抗議メールを出してくださる方は↓までお願いします。

★日経新聞社への問い合わせ
TEL:03-3270-0251
メールでの問い合わせフォーム
https://sch.nikkei.co.jp/nikkeinet/
★フランス大使館への問い合わせ
TEL:03-5420-8901
FAX:03-5420-8932

この記事はしばらくTOPに置かせて頂きます。

スポンサーリンク





可愛い足音

土曜日、ゴロを連れて、チチと新しい家族の元へ向かいました。新しいおうちは、埼玉県です。前の晩は、べべ・ナナ・ゴロ・ゆずを連れてドックランへ。最後にちょこまか走る姿を楽しみました。

帰ると、私の横で可愛い寝息をたてて、ぐっすり。
明日の夜、あなたはもう居ないのね。私を追う可愛い足音を聞くことは、もうなくなるのね……。やんちゃなゆずにかまってばかりで、あまりちゃんと相手にしてやれなかったのが心残りです。

何回、こういうことを繰り返すのでしょうか。時々私はこう、思います。
幸せにするために保護して、幸せにするために手放す。
居なくなると、思い出が溢れかえってきて愛おしさが増す。
いっそベルトコンベアーのように淡々と出来ればいいのに。

可愛い可愛い男の子

優しい優しい男の子

楽しい思い出をありがとう。

でも、やっぱり、あなたが幸せになるのは、とても嬉しいです^^

新しいお宅は、とても綺麗で広くて、里親様の齋藤様は、優しくて完璧な方です。前はリリーちゃんというゴールデンを飼っていました。リリーちゃんを病気で 亡くされてからは不幸な子の里親になりたいと思っていたそうです。ゴロの新しい名前は「コロン」です。ゴロという名前より、ずっと似合いますし、あまり大 きくは変わらないので親近感があり、私は素敵な名前だと思います。皆様はどう思いますか? いいですよね!

何より私が嬉しく思ったのは、お届けの際、リビングでウロウロ探索するコロンがオシッコを漏らしてしまうのでは? と心配で見張っていたのですが「いいんですよ。もう、どこでオシッコしてくれてもいいんです。大丈夫ですから」とニコニコ顔で奥様が言ってくださった事です。私は神経質なので、そういう心の広い言葉はなかなか言えません。ウロウロするコロンを愛しい眼差しで見つめてくれて、心より可愛いと思ってくださっているのが良く分かりました。

新しいおうちで、お母さんに抱っこされて♪

優しいお父さんと

コロンのための可愛い食器たち

703を読んで、ササミガムが好きだと知って早速与えてくれました^^

我が家にも沢山のササミをお土産に渡してくれました。ご寄付やガムも頂いちゃいました。帰って、ちびちゃんたちに食べさせました♪ 齋藤様、ありがとうご ざいます! そして、いつでも会いに来て下さいとおっしゃってくださったので、お言葉に甘えてまたお邪魔しようと思っています。

早速写真を送ってくださいました。

息子さんと

スヤスヤ眠っているコロン

新しいおうちでは、トイレも失敗なしの優等生だそうで、甘えん坊らしい姿をさらけ出しているようです(笑)。コロン、いっぱいいっぱい甘えて、ずっと幸せにね^^ また会いに行くからね♪

去年の6月頃、土手で暮らすコロンは、体調を崩して毎日薬を飲まなくてはいけない体になっていました。痩せこけて、食欲もなく、もう見ていられない状態でした。

運悪く、私自身もその頃体調が優れず、検査の結果、癌であることが分かりました。
最初は、気分が落ち込み、仕事も手につかず、恐ろしい結末ばかりを考えていました。けれど幸い、7月に受けたオペが成功し、現在は再発もなくピンピンして います。その頃のコロンは、私にとって戦友のような存在でした。闘病生活の傍ら、コロンに薬を届けて飲ませ、コロンが元気になる様子に励まされ、その強さ に自分を投影させました。その時は、いつかコロンを里子に出せるとは夢にも思いませんでした。コロンはいずれ、土手で朽ち果てる運命だと思っていました。 だから、コロンに温かいファミリーが出来て、今とっても嬉しい。嬉しいです。

耳を澄ませば、可愛い足音が埼玉より聞こえてきそう♪

Ⅹ31コロン君、卒業おめでとう!!
たっくさん幸せになってください。703より愛をこめて♪

注)良く出てくる「Ⅹ○○」ですが……。これは、里子に出した順番ではなくて、ここで紹介した順番です。だから、年月とかはメチャクチャです。分かりづらくてスミマセン。

スポンサーリンク





寝心地

題名でバレバレですね。
そう、今日は、お台場で買ったミニーちゃんベッドをかつくんが使ってくれるか、についてです。 (ん? ミニーベッド? と思った方は一つ下の記事をご覧ください)

こんなに可愛いベッドなので^^

絶対に使わせたい! と思い、置く場所を工夫しました。かつくんは、最近業者さんに取り付けてもらった、ケージの屋根部分が大のお気に入りです。ゆずは不満そうですが、かつくんは高い場所が大好き♪

こうやって、くつろいでいます。

[

……。お腹がかなりぷっくりしていますね(汗)。

私の読みどおり、ほら!


ほら!


入ってる!! お座りもしちゃってますよ。


あ、かじるな! 壊れちゃいますよ(涙)。


後姿もさまになってます。素敵~♪ ウットリ。


お気に入りのピンクの毛布を入れたら。。。寝ちゃった^^


可愛いのでもう一枚


今、この瞬間もミニーちゃんベッドで気持ち良さそうにぐうぐう寝ちゃってるかつくんを眺めながら、ああ、ダイエットさせようかしら? と考え込みました。

皆様も知っての通り、かつくんは猫エイズキャリアです。こういう猫を特別視はしていません。室内でのびのびと暮らせば、外で過酷に生きる猫達より発症する 可能性が低いとされていますし、かつくんは現在、極めて元気です。けれど事実として、猫エイズや猫白血病は、不治の病とされています。私は怖くはありませ ん。かつくんを心から愛していますから、かつくんと一緒に乗り越える自信があります。くよくよと悩んだことも一度もありません。ただ、もしいつか発症して しまったら、ご飯を食べることが難しくなる。口内炎が、小さくて可愛いお口の中を支配して、痛くて食べることを諦めてしまうでしょう。食べれない猫は、生 きることができません。だからかつくん、もうちょっと太ってもいいよ。いっぱい食べなさい。

可愛い寝顔を見て、甘やかすいい訳を沢山並べてしまいましたが、かつくんが歩くたび、頑丈とされるケージの天井部分のアクリル板が、ミシミシ言っちゃってます(汗)。崩れないかとても心配で、見張ってないといられません(涙)。

昔は、こんなに儚げだったのに。。。

注)猫エイズは、100%人間にはうつりません。犬にもうつりません。猫以外の動物にはうつりません ので、誤解のないようにお願いしますね。また、猫同士においても、簡単に感染する病気ではありません。猫エイズは、発症すると「死」にいたる病気ですが、 無発症キャリアであれば、健常猫と同じように15年生きることも珍しくありません。猫エイズの猫を飼うのは難しいことではありません。大切なのは、ストレ スをかけないことと、愛情をかけること、それだけです。

スポンサーリンク





親バカ日記

チチと私が密かに計画していた、ゴロとの最後になるであろうお出かけは「お台場」 に決まりました。私はいつも通院のために台場で首都高をおります。でも、お台場で遊ぶことはほとんどありません。だからちょっと「憧れ」の場所なのです。 本当は4頭連れて行きたいのですが、ナナは人混みが嫌いで、ブルブルと震えて前へ進みません(涙)。ゆずは、まだ小さいので、あちこちでオシッコをしてし まうだろうと思い、置いていく事に……。ごめんね。そのかわり、ハハ妹にナナとゆずのお世話を頼んで、いざ出発!

途中で会社帰りのチチと合流するので、私がべべとゴロを車に乗せ、運転していくことに。べべもゴロも、車の中でとってもいい子なので安心して運転できました。

出発の前に (べべにオシャレをさせちゃいました♪)

ヴィーナス・フォートに着きました。この時点でスーツ姿のチチも合流。

犬たちをキャリーに入れなくてもいいと知って、驚きました。いいですね。リードでつないで歩けるから楽チンです。でも、この方、人混みの中でうんちをしてしまいました(泣)。

この方は、子供みたいに、おもちゃコーナやおやつコーナーに夢中♪

こんなに美味しそうな犬用の食べ物にびっくり。

ナナとゆず、それからかつくんにお土産を買いました^^

あと、犬の洋服やさんにも入りました。

せっかくだから、洋服でも買おうと思ったのですが、悩んでるうちに時間が経ってしまい、結局買 いませんでした。でも、ゆずがかつくんのベッドを破壊したので、かわりにこんなに可愛いベッドを買っちゃいました。かつくん、喜んでくれるといいな。で も、チチは気に入らない様子で「何それ?要るの?」だって。ヒドイ……。

可愛いですよね? これです^^ 耳のところが、物入れになっています♪


趣味悪いという意見は受け付けませんよ(笑)。

遊んじゃいました。

チチのソフトクリームをねだって。

この後、海辺をお散歩して、夜景を楽しんで(カメラに夜景モードがないため、素晴らしい夜景をお届けすることが出来ないのが残念です)海沿いのレストランのテラス席で夕飯を食べました。涼しかったので、気分は最高♪ べべもゴロも気持ちよさそうにしていましたよ。

お別れの時がジワジワと迫ってきています。
だからこういう贅沢な日があってもいいよね。ゴロは今までの5年間、ずっと過酷な環境の中、懸命に生きていたんだから……。そう自分に言い聞かせて、思いっきり「親バカ日記」のように都会の夜を楽しんだチチと私なのでした(笑)。

帰りもチチが飲んでしまったため、運転手は私でした。横に居るチチが、「早く早く!ナナとゆず、かつくんに会いたいよ」と私をせかすので困りました (笑)。急いでるわよ! 私だって、早く会いたい。帰って、ナナとゆずをながーいお散歩へ連れて行き、ご機嫌をとりました。かつくんの、ミニーちゃんベッ ドに対する反応は、後日お届けします。

スポンサーリンク





教育方針

しつけに燃えています。勿論、ゆずの「しつけ」です。
この破壊魔ちゃんを少しでもいい子にしようと、日々悪戦苦闘しています。私は基本的には「ファン・トレーニング」を支持しています。出来たら誉める、とにかく誉めまくる。そして食いしん坊の心を射止めるおやつも忘れません。
では、トレーニング対象の犬が私の目の前でトイレを失敗したら? あるいは、噛んではいけない物をかじったら? 我が家では「あ!」と声を上げ、怖い顔でにらみます。ただ、それだけ。叩いたり、しつこく叱り続ける事はしません。犬を信じているからです。

しかし……

このラグマットを覚えていますか? 少し前の写真です。

ゆずが何度もオシッコを失敗してしまったので、新しいものに変えました(涙)。

トイレだって……。以前ゴロが来たばかりの頃はコンパクトに収まってたのに(奥にあるものです)

今は。。。

デーーン!!

ゆずが遊びながらトイレをしないように、トイレ用サークルを用意。オシッコをするまで出しません。

この中で、ポーズとったりなんかしています(呆)

トイレより問題なのはこれ↓

1m15cmもあるサークルから飛び出して、いたずらを開始してしまうため(!)

業者さんに来てもらい、強度があるアクリル板をビスで天井に固定してもらいました。

天井つきにしたんです。

ただ、これ、もともとはたためるサークルだったのですが、天井をビスで固定してしまったため、もうたたむことは難しく(ほぼ不可能)なりました(T▽T) 悲しいですよ、本当。

そんなこんなで、家を少しずつ変えながら、ゆずの教育を熱心にしている私ですが、チチの態度が気に入りません。

チチの「あっ!」も、にらむ顔も、ちっとも怖くないのです。ニコニコと笑いながら「あっ、あっ、ゆず~♪」では、ちびちゃんになめられてしまいますよね。

チチと何度も言い争いをしました。
「あなたってば、どうしてそんなにニコニコ叱るの? 聞かないじゃない(呆)」
「俺は、ゆとり教育だからね。まあ、キンパチ先生タイプってとこ?」だと。
「そんなんじゃ、いつまで経ってもダメじゃない」
「あ、でも、うちには校長先生が居るから大丈夫だと思うよ」

え? 誰? 校長って……。

「私のこと? 何の校長?」
「分からないの? ほら、戸塚校長だよ」

戸塚校長……?

「戸塚○ットスクールの校長だよ。ははは」

これで、お小遣い大幅カットが決定しました(怒)。もう許せません。

でも、ゆずは最近、トイレサークルとおやつ作戦でトイレをマスターしつつあります♪ すごいですよ! ほとんど失敗しません。あと一息! 頑張ります^^

スポンサーリンク