愛のひとこと

今日は、又元気良く晴れたので、更新が終わったら大掃除します!いい加減掃除機かけないと居ら れないので、かつくんには少し我慢してもらいます・・・。今お気に入りの場所でお昼寝しているから、起きたらはじめようっと!コメント返しちょっと遅く なっていますが、皆さま、ありがとうございます!とっても嬉しいです。

子犬を5頭産み、育てた母犬プリンについて書きますが、知らない方は、どうぞ、こちら1こちら2をご覧くださいね。プリンやその仲間、そして子犬のことが書いてあります。残念ながら同じ場所に居た子のうち、4頭は殺処分されましたが、残りの子は全て幸せを掴むキップを手にすることが出来ました。

プリンの事は、Kさん(保護活動仲間)が主に担当してくれました。子犬を片付けてプリンに取り掛かろうと思っていた矢先、かつくんが病気になってしまった ので、私は思うようには動けませんでした。Kさんとは、この6年、助け合いながらやってきました。電話で毎日のように話し、ちょくちょく会っています。K さんは私より、遥か前から地元の犬猫の保護活動に尽力している方で、土手のホームレスが飼っている犬達の環境を良くしたいとマルコさんに相談して、紹介し ていただいた経緯があります。

ここでいつも登場するKさんとの思い出の話を一つ(笑)。

約6年前、本などで日本の犬猫の悲惨な状況を知り、具体的に何かを始めたいと思っていたのですが、何から始めれば良いか分からず、迷っている時期に土手の 犬達と出会いました。マルコさんにKさんを紹介して頂いて、一緒に土手へ向かった数日後、私は仲間を得たような、何だかワクワクした気持ちになって、Kさ んに電話をかけました。

「Kさん、もし良かったら一緒にお茶しませんか?私色々お話を伺いたいし、これからの事を相談してくって・・・。」そんな内容だったかと。

「あら。ごめんなさいね。せっかくお誘い頂いて恐縮だけれど、あなたとお茶は出来ないわ。とっても残念だけど・・・。若い方とお茶したらきっと楽しいと思 うわ。だからお気持ちは大変嬉しいの。でもね、私は主婦だから色々やることがあるのよ。余る時間は本当に少ないの。だからせめて余った時間は全部、保護犬 と猫に使いたいのよ。あなたと楽しくお茶している間にも、私に救いの手を求めてやってくる子が居るから、そういう子の為に自分の時間を使いたいのよ。あな たと楽しくお茶している暇はないのよ。」

電話口でフラレタ私は、真っ赤になりました。

そして言われた言葉の意味を、何度も何度も考えました。
その言葉がなかったら、今の私は存在しないかもしれない。友人を誘って断られたことが無かった私にとって、その言葉はとっても大きな力を持っていて、真っ直ぐ心に響きました。

あ、勿論、今は犬猫の「お届け」帰りなど、時間が合えばお茶や食事位はしてますよ(笑)。そして信頼関係も厚く、仲良しです(笑)。ご心配なく!

自分を否定したり非難したりされると、悲しくて、淋しくてやりきれない思いになりますよね。まあ、お茶を断られた位だから、否定されたとか、そういう問題 ではないと思いますが・・・。それでも繊細な私には(爆)結構きつかったです(笑)。でも、今はあの言葉の意味がとっても良く分かる。

自分を、ただ闇雲に否定したり非難したりする人からは何も学べない。又経験から、人への非難が多い方ほど、当の自分は何もやっていないケースも多い。た だ、Kさんが私に言い放った一言は(笑)、とっても深い愛に満ちた一言で、思いつきで言ったのではなく、犬や猫へ、そして私へ、愛を込めて言ってくれたの だわ。自分の中でその言葉を反復し、何度も繰り返していると、なんとまあ、温かな言葉をかけられたのだろうと気がつきました。
私って自分に都合の良い解釈をするのが得意だから(笑)。

思い出話をうだうだ書いている間に長くなってしまったので、本題のプリンは明日にします!ごめんなさい・・・。でも、とってもいいお宅へ行ってすっごく幸せにやっているのでご安心を~♪

里親募集中の頃に撮った可愛いプリン。子育ても終わり自分の時間を満喫中!


本当にママ?本当に老犬?って位甘えん坊で表情豊か。


明日へ続く~

あ、あと、ご心配頂いているかつの様子ですが、ステロイドが良いのか?温灸が合うのか?それとも酵素水か?通院が1日おきになったからか?はたまたチチ から受ける溺愛のためか?ちょっと動いたりして、調子が良い日が続いています。調子が良いといっても、油断するとすぐ吐いたり、動けなくなったりするので 素直には喜べませんが、今日は元気に過ごしています!チチからの溺愛ぶりや、日々の様子は週末あたりチチが動画も使って?UPするそうです(笑)。まあ、 このまま調子が良ければの話ですが、楽しみにしててくださいね。

「毎日応援ありがと。ぼくおなかパンパンだけど、少しはちゃんと食べてるよ。そしてトイレも自分で行ってるの。ぼくのお話ばかりだから、ベベちゃんや ナナちゃんやリルがひがんでる。リルはひがんですごいものを壊した。その牙でぼくを襲わないでねって、思うほどすさまじい破壊力。犬って怖いね・・・。 あ、もし良ければ今日も愛のポチをください。。」

rp_middle_1183825675.jpg

スポンサーリンク





愛の種類

今日は雨が降っていないようなので洗濯物が片付きそうでちょっと嬉しいです。連日の雷雨で、洗濯は出来ないし、何よりナナ姫が雷恐怖症でご飯も食べず、お散歩もボイコットするのでちょっと困っていました。

かつだってそう。ステロイドの投与を続けているので免疫が下がり、感染症を起こしやすい体質になっています。それを防ぐ抗生物質も投与していますが、心 配は尽きません。私に出来る事は、清潔を保つこと。かつが使っているお椀などはこまめに洗い、かつが寝る毛布などはまめに洗濯する必要があります。逆に言 えばそれ位しかサポートできないので、そういうことは徹底的にやらなければ気が済みません。ちなみに掃除機を嫌うので、毎日かけていたのですが、今は週 に2回だけ。
だから、毛だらけです(涙)。

1ヶ月ほど前、かつの病院で、マルコブルーノさんとKさんに会いました。
私は精神的に人と話せる状況ではなかったので、軽く挨拶を済ませると、マルコさんとKさんの会話を何となく傍聴し、心は暗黒の旅を続けていました。マルコ さんも猫を連れて来ていて、それで何となくその猫の話を聞いていました。最初保護した時は2頭居て、うち1頭はコロナウイルスにやられ亡くなった。コロナ ウイルスにやられたと言うのはつまり、FIPを発症させて亡くなったということ。かつと同じ病気で1頭死んでしまったということ。

思わず「うちの猫もそう。同じ病気のウエットタイプなんです。」と会話に加わると、マルコさんがキャリーの中のかつを丁寧に撫で「可哀相に。可愛いね。」と一言言いました。

それを聞いて、我慢できず病院の待合室で大きく泣きました。かつの赤ちゃんの頃、マルコさんにかつの里親探しを手伝っていただいた経緯があるので、ふとそ れを思い出してしまって、胸が詰まりました。(結局、違う方面から里親希望者さんが現れ、一旦は里子に出しましたが、取り戻した経緯があります。知らない 方は5月6日の記事をご覧下さい。そしてマルコさんのHPの里親が決まった子達の中に紛れて小さな頃のかつが居ますので探してみてください。里親はもち、私の事・笑)

その時を境に、私は良く、かつの赤ちゃんの頃を思い出すようになりました。そして共に暮らしてきたベベナナかつリルへの愛情の種類について考えるようになりました。

私が抱いている愛は無限かもしれない。
でも私が彼らに与えている愛は、無償の愛とは違う。そう気がつきました。

無償の愛なら、何も見返りを求めないはずですが、私は彼らに大きな見返りを求めている。見返りは勿論、私とずっと一緒に暮らすこと。ずっと私の傍に居続け ること。その見返りを求めながら、その道を模索しながら淡々と歩く私の気持ちは、もう既に無償からは大きくかけ離れていると気がつきました。求めるから苦 しむのね。求めなければ苦しまないのね。とてもシンプルなことですが、それでもどうしても神々しいアガペへ到達することが出来ません。どうしても、どうし ても生きて欲しいと求めてしまう。すっかり暇人になってしまった私の脳内は、そんなことばかりが巡るだけでした。

6年間、犬猫を保護して里子に出してきました。
私の知っている保護活動に尽力している方は、良く他人から「そんなのは自己満足を満たすだけの活動でしょ。」となじられ、心を痛める事があるそうです。幸 いなのか?私はまだ1度もそれを言われたことはないけれど、もし同じ事を言われれば、私は自己満足を満たすためにやってきたと胸を張って言う事が出来ると 考えています。

私を求めてやってきた小さないのちを黙殺しないのは、自分を好きでいたいから。
自分の為にやっていますよ。と。

なら無限だけれど無償ではないこの愛も、胸を張っていいのかしら・・・。
今は毎日それを考え続けています。

どこまでかつの生にこだわるか?
どこまで生きて欲しいと願うか?本当に難しい。

難しいけれど、もう少し、もう少し、お母さんの傍に居て欲しい。
お母さんのわがままを聞いて欲しい。そう思ってしまいます。。。

だってこんなに小さな頃から、ずっと一緒に生きてきたから。

 

今日はとりとめもない話になってしまいましたね。かつの体調次第ですが、次は続々と幸せを掴んだ5頭の子犬を、産んで必死に育てた母犬プリンの幸せな様子をUPする予定です。お楽しみに~。

ランキングに参加しているの。1日1回有効だって♪

「毎日応援ありがと。ハハが先生に頼んでくれたからぼくの通院は1日おきになったの。毎日通院するよりストレスが減るからいいですよ。って先生が言ってく れた。ぼくは今日少し体調が良くて、今お昼寝中。朝、ちょこっと食べたよ。又良かったらぼくに会いに来てね。皆さんにも良い1日を!」

rp_middle_1183825675.jpg

スポンサーリンク





みんなが集う中心で

ちょっとの間、更新をサボってしまいました。
ご心配頂いているかつくんの様子ですが、良くありません。日に日に弱る一方です。今腹水分を抜いたらきっと2キロ台前半位の体重しかありません。
副作用の心配は尽きませんが、ステロイドを抜かしたら食欲が全くでない為、多量に投与しています。多量に投与しているのにも関わらず1日5~10g食べれれば良い方。熱は断続的に続き、私は少し前の元気なかつくんを忘れてしまいそうです。

でも、甘えぶりは健在。みんなでベタベタする毎日を送っています。

猫科は普通、具合が悪いと隠れてしまう習性がありますよね。野生のライオンなどもそうで、隠れてじっと体を休めるプライドの高い動物で有名ですが、か つは最近、全く隠れなくなりました。最初の頃は良く寝室のベットの下に隠れて、私はかつくんの可愛いお顔が見れないのを不安に思っていたものですが、今 は家族から一番近い場所で体を休めるようになりました。

ベットの下→犬などから身を守れる高い場所に寝床を変え


今はここ。


トイレも行きやすいようにすぐ横にセットしました。


ここはどこか?と言うとリビングのTVボードの真下。みんなが一番集まる場所です。


TVはうるさいし、犬達とは全く距離感を保てないし、落ち着かないだろうなと思っていましたが、とてもお気に入りの様子で見ていて可愛いです。はっきりし た表情はあまりせず、いつもボーとしたようなお顔になってしまいましたが、呼びかけにお返事してくれたり、撫でるとうっとりしたようなお顔をすることが あって、それが又可愛い・・・。

ね、かつくんはどんなお顔でもとっても可愛いよね。


最初の頃は、他のFIPの猫ちゃんのブログを読んだり、FIPの事が書いてある記事を見つけては愕然としたり、落ち込んだりしていましたが、今は不思 議と全く気にならなくなりました。FIPは元々昔から良く知っている病気だし、まさかかつが発症するとは思いませんでしたので、最初の頃はもうショックで ショックでどうすれば治す事が出来るのか?そればかり考えていました。でも、かつはもう治らないと思うのです。

諦めているとか、そういうのではなくて、実際問題、治らないと思います。その現実は私にとって、チチにとって、凄く厳しいものですが、どんなにわめいても治らない事を知ることからはじめられることもあると気がつきました。

気がつくまではかつと一緒に暮らしているようで、本当は、小さな体に答えを求めて無理させたり、落ち込んで生きている心地がしなかったり・・・。一番困ったのは703号室に私自身の居場所が無かったこと。

一番思い詰めていた頃は、家中を無意味に歩き回ったり、お酒も飲んでいないのにいきなり吐いたりしました。チチも居るのにおトイレまで我慢できず、オー プンキッチンの流しで堂々と(笑)すさまじく何度も吐いたり、放心状態で何時間も客間の床に座り込んでいたり、かつの通院と犬の散歩以外は、コンビニに すら行かない自堕落な生活を送っていました。今も自堕落は変わりませんが(笑)、少しだけ心にゆとりを持つことが出来るようになった気がします。

かつが好きです。自分のことよりも、もっともっと大好きです。

でも、愛し方を変えなければならない時もあって、今がまさしくその「時」なのかもしれないと思っています。愛し方を変えているだけで、愛の大きさは変わらない。むしろ大きくなるばかりで困っていますが・・・。

かつくんは今、酵素水を飲んでいます。
それから今日、静岡に住んでいる大好きな卒業生、ゆずの里親さんのちぃこさんが、 横浜に住むお姉さんと一緒に、かつくんに温灸を持ってきてくれました。かつくんが人見知りするのでババ(母)のお店でやり方を教わって、その後みんなでお 店でランチして、久々に楽しいひと時を過ごすことが出来ました。かつくんが少しでも楽になるよう、わざわざ静岡から来てくださって嬉しかったです。
早速温灸も試しています。

病気には勝てないかもしれない。
でもかつくんには、少しでも幸せを感じてほしい。
与えられるものは全部あげる。
全部。

ランキングに参加しているの。1日1回有効だって♪

「毎日応援ありがと。ぼくは今日、病院からお休みをもらって703号室でチチに温灸してもらったの。ちょっと煙いけどあったかくて気持ち良かったよ。ちぃ ちゃん、ありがと。ゆずにもよろしく言っておいてね。それから皆さま、ぼくを心配してくれてありがと。ぼくはまだまだ生きています。ちゃんと生きています よ。」

にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーリンク





ぞくぞくと掴んだ幸せ1

今日もすっごくお天気が良いので、普段洗わないマット類などを洗濯機にぶち込みました(笑)。 かつくんは、相変わらずの状態ですが、ステロイドを続けている為、何とか1日に5g~10g口に入れることが出来ます。チチは昨日、又出稼ぎへ出かけま したが、代わりに会社から休みを貰ったハハ妹が泊まりに来ました。

12時過ぎにハハ妹の寝息が聞こえて来た為、その後はかつを連れてバルコニーに出て、雑酒を1本空け、気持ち良くなって1時半頃にはもうすっかり眠ってしまいました・・・。今日の夜にはチチが戻ってくるので、それまでしっかりみんなの面倒を見ないと!

ささ、気になっている方も多いと思うので、早速紹介したいのですが、先月、男子小学生に虐待され、肺が破れ、肋骨が折れ、瀕死の状態でユキちゃん(保護活動友達)と妹のみなちゃんに保護された子猫のミニかつ君ですが、7月21日、新しいご家族の元へ届けられました。

その事件を知らない方は、是非こちらをご覧下さい。詳細が書いてあります。

病院でしばらく入院していたのですが、病院でミニかつにつけられた仮名は「気胸ちゃん」明細書なども全て「気胸ちゃん」と書いてあります。由来は気胸が破れていたからだそうで、ユキちゃんから明細をみせてもらった時は、何だか複雑な心境でした。

その気胸ちゃんですが(笑)、記事にしたらとても多くの反響を頂いて、皆さまが小さな猫を思う気持ちに胸が熱くなりました。助かってくれて本当に良かっ た、どうかこのまま健やかに生きて欲しい、この世のあらゆる恐怖や支配から逃れ、のびのびと育って欲しい、その為にも、良い家族を見つけてあげなくては。 そんなことを考えている矢先、ミニかつと一緒に暮らしたいとメールを頂きました。

通常、犬や猫を保護すると、ブログにも載せるようにはしていますが、新しい家族を募集するのは「里親サイト」からにしています。ミニかつの場合、その 里親サイトに載せる前にお問い合わせのメールを頂きました。それだけとっても真剣な思いでお問い合わせくださったのは、コメント等をいつも書いてくださるぴんぽんさん&相方さん。

前から、飼い猫のキロロちゃんが可愛くて、ブログを覗かせていただいているので、お人柄は分かっていたつもりですが、念のためにアンケート等を送らせて頂くと、すぐに返信してくださり、スムーズにお話を進めることが出来ました。

そしてお見合いの日には、相方さん&愛猫キロロちゃんも同伴し(笑)、私はかつくんのことがあったのでご一緒できませんでしたが、ユキちゃんのお宅で、ユ キちゃん、みなちゃんと大いに盛り上がって和気藹々な雰囲気だったとか(笑)。その後も私に毎日のように丁寧にメールをくださり、ミニかつを真剣に思う気 持ち、準備している様子等が手に取るように伝わってきました。

ここで新しいお宅でのお写真を何枚か紹介しますが、ミニかつの様子を知りたい方は、是非
http://yaplog.jp/kirorokimamani/(ぴんぽんさんのブログ)をご覧下さい♪

ミニかつは、セサミ(8画です♪)君になりました~!!かつくんそっくり♪


可愛い先住猫キロロちゃん

 

少しずつ距離が縮まって今では仲良し!


かつくんに似ている事もあって、セサミはとっても気になる存在でした。かつのことで思うように動けなかったのですが、病院にお見舞いに行ったり、ユキちゃ んのお家に行った時に会ったり、又ユキちゃんがセサミを連れて、ババ(私の母)の店に遊びに来てくれたり・・・。会う度に可愛いな、生きててくれて本当に 良かったなと心底思わずには居られない、そんな存在でした。身近で保護していたユキちゃんみなちゃんはもっとでしょうね。セサミは私たちに大きな光を与え てくれました。そんなセサミに無償の愛を与え続けようとしてくれている優しいご家族にとっても感謝です。

ぴんぽんさんは、トラウマからセサミがシャーと威嚇するような性格でも構わないし、仮に後遺症がある程度残っても家族として迎え入れたいと言ってくれまし た。セサミは普通なら味わうことのない苦痛を味わってしまったかもしれない。けれどその倍の幸せをこれから味わうことが出来る。とってもラッキーでとって も可愛い男の子です^^

かつくんが落ち着いたら会いに行く約束をしているので、今からとっても楽しみです!

それから、ハハ妹宅で保護されていたダックスのひじき&ルー、5頭の子犬(とと→そら、うさお→ロビー、あおい→メル&ももママちゃんに 託した2頭、浬&航)を産んだ母犬プリンですが、最初ボランティアが引き取ると言っていたのですが、なんと!素晴らしい家族が出来ました。ひじきは私の 友人宅で、ルーは新境地で(笑)、老犬のプリンまでもが!それぞれ幸せを掴むことが出来ました。それらも追ってご紹介しますので、それぞれ楽しみに待って てくださいねー。

「毎日応援ありがと。ぼくは今日、午後から通院です。今はお昼寝中。今日は幸せなことを報告できて、ぼく幸せ。ぼくにそっくりのⅩ77セサミの幸せを願ってぽちっと応援よろしくね。」

middle_1183825675

スポンサーリンク





動画のあと

かつくんの動画を載せられて、良かったです。皆さまに見て頂いたのは19日の午前中の出来事ですが、実はあれからかつくんは全く食べませんでした。食べようともせず、見る見る衰弱し、23日の血液検査では、その結果を見てチチと心底落胆しました。

黄疸がマックスに出ています。
腹水は相変わらず、蛇口をひねって水を出すように徐々に溜まり
貧血が始まりました。
栄養失調も進んでいます。
あらゆる数値が悪くて、どうしようもありません。

もう誰か、誰か助けて。
FIPを治す薬が無いのなら、せめて涙を止める薬が欲しい、そう思いました。

昨日出来ていた事が、今日はもう出来ない。
ジャンプや歩行は鈍り、今もほぼ1日寝ている事が多くなりました。あんなに好きだったバルコニーヘの小さな旅も出来なくなって、猫草や猫じゃらしに も興味を示さない。優しくマッサージすると喜ぶ時もありますが、嫌がることも増えました。これからますます腹水が溜まるそうで、胸水も溜まる危険性が高 い。胸水は今より数段苦しくなるから、せめて胸水が溜まらない事を祈るしかありません。

無力な夫婦は、ただ祈るだけ。それだけしかしてやれません。

「このまま食べないと数日しか持たない」と言われました。
病院でそれを聞いて、チチは今までで一番厳しい表情を浮かべました。
強制給餌しかない。そう思いました。
無理矢理食べさせるのは可哀相という声が大きく聞こえてきそうですが、吐かなければ体が受け付けているということですから、食べやすいAD缶等を強制的に与える作戦に出ることにしました。

その帰りの車の中で、いつものように明るくおしゃべりをしました。
「イチローはすごいよね。」とそんな話題になり、「でもかつくん、イチローより、チチロー(チチ)の方がずっといいよね。好きだよね。」と話しかけると無 視(笑)。「ええ?じゃあかつくん、イチローの方がすごいの?イチローの方が好き?」と聞くと「ニャー」と元気良いお返事が返って来て、私たちは思わず 笑ってしまいました。

「そうか。かつくんはイチローの方が好きなのか!お父さん残念だな。」とチチが言うと又「ニャー」。私たちは苦しいのに、又笑いました。

夜、強制給餌はチチが殆どやってくれました。
今までとっても優しいかつくんだったのに、あまりに苦痛で、チチに向かって「ウー」と威嚇して激しく抵抗します。それでも数口入れることが出来ましたが、私たちはこういうやり方が正しいのか、自分達を責めずには居られませんでした。

24日、つまり昨日ですが、院長先生に強制給餌の際、かつが激しく抵抗して嫌がったと話すと、かつのQOLを尊重して、そこまで嫌がるならやめた方が良い と言われました。私たちも同感でした。どんな形であれ、かつを苦しめるのは一番避けたい。やめようね。と話し、一旦中断していたステロイドを又投与して もらうことにしました。

そしたら昨夜、お風呂から上がると、いつも寝っぱなしのかつが起き上がって、キッチンで私に「ニャー」と話しかけてきたので「ん?どした?少し食べてみ る?」と台に乗せると、なんとカリカリを数粒食べてくれました。量はずっと少なくて5gしか食べれませんでしたが、動画の時と同じように何度も私の顔を見 て、少し、又少しと食べてくれました。

奇跡ではなく、ステロイドが一時効いて少し食欲が出てきただけと知っています。そしてこの食欲は多分、明日には消滅してしまうことも知っています。だから無性に愛しくて、だから余計に愛しくて、チチと二人、スコッチで乾杯しました。

私はかつを放置してきました。留守番もさせてきました。
その罪を今償おうとしているけれど、なかなか自分が思うようには償ってやれません。
でも、この3年間、かつを適正に飼育してきたつもりではいました。
足りないことも多いでしょう。
それでも、他の伝染病などを警戒して、又かつのエイズが他の子にうつってしまわない様、家に他の子を入れるときは、最大限隔離しました。そして当たり前ですが、1歩も外へは出さず、バルコニーですらかつくんが自由に歩くことはありませんでした。
猫としての楽しみを随分奪ってきた気がします。
自由や大らかさを与えてやることが出来なかった。
適正に飼育して、長生きしてもらいたかったから。

なのに、なぜ?

なぜ今の医学界ではどうしようもない病気を2つも持ってしまったの?

なぜ?なぜ?なぜ伝染病ばかりにかかるの?

きっと保護した頃から、エイズもコロナウイルスも持っていたのでしょう。けれどあまりの理不尽さにため息が止まりません。どうしてこんなに大切に育ててきたのに、ちゃんとやってきたつもりでいたのに・・・。ついそんなことを考えてしまいます。。。

こうやっていつも傍に居て欲しい。


いつまでもここに居て欲しい。


ベベも


ナナも


リルも皆一緒に、このメンバーで暮らしたいです。

かつくんの体調次第になりますが、次回は、皆さまの記憶に新しい、小学生に虐待され、奇跡的に助かったかつくんそっくりの子猫「ミニかつ」とその新しいご家族を紹介したいと思っています!
お楽しみに~。
そしてコメント返しも遅いし、個別にお返しできない時もあるし、いつもかつくんのことばかり書いているのに、飽きずに遊びに来てくださる皆さまに深く感謝しています。ありがとうございます。

かつはまだまだ生きています。

ランキングに参加しているの。1日1回有効だって♪

「毎日応援ありがと。病気さんはなかなかぼくから去らないよ。ぼくとっても苦しいけど、でも、まだまだちゃんと生きてます。だから安心してね。」

middle_1183825675

スポンサーリンク