空白の時間

「どうせその辺にいるでしょう」

 

 

そう考えるようにしていても、姿がぜんぜん見えません。

 

 

むちっとしたボディーも

 

 

つるつるの毛も

 

 

アイコンタクトと連動しているかのごとく、クルクルまわる尻尾も

 

 

家中に漂っていたそれぞれの強い催促も視線も自我もオーラもぬくもりも、やっぱり見つからない。

 

 

それでも16年間共に暮らしてきた家族だから、ここにいたという感覚は忘れようがない。

 

 

気配がないのに、感覚が残っているのは残酷なことだと思うこの頃です。

 

 

激しい喪失感はいまだに突如としてやってきます。

 

 

私の場合、「目的地から次の目的地への移動」の際の、ふとした隙間を襲われるのです。

 

 

昨日は仕事でやたら移動が多くて参りました。

 

 

iPhoneを取り出して気を紛らわそうとしても、会いたさが液体みたいに身体じゅうに染みて、ああ、もう! いつになったらまた一緒に暮らせるんだよ、と胸を掻きむしりたくなる衝動に駆られて、結局カメラロールの過去写真にすがってしまう。

 

 

私の家族は、人間社会においては自発的な生活能力のない犬猫たちだから、看取れたことは幸いでした。それが責任を果たすことでもあるのは知っています。

 

 

けれど寿命の差の開きがあまりにも大きい。

 

 

失ったあとの空白の時間をどう埋めたらいいのか狼狽えます。

 

 

「思い出にして、心にそっとしまう」のが、私は不得意です。

 

 

我が家には三頭のレギュラーメンバーの犬たちがいました。

 

 

手前がべべ、奥の左がナナ、そして右が若かりし日のリル

IMG_0725

 

 

こうして「過去のできごと」として紹介するのすら本当に苦しいです。

 

 

私の中ではなにも終わってないのです。

 

 

「お出かけ」が大好きだったうちの犬たち。三頭を連れて外出するのは一苦労でしたが、出先で出会うべべ、ナナ、リルの笑顔が私の中にこびりついています。

 

 

べべ、ナナ、若かりし日のリルを連れて、もっといっぱいあちこち行けばよかった。

 

 

そんな月並みの後悔を覚えるとき、私は垂れた糸みたいに力なくうなだれ、毎度イヤーな種類の自責の念に蝕まれ、押しつぶされてしまいそうになります。

 

 

愛おしさにキリがあったらいいですね。際限ないのがキツいです。

 

 

だからこそ、今も横にいてくれているリルとさぶにいろいろなものを還元していきたいです。

 

 

べべ、お母さんの背中をべべはよく見上げていたでしょう?

 

 

実はお母さんもべべの真似をしていたよ。べべは小さいけれど、背筋を伸ばして前へ向かう後ろ姿が凛としていてきれいだった。べべと同じ景色を眺めた日は例外なく最高でした。

IMG_0729

 

 

広い公衆トイレをお台場のドッグカフェとまちがえて、われ先に入ろうとしたナナ。ふだんは控えめなのに、外だとはしゃいでしまうナナがかわいくてしょうがないです。

IMG_0727

 

 

肉体と肉体のコミュニケーションが取れない今、せめて魂の繋がりを信じて、残りの人生を歩いています。どんな形であれ、再びお互いを擁く瞬間を夢見ています。

 

 

2014年12月28日の写真を添えて

 

 

I LOVE べべ

 

I LOVE ナナ

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ここ数日で一番のんびりできた日

皆さまこんばんは。今日は朝のお仕事を終えたあとからほぼずっと家にいます。

 

 

途中で一度病院へ行きましたが、ここ数日では一番のんびりできた日です。

 

 

ご心配をおかけしている保護猫明ですが、元気よく遊んでいます。食欲はまだ不安定ですが、少しずつ食べ出しています。今、ここにあれこれ書くと皆さまに一喜一憂をさせてしまうので控えますね。でも環境になれているので見守っていただければ幸いです。

 

 

チチのiPhoneで撮りました。私のよりカメラがいいのでうらやましいです。

IMG_6204

 

 

かわいく写ってますよね。私も近い将来新しいiPhoneにかえたいです。

IMG_6207

 

 

明のこのお顔好き♡

IMG_6205

 

 

「ぼく パチパチ撮られると照れるもん」

IMG_6206

 

 

明はリビングにいるのですが、保護猫すずらんが想定外にやさしく接してくれています。

IMG_5916

 

 

すず姉、毎晩明と追いかけっこをしてくれてありがとうね。(私の顔が……)

IMG_5925

 

 

さぶも明に辛抱強くつき合ってくれてありがとう^^

IMG_5942

 

 

このところ明がメインになっていますが、保護猫牛丸、ジャックコンビはコンディションがいいですよ。夜のお食事風景です。並んで食べてえらすぎる♡

IMG_6045

 

 

夜は必ずチチか私が保護部屋で寝ています。

IMG_6047

 

 

私と寝たいさぶがたまに保護部屋ゾーンに入ってくるので、ジャックとさぶが喧嘩にならないよう、ジャックのケージを閉めています。さぶりん甘えん坊だからね……

IMG_6049

 

 

ジャックのお引越し日が徐々に迫ってきました。ほんのり淋しいです。

 

 

けれどジャックなら幸せになれると信じて、ジャックのバトンを手渡します。

 

 

猫ばかりが登場しましたが、犬のリルも変わらずに暮らしています。

IMG_6169

 

 

忙しない毎日ですが、身体によさそうな(簡単な)ものを作ってみたり、映画を観たり……それなりに充実しています。皆さまも健康第一にお過ごしください。

IMG_6208

 

 

来週もどうぞよろしくお願いしますね。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





明のバトン

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

保護猫ジャックのワクチンを終えてしばらくすると、保護猫明が病院へやってきました。

133 (3)

 

 

友だちが連れてきてくれたのです。

 

 

明を連れてきてくれた友だちは、何度も私を助けてくれました。

 

 

一見熱いタイプではないけれど、冷静に、そして確実に、もっともいい形で、しかも私が負担に感じないように、シレっと手を差し伸べてくれるのです。

 

 

とても信頼できる方なので、安心して明を迎えることができました。

 

 

友だちの10分の1にも満たないけれど、私も少しでも役に立ちたいと考えて引き受けたのです。

 

 

もちろん、(クサいようですけど)いちばんは、明を幸せにしたいと思ったからですけど。

 

 

明はたくさんのフードなどといっしょにきました。明の保護に関わった方や友だちが準備してくれたのです。気をつかわないでほしかったのに、律儀に……ありがとう。

 

 

emi-goの病院で明のワクチン、ウイルス検査、健康診断をやりました。検便や駆虫はすでにほかの病院で終えています。ちゅーるを舐めながらの「おいしい診察♡」

133 (6)

 

 

体重は2キロちょうどです。明ももちろん後ろ足にワクチンを打っています。

133 (7)

 

 

ウイルス検査はFIV、FeLVともに陰性(9月7日時点の結果)

133 (8)

 

 

怖いね。でも中島先生じょうずだからあっという間に終わるよ。がんばれ!

133 (9)

 

 

子猫と成猫の中間。まだ乳歯が残っているということで、生後4~5か月程度でしょうとのこと。私のほうで追加のワクチンと去勢手術を受けさせてから新居へお届けする予定です。

133 (1)

 

 

きょうだいの中で唯一生き残った生命力の強い子です。

 

 

詳しいいきさつは友だちに今一度確認を取って、後日、皆さまにお伝えしますね。

133 (2)

 

 

本当に愛らしい明。すでに我が家になじんであちこち飛び回っています。

 

 

明を待つ間、大好きなちゃぽぽに遊んでもらいました。

133 (5)

 

 

ちゃぽぽ引いてる? でも実際は自分から寄ってくることも多いのですよ♪

133 (4)

 

 

キモい顔でお目汚しを失礼しました。

 

 

明は703号室で大切にしながらご縁をさがしますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

最後に、前回の投稿に質問コメントが寄せられたのでこちらにもはりつけておきますね。

 

 

はじまして。しまりんと申します。
今日の記事内で気になった箇所があり、初めて投稿いたします。

「ワクチンは『後ろ足に打つのが正解』」とありますが、理由はなんででしょう? もし教えていただければ嬉しいです。
実はうちの子は、転居先で初めて行った動物病院で、初めて後ろ脚にワクチンを打たれて、2匹ともものすごい「いたーい!」と鳴いて大暴れだったので(そんな大暴れは初めてでした)、もう脚には絶対注射されたくないのです。

そういえば、私も昔病気で脚に注射を何回かしましたが、すごーく痛かった! ネットで少々検索すると「脚への注射は筋肉に注射するので痛い」などとあり。。

痛がらない子もいるとは思いますが、うちは、効果とか?にさほど差がないなら痛くない方がいいので、今後は脚でない箇所にしてもらおうかなと思っています。

ということがあり、できれば「脚が正解」の理由を知りたいので、よろしくお願いいたします。

私の返答は以下のとおりです。

しまりんさま
コメントありがとうございます。ワクチンを後ろ足に打つ理由としては「注射部位肉腫」というがんの発症を懸念してのことです。
万が一、ワクチンを打ったことで注射部位肉腫を発症した場合、足なら切断することも可能ですが、首の後ろに打った場合、首を切断することはできないからです。もちろん、足を切断することは「簡単なこと」ではないのですが、飼い主さんの選択肢が増えるという意味では足に打つのが正解です。私は大好きな猫さんが注射部位肉腫で亡くなっているので、決して侮れないと考えております。確かに足に打つのは首の後ろよりは痛みを感じやすいかもしれませんが、一時の痛みより、万が一、を考えて足に打ってもらっています。

では皆さまよい一日を。私はこれから母の店でバイトです。

LOVE

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ワクチンがんばった(ジャック)

皆さまこんばんは。おととい、保護猫ジャックを連れて病院へ行きました。

 

 

前回の通院時は熱を出していたのでワクチンを見送ったのですが、卒業を控えているのでそろそろ打たねば、と。たかがワクチンと思われるかもしれませんが、接種後にぐったりされることがあるので体調が万全のときじゃないと心配です。

 

 

爪切りや耳掃除もお願いしました。体重が増え、いい感じのコンディションです。

321 (7)

 

 

emi-go写真撮ってくれてありがとう!

321 (8)

 

 

診察中のジャック

321 (6)

 

 

歯がしっかりしていてキレイです。

321 (5)

 

 

「中島先生 ぼく どこも悪くありません 早く帰りたいです」

321

 

 

ちなみにワクチンは「後ろ足に打つのが正解」です。

321 (1)

 

 

ジャックのワクチン以外にも、病院にはいろんな用事がありました。

 

①emi-goが注文してくれたノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)の納品

②さぶの補液グッズのまとめ買い

③卒業生ミミ玉を保護してくれた「お友だち」と待ち合わせて、ミミ玉の里親さんから預かったミミ玉の医療費(お友だちが負担してくださった分)を渡す。

④保護猫明のバトンを受け取る。保護猫明の診察など。

 

 

そして合間に病院のアイドルたち(元保護犬、または保護犬)と戯れるのも楽しみです。

321 (3)

 

 

ボボボカメラ目線かわいいね♡

321 (2)

 

 

気になっているお子にも会えました。ふふ。毛艶がよくなったね♪

321 (4)

 

 

ジャックは9月下旬に703号室を巣立ちます。

 

 

さぶとの相性が悪いため、ほぼ保護部屋ゾーンにいるジャックですが、保護猫牛丸とは仲よくやっているし、来たときよりだいぶ環境になれてくれました。甘えたり食べたりお腹出して眠ったり……ジャック自身はずっと我が家にいるものだと信じて疑っていない風です。そんなジャックを新居にお届けするのはうれしい反面、正直胸がチクっと痛みます。

 

 

保護犬猫たちを引率するには自分のメンタルを鍛えないとダメですね。私は何年経ってももろい部分があるから、感情を抑え、理性を前面に出す訓練をつづけていきたいです。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ひとつとして同じ日はない

皆さまこんにちは。今日はひとつとして同じ日はない、いとおしい日常を何回かにわけてつらつらと書きたいと思います。お時間のある方はどうぞおつき合いくださいね。

 

 

1、母の車を擦ったものの、友人が送ってくれた魔法のワックスでキレイに戻った件

78 (21)

 

 

擦ったとき、結構ひどい音がしたので、「あああもうダメだ諭吉を大量に失うわ……」と頭の中が真っ白になったのですが、見て~♪ ご覧のとおりです。

78 (22)

 

 

塗料がこびりついてしまっただけだったのですね。ピカピカになってうれしい。

 

 

「よかったな」

78 (7)

 

 

うん。いろんな方が無知な私を助けてくださって、ありがたい、の一語です。

 

 

「いろいろ勉強しな」

78 (8)

 

 

はい^^;

 

 

2、母の店でのバイトが楽しい件

78 (9)

 

 

店のインスタに載せる写真を撮っていたので、このときはマスクを着けていませんが、ふだんはMade in Taiwanのマスクをしっかりしています。ご安心ください。

78 (10)

 

 

これは昨日の一枚。無人の店内にて

78 (3)

 

 

コロナ渦で飲食業は深刻なダメージを受けていますが、母の店はおかげさまでお客さまに恵まれています。もちろん売り上げは減っているのですが、正直な話、まだいいほうかな、と。

 

 

店の入り口で検温器を手に、「おでこ、ピしていいですか?」とお尋ねすると、皆さま前髪を上げてニコッと笑います。その瞬間のお客さまの顔が私はとても好きです。

 

 

心の中で「お客さまは神さまだ♡」と叫ばずにはいられません(笑)。

 

 

母の店の料理は台湾野菜がふんだんに使われています。意外と高いのよね。

78 (11)

 

 

みずみずしい白っぽい大きな苦瓜の炒め物が完成。人気のメニューですよ。

78 (12)

 

 

シャキシャキ感が強すぎる気がして、私はあまり注文しませんが、「龍髭菜」もオーダー率の高いメニューです。皆さま龍髭菜を食べたことありますか?

78 (4)

 

 

こんな感じの一品です。

78 (5)

 

 

バイトをしているとさまざまな人間模様に遭遇します。どの方の人生も素敵です。だから私は働いている時間が楽しい。昔はそんな風に思えなかったけれど、これも加齢の賜物ですかね。

 

 

年を取るのは悲しいばかりじゃない気がします。

 

 

心待ちにしている(篠﨑絵里子さん脚本)の「竜の道」が、ほぼ毎週放送時間内に観れないのだけが残念ですけど……。このドラマ、メチャクチャおもしろいです。

78 (13)

 

 

3、さぶがいつも待っていてくれる703号室

78 (6)

 

 

出先から帰宅すると、さぶが私のそばから離れません。チチがいるのでうちはお留守番ナシですが、さぶは私じゃないとダメなご様子。わたしゃ、さぶにメロメロですよ。

78 (2)

 

 

4、母ほどじゃないけれど私も(なんとなく)料理しています。

78 (1)

 

 

あちこち出歩いているように思われているかもしれませんが、コロナの影響は私の生活様式にも変化をもたらせています。以前よりずっと自炊の回数が増えたのです。

 

 

先日お友だちの出口アヤさんにいただいた「もうやんカレー」のルーを使ってカレーを作りました。

 

 

家の冷凍庫に保存していた半額のすじ肉を煮込んだのです。

78 (17)

 

 

おいしくできました。

78 (19)

 

 

まあ、だれが作ってもおいしくできるルーを使っているんですけどね。

 

 

スーパーのシャインマスカットコーナーを横切るのが辛いこの頃です。

78 (18)

 

 

5、1日に何度もリルに見惚れるお母さん

78 (15)

 

 

ただ寝っ転がっているだけで、幸せを与えてくれるうちのお嬢さん

78 (14)

 

 

さぶ同様、罪な存在です。

78 (20)

 

 

妹家のおさがりの低反発ベッドがお気に入りの姫

78 (16)

 

 

睡眠時間の長い老犬にとって、「寝心地」は大切ですよね。

 

 

リルを抱っこして心臓の鼓動を聞いていると宇宙の神秘を感じます。

 

 

自分の大事な家族が「生きている」。これ以上にいいことがあるでしょうか?

 

 

感謝!

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク